*

SoftBankAirってユーザーからの評判はどうなの?

投稿日:

SoftBankAirの評判は良い?それとも悪い?

コンセントに挿すだけでインターネットが使えるということで大きな注目を集めているのが、
「SoftBankAir」です。

名前を見ても分かる通り、大手携帯キャリアの1つであるソフトバンクが提供している
ホームルーターサービスのことです。

同じようなサービスであるWiMAXよりも安定性や対応エリアの広さなどが
優れていることを期待して、使ってみたいと思っている人も多いかもしれません。

ただ実際に利用を検討するとなると、実際に使っている人の評判が気になりますよね。

料金に通信速度、通信制限、安定性や対応エリアは本当に他のサービスより
優れているのかなどなど。

そこでネット上にあるSoftBankAirに関する評判から、
実際のサービス内容や使い勝手などについて色々と見ていきましょう。

SoftBankAirってどんなサービス?

SoftBankAirの評判を見ていくのは良いんですが、ひょっとするとSoftBankAirが
どんなサービスなのかよく知らないという人も居るかもしれません。

そこで、まずはSoftBankAirのサービス内容について詳しく見ていきたいと思います。

最初にも少し書きましたが、SoftBankAirは工事不要でコンセントに挿すだけで
インターネットが使えるサービスです。

光回線を使うには開通工事が必要で、申し込んでから実際に使えるようになるまで
数週間から1か月ぐらい掛かることもあります。

開通工事が終わっても、ONUという機器にWiFiルーターを繋いで、
WiFiルーターに初期設定を施さないことには家の中でWiFiが使えません。

しかしSoftBankAirはスマホと同じ無線通信ですから、
光回線のような開通工事は必要無いんです。

またSoftBankAirの端末は初期設定が施された状態で手元に届くので、
あとはスマホやパソコンなどのWiFi接続設定をするだけで使えるようになります。

女性の一人暮らしだと、工事業者と言っても見知らぬ男性を家の中に入れるのは
あまり気持ちの良いものではないと思います。
(もちろん何か悪さをされることはまずありませんが・・・)

また配線や初期設定が苦手な女性も多いですから、
SoftBankAirは私のような機械音痴だけでなく女性向けのサービスとも言えるんですね。

SoftBankAirの料金は安くもないけど高くもない?

SoftBankAirに限らず新しいサービスの利用を検討する際には、
毎月いくらぐらいの料金が掛かるのかというのが気になるところですよね。

いくら使い勝手良かったとしても、
インターネット回線に月10,000円も20,000円も払えません。

少なくとも光回線やWiMAXなど他のインターネット回線と同じぐらいでないと、
使おうという気にはならないと思います。

SoftBankAirでは、「Airターミナル」という端末を分割払いで購入するか
レンタルで利用するかで料金が多少変わります。

購入する場合は、「月月割」によって分割払い金額相当分の割引が受けられるので、
SoftBankAirの料金は月額4,880円です。

対してレンタルの場合は、「月月割」は適用されず、
基本料金にレンタル料(490円)が上乗せされて月額5,370円となります。

光回線は、一戸建てだと月額5,000円ぐらい掛かりますが、
マンションなどの集合住宅だと月額4,000円ほどで済みます。

またWiMAXのホームルーターだと、
通信量無制限プランでも月額4,000円ちょっとで利用できます。

これら他のインターネット回線に比べてSoftBankAirの料金は決して高いわけではなく、
かと言って安くもなく、非常に微妙といったところでしょうか。

ただSoftBankAirは工事不要で、工事費などの初期費用が掛からない分、
光回線よりはお得と言えるかもしれませんね。

キャンペーン利用でSoftBankAirの料金が安くなる

2018年9月現在「はじめようSoftBankAir割」という
SoftBankAirの料金が割引されるキャンペーンが行われています。

このキャンペーンを利用すると1,080円割引されて、
SoftBankAirの料金が月額3,800円になるんです。
(レンタルの場合は月額4,290円)

月額3,800円なら、光回線はもちろんWiMAXよりも安く利用できることになりますよ。

ただし、このキャンペーンで料金が割引されるのは最初の2年間だけで、
3年目以降は通常料金に戻ってしまいます。

最初の2年間が格安と言っても良いぐらいなだけに、
通常に戻った際には料金がより高くなったように感じるかもしれませんね。

ソフトバンクスマホとのセット割もある

スマホとのセット割と言うと光回線のイメージが強いと思いますが、SoftBankAirは
ソフトバンクスマホと一緒に使うことでセット割が適用されるようになっています。

ソフトバンク光などのセット割と同じで、
 ・データ定額50GB、20GB、5GB・・・1,000円
 ・データ定額ミニ2GB、1GB・・・500円
がスマホ代から割引かれます。

先の「はじめようSoftBankAir割」と違って、SoftBankAirとソフトバンクスマホを
セットで使っている限りは割引を受け続けることができます。

また最大10回線まで割引が受けられますから、
家族でソフトバンクスマホを使っている場合はよりお得なんですね。

ただし、先の「はじめようSoftBankAir割」と併用はできるんですが、
併用すると「はじめようSoftBankAir割」の割引額580円になります。

SoftBankAirの通信量は使い放題

光回線は当然として、WiMAXにも通信量無制限プランがありますから、
SoftBankAirが通信量無制限でないと一気に利用価値が無くなってしまいますよね。

大手携帯キャリアであるソフトバンクのサービスなので通信量に制限があるのは
仕方ないと思うところですが、実はSoftBankAirは通信量無制限です。

SoftBankAirでは、ソフトバンクのLTE回線ではなく、
「AXGP」という回線を使うので通信量を無制限にできるんですね。

また、
WiMAXのような「3日間で10GB」という短期間の通信量制限も設けられていません。

WiMAXは3日間で10GBという制限がありますから、月間通信量は無制限でも、
やはりインターネットの使い方には気を付けないといけません。

しかしSoftBankAirであれば3日間の制限も無く使い放題ですから、
休みの日に1日中動画配信サービスで映画やドラマを見るなんてこともできるんですね。

SoftBankAirの良い評判

SoftBankAirがどういうものか大まかに分かってもらえたと思うので、
実際にSoftBankAirを使っている人の評判を見ていきましょう。

まず好意的な意見を拾ってみると
 ・安いから使っている
 ・前に使っていた固定回線より速い
 ・電波状態は良好
 ・コンセントに繋いでパスワード入れるだけ
 ・家庭用のルーターより簡単
などといったところでしょうか。

料金や通信速度、繋がりやすさといった点に関する意見もありますが、
やはり工事無しで簡単にWiFiが利用できるという点を評価している意見が多いですね。

ただ正直なところ、
ネット上で探した限りではSoftBankAirに対する好意的な意見って多くありません。

なので逆に言うと、工事無しで簡単にWiFiが使えるという点以外は
あまり評価されていないということになってしまうんですね。

SoftBankAirの良くない評判

次にSoftBankAirに対する否定的な意見ですが、好意的なものに比べると多いので、
項目ごとに詳しく見ていきたいと思います。

まずは通信速度に関しての否定的な意見は
 ・ビビるぐらい遅い
 ・スマホゲームすらまともにできない
 ・NTTのフレッツ光より1.5倍ぐらい遅い
 ・夜7時以降は2Mbpsぐらいしか出ない
 ・ADSLより遅い
などなどとなっています。

通信速度については、SoftBankAirは無線通信ですから利用する地域によっても
違ってきますし、周辺の環境にも大きく左右されます。

実際光回線より通信速度が速いという人も居ますし、
一概にSoftBankAirの通信速度が遅いというわけではありません。

ただSoftBankAirの端末のスペックにも問題があり、
通信速度が上がらない要因の1つと言って良いと思います。

SoftBankAirには「Airターミナル2」と「Airターミナル3」という2機種があり、
それぞれ最大通信速度は261Mbpsと350Mbpsとなっています。

光回線の最大通信速度は1~2Gbpsですし、
WiMAXでも最新機種の最大通信速度は700Mbps以上です。
(1Gbps≒1000Mbps)

普通に使っている限り最大通信速度まで出ることはないと言っても、
最大通信速度がこれだけ違うと普段の通信速度に影響が無いと言えないと思います。

SoftBankAirは夜間に通信制限が行われている!?

先に、SoftBankAirは通信量に制限が無く使い放題である、と書きました。

それは事実なんですが、
実はSoftBankAirでは通信量とは別のところで通信制限が設けられているんです。

ソフトバンク公式サイトでSoftBankAirの注意事項をよく見ると
 ・利用の集中する時間帯(夜間など)
 ・動画やファイル交換ソフトなどを利用する場合
には、サービス安定供給のための速度制限が実施されることがある、と書かれています。

もちろん絶対に実施されているわけではありませんが、夜間に使う場合や
動画を見る場合には通信量に関係無く速度制限が掛けられる恐れがあるってことです。

WiMAXの3日間10GBのようにはっきりした基準が無いわけですから、
いつ速度制限が掛けられてもおかしくないということになってしまうんですね。

SoftBankAirの対応エリアはかなり狭い?

次に繋がりやすさについての意見を見てみると、
 ・よく途切れる
 ・切れる、遅い
 ・PS4でオンラインゲームをしていたら急にエラーが発生
 ・SoftBankAirが繋がらない
 ・申し込もうと思ったら圏外だった
などとなっています。

SoftBankAirの繋がりにくさは、先の通信制限とも関係がありますが、
「対応エリアの狭さ」の影響が大きいのではないでしょうか。

「SoftBankAirはソフトバンクの回線を使うから対応エリアが広い」
と勘違いしている人も多いかもしれません。

先にも書きましたが、
SoftBankAirではソフトバンクのLTE回線ではなくAXGPという回線を使います。

このAXGPは比較的新しい回線であり、現状では基地局などの整備が進んでおらず、
非常に対応エリアが狭くなっています。

ソフトバンクのエリアマップだと広く見えるんですが、AXGPの回線事業者である
WIRELESSPLANNINGのエリアマップを見るとその狭さがよく分かります。

関東は東京を中心に比較的広い地域で利用できるんですが、
その他の地域ではほぼ都市部と幹線道路沿いでしか利用できません。

山間部や離島はもちろん、都市部や幹線道路から離れた郊外に行くと
ほとんどSoftBankAirの電波は飛んでいません。

ですから対応エリア内でも端っこの方になると、
時間帯や周辺の環境次第で電波が入りにくくなることがあるんですね。

SoftBankAirに複数機器を同時接続すると繋がりにくくなる!?

SoftBankAirの繋がりやすさに関する口コミを探していると、
「同時に3台接続すると遅延が発生する」というものがありました。

SoftBankAirに限らず光回線で利用するWiFiルーターやWiMAXの端末でも、
スマホやパソコンなどの通信機器を複数台同時に接続できるようになっています。

ただ機種によって同時接続できる台数に限りがありますし、制限内であっても
同時接続の台数が多いと繋がりにくくなったり、通信に遅延が発生してしまいます。

SoftBankAirの端末であるAirターミナルでは、
スマホなどの機器を同時に64台まで接続できるようになっています。

64台まで同時に接続できるのに、3台接続しただけで遅延が発生してしまうんですね。

これはSoftBankAirに限った話ではないものの、単に64台同時に接続できる
というだけで、64台同時に快適に通信できるってわけじゃないということなんですね。

SoftBankAirは実質4年契約!?

SoftBankAirの料金に関する評判を調べていると、月額料金についてはそれほどでも
ありませんが、解約時に掛かる費用について不満を持っている人が多いようです。

SoftBankAirのような通信サービスを解約する際に掛かる費用と言えば、
まず思い浮かぶのが「違約金」ですよね。

2年や3年の長期利用を約束する代わりに料金を安くするという契約形態では、
契約期間中に解約すると高額な違約金が発生するというのが一般的です。

SoftBankAirは基本的に2年契約で、
この契約期間中に解約すると9,500円の違約金が発生してしまいます。

9,500円という金額だけ見ると「高い」と思うかもしれませんが、
実はこれモバイル通信としては一般的な違約金の金額です。

違約金が高額なのはむしろWiMAXで、
最初の2年以内に解約すると最大で19,000円の違約金を払わないといけません。
(2年目以降は9,500円)

SoftBankAirの解約に掛かる費用に対しての不満は、違約金の金額ではなく、
端末代の分割払いにあるんです。

SoftBankAirの端末であるAirターミナルを購入する場合、
端末代58,320円を36回分割で払っていくことになります。
(「月月割」適用で実質的な負担は無し)

ちなみに、最初に端末代を一括で払ったり、
分割払いの回数を12回や24回にすることはできません。

勘の良い人は気付いたかもしれませんが、SoftBankAirの契約期間は2年なのに、
端末代の分割払いは36回すなわち3年なんです。

もし最初の2年契約を満了して解約しようとすると、契約満了で違約金は
発生しませんが、端末代の残債19,440円を清算しないといけません。

それなら端末代の分割払いが終わってから解約すればとなりますが、
そうすると契約期間中の解約となるので違約金9,500円が発生します。

端末代の残債も違約金も無しにSoftBankAirを解約するには、
最低4年使わないといけないということなんですね。

実際この端末代の清算がネックとなって、
SoftBankAirを解約したいのにできないという意見が少なからず見られました。

SoftBankAirは自宅でしか使えない

SoftBankAirの端末はバッテリーを搭載していませんから、
モバイルルーターのように持ち運んで使うということはできません。

でもコンセントに挿すだけで使えるわけですから、コンセントのある場所になら
持って行って使うことはできるんじゃないの、と思いますよね。

もちろん物理的には、SoftBankAirの端末を友人の家などコンセントのある場所に
持って行って使うことはできます。

しかし、契約上SoftBankAirの端末を指定の場所から持ち運んで使うことは
できなくなっています。

契約時に登録した住所以外の場所でSoftBankAirを使うと、ソフトバンクから
警告が出されて、通信が遮断されてしまうこともあるそうです。

実際に警告を受けたという話は聞きませんが、最悪の場合は強制解約なんてことに
なるかもしれませんから、自宅以外で使うのは絶対にダメですよ。

引っ越しするとSoftBankAirは使えなくなる?

登録した住所以外で使うことができないとなると、
引っ越しする場合にはSoftBankAirを解約しないといけないのでしょうか?

引っ越しする場合は、事前にソフトバンクショップや電話で手続きをしておくことで、
引き続きSoftBankAirを利用することができます。

手続きと言っても大袈裟なものではなく、
引っ越し先の住所と引っ越し予定日などを伝えておくだけです。

ただし引っ越しの手続きは、必ず引っ越しする前に行ってください。

引っ越し後だと、一時的とは言え、
契約時に登録した住所以外の場所でSoftBankAirを使うことになってしまいます。

また引っ越し先がSoftBankAirの対応エリア外で、
引き続き使うことができない場合も十分に考えられます。

その場合は契約期間中であっても違約金無しで解約できるんですが、
端末代の分割払いが残っている場合は清算しないといけません。

SoftBankAirが使えない場合には

SoftBankAirは対応エリアが狭いですから、
住んでいる地域によっては使いたくても使えないということも出てきます。

また色々と検討した結果、
SoftBankAirは自分には合わないという結論に達することもあるでしょう。

そんなSoftBankAirが使えないとなった場合に、
代わりとなりうるサービスをいくつか紹介したいと思います。

通信量無制限ならWiMAX

SoftBankAirは通信量無制限ですから、
代わりとなるものも通信量無制限の方が良いという場合が多いと思います。

通信量無制限のものが良いのであれば「WiMAX」がオススメです。

WiMAXは通信量無制限プランの料金が月額4,380円で、
SoftBankAirの通常料金よりも安くなっています。

さらにWiMAXには、回線事業者であるUQWiMAXの他に、
20社近いプロバイダがあります。

その中には、無制限プランを3,000円台で提供しているプロバイダもあるんですね。

「はじめようSoftBankAir割」が適用されたSoftBankAirの料金と比べても、
遜色ないあるいはそれより安く使えることも。

WiMAXでは、モバイルルーターだけでなく、
SoftBankAirと同じホームルータータイプの端末も販売されています。

WiMAXのホームルーターは最大通信速度が440Mbpsですから、
スペック的にもSoftBankAirの端末と同等以上なんですね。

さらにその端末も、SoftBankAirのように「実質0円」ではなく、
「一括0円」で購入できるプロバイダが少なくありません。

「実質0円」では、端末代の分割払いが終わる前に解約すると、
その時点で残っている端末代を清算することになります。

しかし「一括0円」だと、分割払いも何もなく、最初からタダってことですから、
いつ解約しても端末代を請求されることはありません。

対応エリアも、大手携帯キャリアと比べると劣りますが、
SoftBankAirのAXGP回線よりは遥かに広くなっています。

なので、
SoftBankAirが使えない地域でもWiMAXは使えるということは十分にありえます。

さらにSoftBankAirとソフトバンクスマホのセット割があるのと同じように、
WiMAXはauスマホと一緒に使うことでセット割が受けられます。

ソフトバンクユーザーがわざわざauに乗り換える必要はありませんが、
auユーザーならSoftBankAirよりWiMAXを使う方が絶対にお得です。

料金が安い上に対応エリアも広くて、スマホとのセット割もあるんですから、
SoftBankAirよりWiMAXを先に検討した方が良いかもしれませんね。

SoftBankAirの代わりにワイモバイルはダメ?

通信量無制限ということで言うと、WiMAXでなくても、
ワイモバイルでも良さそうですよね。

最初からワイモバイルを検討するなら良いんですが、
SoftBankAirの代わりとなるとハッキリ言ってオススメできません。

まず、ワイモバイルにはホームルータータイプの端末がありません。

ホームルーターはモバイルルーターに比べるとWiFi出力が強く、
家の中なら使う部屋によって置き場所を変えなくても大丈夫です。

ところがモバイルルーターだと、WiFi出力が弱いですから、
使う部屋によっては端末の置き場所を変えないといけないんですね。

それからワイモバイルでは、制限付きプランはソフトバンク回線を使うんですが、
無制限プランではSoftBankAirと同じAXGP回線を使います。

ですからSoftBankAirが対応エリア外という場合は、
ワイモバイルの無制限プランも使えないということになります。
(ワイモバイルの制限付きプランなら使える)

単純にSoftBankAirが使えないならワイモバイルも使えないので、
オススメできないってことなんですね。

通信量無制限までは必要無いなら「ネクストモバイル」

月間通信量が20GB30GBあるいは50GBの大容量は欲しいけど、
無制限までは必要無いという場合もあると思います。

そんな場合にオススメなのが「ネクストモバイル」です。

ネクストモバイルはソフトバンクのLTE回線を使ったサービスですから、
SoftBankAirのAXGPはもちろん、WiMAXよりも広いエリアで使うことができます。

それでいて料金は
 ・20GBプラン・・・2,760円
 ・30GBプラン・・・3,490円
 ・50GBプラン・・・4,880円
と格安なんですね。

端末も、最大通信速度が150MbpsとSoftBankAirよりも落ちるものの、
ホームルータータイプのものがあります。

またWiMAXのような3日間で10GBという制限も設けられていません。

ただし、契約期間中の料金プラン変更はできませんし、
ソフトバンクスマホとのセット割も無いなど多少のデメリットはあります。

通信量が無制限でないこととスマホとのセット割が無いということを除けば、
SoftBankAirはもちろん、WiMAXより使い勝手が良いかもしれませんよ。

-SoftBank Air

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.