*

未分類

モバイルWiFiルーターの契約はLTEと独自回線のどちらがおすすめ出来る?

投稿日:

現在モバイルWiFiルーターの利用回線にはLTEを使ったものの他にも独自回線を
使っているサービスもあります。

それぞれに色々なプロバイダからサービス提供が行われていますが、サービスとしては
どちらを使ったほうが良いのでしょうか?

それぞれの特徴とおすすめできるプロバイダなどを調べてみたいと思います。

モバイルWiFiルーターで使われている回線の種類

屋外でもインターネット接続が出来るモバイル通信は現在かなり多くのサービスが
提供されています。

でも基本的に使われているモバイル回線の種類は2つ、LTEと独自回線のWiMAXを
使ったサービスです。

LTEはスマホでも使われている4G/LTEと同じ回線です。
これに独自のサービスを提供するWiMAXという回線も使われています。

それぞれに提供プロバイダも違い、サービスの内容自体も変わっています。
ではどちらのサービスを使えば良いのでしょうか?

それぞれの回線の特徴やサービス内容等を詳しく調べてみましょう。
まずはLTEでのサービス提供をしているプロバイダなどを確認してみます。

LTEを使ったモバイルWiFiルーターのサービス

スマホでも使われている回線を使ったデータ通信サービスですので、基本的には
スマホのデータ通信とあまり変わらない感覚で使うことが出来るのがLTEです。

当然スマホの大手キャリアからもサービスの提供は行われています。
ドコモとソフトバンクでは自社の4G/LTEを使ったサービスの提供があります。

他にも現在はソフトバンクの系列会社ですが以前は独自サービスを提供していた
イーモバイル回線を使ったポケットWiFiもあります。

それぞれにプロバイダからのサービスもあるのでかなり豊富なサービス提供から
選んで使えるという印象ですが・・・

実はLTEのサービスは契約するプロバイダによってかなり印象が変わります。
提供されているサービス内容がかなり変わっているという感じですか。

例えばソフトバンクと系列会社のY! mobileで提供しているポケットWiFiでは
同じLTEを使ったサービスでもちょっと内容が変わっています。

そこでもう少し細かくLTEのモバイルWiFiルーターのサービス内容を
確認してみたいと思います。

とりあえず大手キャリアが提供しているLTEのモバイルWiFiルーターについて
ちょっと調べてみました。

大手キャリアのモバイルWiFiルーターは安くない?

かなり特徴的なのはドコモから提供されているモバイルWiFiルーターサービスです。
こちらはほぼスマホと同じ料金体系でのサービスとなっていました。

ドコモのスマホは基本通話料金プラン+プロバイダ料金+データ定額パックが
基本的な月額料金プランになります。

そしてモバイルWiFiルーターでもこの料金体系が使われているのです。
まあ基本料金などの違いはあるのですが。

モバイルWiFiルーターの場合はデータ通信のみの基本料金1,200円に
プロバイダ料金がスマホより安い200円、これにデータ定額パックです。

データ定額パックはスマホで契約するものと同じパックで契約されます。
つまり5GB上限なら月額5,000円とスマホの料金と同じです。

これで計算すると5GB上限のモバイルWiFiルーターも月額6,400円です。
かなり高いという印象ですが・・・

ちなみにソフトバンクの場合はデータ通信プランとして料金が決まっています。
7GB上限で月額3,696円、これが2年契約というのが基本です。

どちらのキャリアもスマホと併用しても割引などがないのでモバイルWiFiルーターに
あまり力を入れていないという印象でした。

大手キャリアで契約するメリットはほとんど感じることが出来ないというのが
正直な感想です。

ポケットWiFiのサービスを確認してみる

もう1つ、同じくLTEを使ったモバイルWiFiルーターのサービスをしているのが
ポケットWiFiです。

こちらのサービス内容も確認してみることにしましょう。
元々ポケットWiFiはイーモバイルが提供しているサービスでした。

今はソフトバンクの系列会社になり、社名もY! mobileに変わっています。
そして利用できる回線も変わったことが大きな変更点です。

従来のイーモバイル回線と親会社のソフトバンク回線の両方が使える端末になり
利用可能地域がとても広くなりました。

どちらもLTEなので回線切替なども必要なく、受信できた電波を使えるので
とても使いやすくなりました。

そしてポケットWiFiでは独自サービスとして特定エリア内での月間データ通信容量
上限なしのサービスも提供しています。

それにソフトバンク系列になったために同じ系列会社がプロバイダとなって
ポケットWiFiのサービスを提供しています。

この様にかなり使いやすくなった印象のポケットWiFiですが、問題点として
月間データ通信容量上限なしのサービスがあります。

この特定地域のみのサービスがちょっと使いにくいと感じるのですが・・・
こちらのサービスをもう少し詳しく確認してみることにしましょう。

ポケットWiFiのアドバンスオプションについて

ポケットWiFiではAXGPエリアという高速通信可能な地域のサービスを
提供しています。

このAXGPエリアでは対応端末をアドバンスモードにすることで月間の
データ通信容量を上限なしにすることができます。

通常は上限7GBの通信なのですが、アドバンスモードにするとこの上限がなくなり
データ通信容量を気にする必要がほとんど無くなるのです。

まあ直近3日間で10GB以上の通信をすると速度制限がかかるので、結局は
通損総量を気にする必要があるのですが。

でもモバイル通信を使っている人ならこの月間の制限がなくなることは
とても嬉しく使いやすくなることがよくわかってもらえると思います。

それほど魅力的なサービスなのですが問題もあります。
まずAXGPエリアがとても狭く、現状では首都圏中心部と地方中心都市の一部のみです。

東京都でも23区以外での利用は難しく、利用できる地域はかなり限定されます。
更にアドバンスモードにも色々な問題があります。

まずアドバンスモードに対応しているのは最新端末のみ。
しかもアドバンスモードに変更せずに通信をすると上限は7GBのままです。

AXGPエリア内でも端末をアドバンスモードにしなければ7GBを超えた時点で
速度制限をかけられます。

しかもエリア内で速度制限がかかって、そこからアドバンスモードにしても速度制限は
解除されず制限速度のままです。

アドバンスモードに変更するためにはアドバンスオプションに加入する必要もあり
こちらは有料オプションで毎月684円の料金が発生します。

魅力的ではあるのですがかなり使いにくいという印象のサービスでした。

全域でデータ通信容量上限なしが使えるWiMAX

ではもう1つのモバイルWiFiルーターで使っている回線も確認してみます。
独自回線を使ったWiMAXの魅力はデータ通信容量の上限なしプランが使えること。

しかもLTEのポケットWiFiとは違い、利用可能地域の全域で同じサービスが使える。
つまり地域に関係なく月間データ通信容量上限なしプランが使えるのです。

こちらも直近3日間で10GB使うと速度制限がかかるので、同じく完全無制限ではない
というサービスなのですが・・・

このデータ容量上限なしプランはWiMAXを提供している多くのプロバイダで
契約することが出来る人気のプランとなっています。

またWiMAX回線自体、LTEで使っている低周波数帯とは違う高周波数帯電波を
使ったサービスです。

高周波数帯電波は一度に多くのデータを運ぶことが出来るので、少ないやり取りで
データ通信が出来るという特徴もあります。

簡単に言うと通信速度が速い、という事です。
実際にWiMAXの最新端末では下り最速708Mbpsという通信速度が出せています。

こちらもかなり魅力的に感じるサービスなのですが、なにか問題はないのでしょうか?
更に詳しくWiMAXのサービス内容を調べてみましょう。

高周波数帯電波の特徴で室内では安定しない

確かに高周波数帯電波は通信速度が速く出来るので魅力的なのですが、もう1つの
特徴として障害物で反射しやすいという特徴があります。

LTEで使われている低周波数帯の電波はプラチナバンドといい、特徴としては
地表近くを通って障害物を避けて直進する性能があります。

例えば壁などに電波が当たってもそれを避けて直進しようとする、いわゆる直進性の高い
電波ということです。

でもWiMAXで使われている高周波数帯の電波は障害物に当たると反射しやすく
壁の後ろにいても電波が届かないということも。

特に壁と天井に囲まれている室内では電波が乱反射してとても安定性が悪くなり
電波状態が安定しないということも多いのです。

端末を窓際に置く、パラボラアンテナを利用するなど工夫をすれば良いのですが
周囲の状況によってはそれも難しくなります。

高周波数帯の電波は他の電子ノイズに影響されやすいという特徴もあります。
近くで工業機械が動いていると電波が届かないということも。

それとWiMAXの場合、利用可能地域がLTEよりもちょっと狭いというのも
デメリットに感じました。

LTEがつながる所でもWiMAXは使えないという地域もあります。
契約の場合は実際に使ってみて確認してからのほうがおすすめです。

使いやすいLTEのモバイルWiFiルーターはある?

色々調べてみるとどちらの回線もそれなりに特徴的で、メリットとデメリットが
かなりはっきりわかるようになっています。

ではもっと使いやすくお得に使えるモバイルWiFiルーターは無いのでしょうか?
私が探した中ではネクストモバイルのサービスがおすすめです。

ネクストモバイルはソフトバンク回線を使ったモバイルWiFiルーターのサービスを
提供しています。

ソフトバンクの4G/LTEなので利用可能地域には問題ありません。
そして提供しているプランが大容量データ定額プランです。

20GBと30GBを上限にしたデータ定額パックを使えるプランで、それぞれ
月額2,760円と月額3,490円で契約することができます。

ポケットWiFiやWiMAXの上限なしプランに比べるとやはりちょっと見劣りしますが
それでも20GBと30GBあれば十分にネットを楽しむことは出来ます。

ちなみにWiMAXのデータ通信上限なしプランは月額4,380円くらいが一般的です。
これに比べると20GBで2,760円はかなり安く感じませんか?

スマホと同じ回線なので室内でも安定していて、外出先でもかなり広い地域で使えます。
スマホやタブレットPC、携帯ゲーム機などのネットをこれだけでまとめることも可能です。

月額料金と利用可能容量のバランスが良いのでとても使いやすいサービスです。
私はネクストモバイルをおすすめします!

-未分類

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.