*

ネクストモバイルは評判良さげだけど、実際はどうなの?

投稿日:

口コミから見えるネクストモバイルの本当の評判とは

モバイルルーターと言われてすぐに思い付くのは
 ・WiMAX
 ・ワイモバイル
の2つぐらいでしょうか。

実際モバイルルーターの利用を検討している人でも、
この2つのどちらにするかで迷っている場合も多いと思います。

最近、このモバイルルーター界のツートップを脅かすほどの存在となりつつのが
「ネクストモバイル」なんです。

比較的新しいサービスなので、WiMAXやワイモバイルに比べて知名度は低く、
名前すら聞いたこと無いなんて人も居るかもしれません。

それだけに、ネクストモバイルに興味はあるけど、
実際に使うとなると二の足を踏んでしまうことになっちゃうんですよね。

そこでネットに投稿されている口コミから、サービス内容や使い勝手、
WiMAXなどと比較しての評価など、ネクストモバイルの本当の姿を探ってみましょう。

ネクストモバイルの料金は「安い」ともっぱらの評判

モバイルルーターの利用を検討する上で、料金は外せない要素の1つです。

毎月のスマホ代も決して安くないですから、
料金が高いモバイルルーターをプラスして持とうとは思わないですよね。

ネクストモバイルの口コミで料金に関するものを拾ってみると
 ・ネクストモバイルにして毎月の通信コストが抑えられた
 ・コスパ最強かも
 ・20GBで3,000円以下は安い
 ・破格の安さ
 ・安くて使いやすい
などとなっています。

とにかく「安い」「コスパが高い」といった内容の口コミが多く、
ネクストモバイルの料金に関する評判の高さが窺えます。

ではネクストモバイルの料金プランはどうなっているのかと言うと
 ・20GBプラン・・・月額2,760円
 ・30GBプラン・・・月額3,490円
 ・50GBプラン・・・月額4,880円
です。

大手携帯キャリアの20GB30GBプランは、
パケット代だけでも月6,000円も8,000円も掛かってしまいます。

それどころか格安SIMのデータ通信専用プランでも、20GBだと月4,000円前後、
30GBは月6,000円前後、50GBともなると月10,000円を超えてきます。

大手携帯キャリアだけでなく格安SIMよりも安いんですから、
「ネクストモバイルは安い」という評判に偽りはなさそうですね。

ネクストモバイルの料金が安いのは最初だけ!?

ネクストモバイルに関するサイトや口コミではあまり話題に上らないんですが、
ネクストモバイルの料金が安いのって最初だけだったりするんですよね。

ネクストモバイルは基本2年契約なんですが、
最初の2年が経過して契約を更新すると料金が高くなるんです。

2年契約更新後の料金は
 ・20GBプラン・・・月額3,695円
 ・30GBプラン・・・月額3,695円
 ・50GBプラン・・・月額5,815円
となります。

30GBプランは200円ほど上がるだけなんですが、
20GBプランと50GBプランでは月1,000円近くも料金が上がってしまいます。

更新後の料金も他社に比べて割安であることには変わりないんですが、
最初が安いだけに残念な気分になっちゃいますよね。

また20GBプランと30GBプランは更新後の料金が同じとなっています。

なので2年以上利用するつもりなら、契約更新時に30GBプランに変更するか、
最初から30GBプランを使っておいた方が良いですね。

ネクストモバイルでは料金プランの変更ができない

最初はとりあえず一番安い20GBプランにしたけど、実際使ってみると足りないので
30GBプランに変更したい、ということも出てくるかもしれませんよね。

大手携帯キャリアのスマホだと、料金プラン変更に関して制限は無く、
契約期間中であっても何度でも変更することができます。

WiMAXのモバイルルーターでも、
契約期間中に料金プランを変更することは可能となっています。

ちなみにワイモバイルは、料金プランごとに使える機種が決まっており、
利用している料金プランによっては変更できないこともあります。

ワイモバイルは例外としても、スマホ・モバイルルーターに関わらず、
料金プランは変更できる場合が多くなっています。

ところがネクストモバイルでは、契約期間中に料金プランを変更することはできません。

料金プランを変更するには、契約期間が満了するまで待つか、
一旦解約して再契約するしかないんですね。
(契約期間中の解約には違約金が必要です)

それだけに、他社のサービスとは違って、
ネクストモバイルの料金プラン選択は慎重に行わないといけませんよ。

ネクストモバイルの通信速度は速い?それとも遅い?

モバイルルーターの使い勝手を測る上で重要なのは、やっぱり「通信速度」です。

いくら料金が安くても、
通信速度が遅いとモバイルルーターとしては使い物にならないですもんね。

ただネクストモバイルのような無線通信では、
利用する地域や場所によって通信速度が大きく違ってくることがあります。

実際通信速度に関する口コミを見ても
 ・大手携帯キャリアとほとんど変わらない
 ・平均で30Mbpsぐらい出る
 ・地下でも20Mbps以上で、通信速度が落ちない
 ・夜間など混雑する時間帯でも10Mbpsは出る
 ・YouTubeがストレス無く見られる
など、「ネクストモバイルは速い」という意見も多く見られます。

その一方で、「2か月目からめっちゃ遅い」や「速くても5Mbpsしか出ない」といった
「ネクストモバイルは遅い」という意見も少なからずあります。

とは言え、全体的に見ると「遅い」よりは「速い」という方が多いですから、
ネクストモバイルは十分な通信速度が出ていると思って良いんじゃないでしょうか。

ただ、利用環境によって大きく左右される可能性がある、
ということも覚えておいた方が良いですね。

ネクストモバイル端末の性能は低め?

通信速度は、利用環境もそうですが、端末の性能に依るところも大きいんですよね。

スマホを含めたモバイル端末の性能は、一時期に比べると鈍化したものの、
年々向上しています。

最大通信速度が220Mbps440Mbpsなんて当たり前で、
WiMAXの最新機種では何と最大758Mbpsまでになっています。

光回線で最大1~2Gbpsですから、
最大通信速度だけで言えば光回線にも迫る勢いなんですね。
(1Gbps≒1000Mbps)

ネクストモバイルでは、モバイルルーターである「FS030W」と
ホームルーターである「HT100LN」という2つの機種を使うことができます。

いずれも最大通信速度は150Mbpsとなっています。

決して性能が低いわけではないんですが、WiMAXが最大758Mbpsとなっている
現状ではどうしても最大150Mbpsだと劣って見えてしまいますね。

ただ、最大値では確かに大きく劣っていますが、
通信速度の実測値ではWiMAXに大きく劣るということはありません。

モバイルルーターで通信速度の最大値が出ることなんてまず無いわけですから、
実測値さえ劣らなければ使い勝手に影響が出ることはないと思いますよ。

繋がりやすさならネクストモバイルが1番?

いくら安くても、通信がどれだけ高速でも、
繋がらなければやっぱりモバイルルーターとしては使い物になりません。

「料金が高い」「通信速度が遅い」はある程度は我慢できますが、
「繋がらない」は我慢のしようがないですよね。

ネクストモバイルの繋がりやすさに関する口コミを見ると
 ・地下でも普通に使える
 ・どこに行っても圏外になったことが無い
 ・山間部でも繋がる
 ・WiMAXが圏外の場所でもネクストモバイルは使える
 ・電波の具合に問題無し
などとなっています。

ネクストモバイルは、WiMAXに比べて対応エリアが広く、屋内や地下、
山間部でも繋がりやすいという評判なんですね。

通信速度と同じで、繋がりやすさも利用環境に大きく影響されるんですが、
「繋がらない」といった口コミはほとんど見られません。

それもそのはずで、
ネクストモバイルで利用しているのはソフトバンクのLTE回線なんです。

大手携帯キャリアの1つであるソフトバンク回線を使っているので、
対応エリアが広く、屋内や地下でも繋がりやすいというわけです。

ネクストモバイルはソフトバンクのMVNOじゃない

ネクストモバイルがソフトバンク回線を使ったサービスだということは、
ネクストモバイルはソフトバンクのMVNOってことなんでしょうか?

MVNOは格安SIMサービスを提供している事業者のことで、ソフトバンクなど
大手携帯キャリアから回線を借りてスマホなどのサービスを行っています。

借りているだけなので保守点検など回線に掛かるコストが安く、
その分料金を安くすることができるわけです。

ネクストモバイルもソフトバンクより安い料金でサービスを提供しているので、
やはり回線を借りているMVNOだと思いますよね。

ところがネクストモバイルに直接問い合わせてみたところ、
「MVNOではなく代理店である」という回答が返ってきました。

代理店ということは、ソフトバンクに代わってソフトバンクの回線サービスの
販売を行っているってことですよね。

ユーザー側から見れば、借りた回線を使うのではなく、
ソフトバンクの回線そのものを使うことになるんですね。

ソフトバンク回線そのものを使うわけですから、通信速度や繋がりやすさ、
安定性など「通信の質」もソフトバンクと全く同じになるわけです。

ですからネクストモバイルが、先の通信速度の速さもそうですし、
対応エリアが広いのも、屋内や地下などで繋がりやすいのも当たり前なんですね。

ワイモバイルとは何が違う?

ソフトバンク回線を使うという点ではワイモバイルとも同じですが、
ワイモバイルとネクストモバイルでは何が違うのでしょうか?

実はワイモバイルでソフトバンク回線を使うのは、5GBプランと7GBプランだけです。

無制限プランでは、ソフトバンク回線ではなく、
AXGPという別の回線を使うことになります。

このAXGPという回線は、通信量が無制限に使えるのは良いんですが、
現状では非常に対応エリアが狭いんです。

ソフトバンクのLTE回線はもちろん、
WiMAXと比べてもかなり対応エリアが狭くなっています。

関東なら東京を中心に比較的広いエリアで使えますが、
関東以外だと都市部と幹線道路沿いぐらいでしか使えません。

都市部や幹線道路から離れたいわゆる郊外に行くと、
ほとんど繋がらなくなってしまうんですね。

ワイモバイルでソフトバンク回線が使えるのは5GBプランと7GBプランだけですから、
ネクストモバイルの方が大容量でしかも料金が安いということになります。

ちなみにワイモバイルの無制限プランでもソフトバンク回線が使えますが、
ソフトバンク回線を使うと月間通信量の総合計が7GBに制限されてしまいます。

ネクストモバイルのデータ容量に関しては不満の声も多い

料金や通信速度、繋がりやすさまでは好意的な意見の方が多いんですが、
データ容量については不満の声が少なくありません。

ネクストモバイルのデータ容量に関する口コミを見ると、
 ・大容量だけど1か月の通信量は気にしないといけない
 ・固定回線代わりとしては50GBでも不安
 ・オンラインゲームをするとすぐ速度制限が掛かる
 ・動画をたくさん見るならやっぱり無制限の方が良い
 ・デイトレーダーにはギガ数がキツイ
などとなっています。

「月間50GBなら無制限も同然」という意見ももちろんあるんですが、
全体的には否定的な意見の方が多いですね。

休みの日には長時間動画を見たりゲームをするといった場合には、
50GBプランでも通信量オーバーになる可能性が無いとは言えません。

またデイトレーダーのように1日中ネット接続するような使い方だと、
やはり50GBでも足りなくなる可能性が高いです。

それから、スマホ用のサイトは画像などのサイズが小さくなっていたり
圧縮されていたりするので、サイト閲覧ではそれほど通信量を必要としません。

しかしパソコン用のサイトは画像などの縮小や圧縮がなされていないので、
固定回線代わりとして使うとなると通信量に上限があるのは
デメリットになるかもしれませんね。

ネクストモバイルには3日間の制限が無い

月間通信量に制限があるという点では、ネクストモバイルはヘビーユーザーにとって
あまり使い勝手が良くないものかもしれません。

しかしヘビーユーザーにとっても使い勝手の良い点も、ネクストモバイルにはあるんです。

それが「3日間の通信量に制限が無い」ということです。

WiMAXやワイモバイルの無制限プランでは、月間通信量こそ無制限ですが、
3日間で10GBという制限が設けられています。

直近3日間の合計通信量が10GBを超えると、無制限プランであっても、
その翌日は通信速度が大幅に制限されてしまいます。

まあ制限時の通信速度が約1Mbpsだったり、制限の期間が
夜間の7~8時間だったりと、制限の内容自体はそれほど厳しくはないです。

とは言え、1日平均3GBちょっとしか使えないわけですから、
ヘビーユーザーにとっては結構キツイ制限なんですね。

その点ネクストモバイルでは、3日間で何GB使おうが、
月間通信量の範囲内であれば通信制限を受けることはありません。

先にも書いたように、ネクストモバイルはソフトバンク回線そのものを使います。

ソフトバンクのスマホでも以前は3日間制限がありましたが、
現状では3日間で何GB使っても制限は受けないようになっています。

ソフトバンクに3日間の制限が無いんですから、
全く同じ回線を使っているネクストモバイルにも3日間の制限が無くて当然ですよね。

ネクストモバイルのサポートはあまり評判が良くない

月間通信量に制限があること以上に評判が良くないのが、
ネクストモバイルのサポート対応です。

ネットの口コミでも、「サポートセンターに電話を掛けたらたらい回しにされた」とか
「対応が遅いし最悪」などといった意見が見られます。

MVNOのように通常より安い料金でサービスを提供している事業者では、
サポートの対応が悪いことって結構ありがちなんですよね。

ネクストモバイルはMVNOではありませんが、
通常より安くサービスを提供しているという点ではMVNOと同じ立場と言えます。

安い料金でサービスを提供するにはコスト削減が重要ですから、
人件費を削っている場合が多いんです。

そのしわ寄せがサポートセンターに来てしまい、サポートスタッフの数が少なく、
電話が繋がりにくくなってしまうわけです。

さらにそのサポートスタッフも十分な教育がなされておらず、
ユーザー側からすると「対応が悪い」ということになってしまうんです。

ただ一方で「サポートに電話をしたらすぐに繋がり、
スタッフの対応も丁寧だった」という意見もあります。

言い方は悪いですが、スタッフに「当たり外れ」があるということなのかもしれないですね。

ユーザーの声を受けて、ネクストモバイルの対応は改善している?

ネクストモバイルの対応について調べていると、
「端末のプロファイルが自動で設定されていた」という口コミを見つけました。

機械が苦手な人からすると何のこっちゃ分からないと思いますが、
要するに「初期設定が施されてすぐに使える状態で端末が送られてきた」ということです。

スマホ持ち込みで格安SIMにキャリア変更した人は分かると思いますが、
スマホやモバイルルーターはSIMカードを挿すだけで使えるわけじゃありません。

プロファイルの設定やID・パスワードの入力など初期設定を施すことで、
初めてスマホやモバイルルーターとしての機能を果たせるようになります。

これが結構面倒で、
私のような機械音痴にとっては非常に高いハードルとなりかねません。

ネクストモバイルでは、以前はプロファイルの設定などの端末の初期設定は
自分で行わないといけませんでした。

恐らく、サポートセンターへの問い合わせで初期設定に関するものが多かった
ということで、初期設定を施して端末を送付するように改善されたものと思われます。

コストが絡んでくるので難しいかもしれませんが、
今後はユーザーからの要望を受けてサポート対応も良くなっていくのではないでしょうか。

ネクストモバイルはどこで申し込める?

ネクストモバイルの評判を知ったところでいざ申し込もうと思っても、
どこでネクストモバイルの申し込みを受け付けているのか分かりませんよね。

ソフトバンクの代理店ですから、ソフトバンクショップやソフトバンクの公式サイトで
申し込むことはできるのでしょうか?

ネクストモバイルはあくまで代理店であり、
ソフトバンクが提供しているサービスではありません。

なのでソフトバンクショップやソフトバンクの公式サイトでは、
当然ネクストモバイルの申し込みは受け付けていません。

ネクストモバイルの申し込みは、ネクストモバイルの公式サイトにある
申し込みフォームまたは専用電話番号からのみとなっています。

あまりメジャーなサービスではないだけに、
店舗で店員さんから直接説明を受けたいと思っている人も多いと思います。

しかしネクストモバイルを取り扱う店舗はありませんから、
分からないことがある場合は電話かチャットで相談するようにしましょう。

ネクストモバイルの支払方法は?

大手携帯キャリアのスマホでは
 ・クレジットカード
 ・口座振替
 ・請求書払い
の3つから支払方法を選ぶことができます。

クレジットカードや口座振替なら払い忘れの心配がありませんし、
クレジットカードだとクレジットカード会社のポイントが貰えることもあります。

請求書払いは、払いに行く手間が掛かりますが、紙の領収書が手元に残るので、
確定申告などの時に便利だったりするんですよね。

ではネクストモバイルでも、
大手携帯キャリアと同じように支払方法を選ぶことができるのでしょうか?

残念ながらネクストモバイルでは、
支払方法は基本的にクレジットカードのみとなっています。

例外的に30GBプランに限っては、
クレジットカードに加えて口座振替での支払いも可能です。

ただし口座振替では、
振替手数料として毎月200円が月額料金とは別に必要となります。

クレジットカードを持っていないあるいは使いたくないなら仕方ありませんが、
金銭的に損ですから口座振替を選ぶのはあまりオススメできませんね。

ネクストモバイルの申し込みで審査はある?

ネクストモバイルに限らず、WiMAXでもワイモバイルでも、
格安SIMでも申し込みの際には審査が行われます。

審査と言っても、クレジットカードを作る時のように厳しくないので、
収入を聞かれたり、職場に電話が掛かってくるようなことはありません。

ネクストモバイルで主に審査されるのは、
「月3,000~5,000円程度の料金を継続して払えるのか」ということです。

ネクストモバイルでは、基本的にクレジットカードで料金を支払うことになりますよね。

使用できるクレジットカードを持っている時点で、
3,000~5,000円程度の料金を継続して払う能力はあるはずです。

なので審査と言っても無いも同然で、
審査をパスできずにネクストモバイルが使えないということはほとんど無いと思います。

ただし口座振替の場合は、通常の審査に加えて、
口座が残高不足によって引き落としできなくなったことが無いかや
犯罪に利用されたことがないかなども調べられます。

ですから、クレジットカードだと申し込み後すぐに端末が送られてきますが、
口座振替だと端末が手元に届くまで2週間ぐらい掛かってしまいます。

ネクストモバイルの審査に落ちるケース

無いも同然とは言え、審査が行われる以上は落ちる可能性がゼロではありません。

ではどう言った場合に、ネクストモバイルの審査がパスできないのでしょうか?

まず最も気を付けたいのは、スマホやモバイルルーター、
さらには光回線など通信サービスの料金を過去に延滞したことが無いかどうかです。

モバイルルーターの審査では、同様に月額料金を払って利用する
スマホや光回線などの料金をしっかり払っているかどうかが重要視されます。

請求払いで1日2日遅れたことがあるぐらいなら問題ないでしょうが、
1か月以上の延滞があると厳しいかもしれませんね。

また1日2日の遅れでも毎月のように頻繁だと、アウトの可能性があります。

それから、スマホやモバイルルーターを短期間で解約したことがあると、
審査をパスできない場合があります。

モバイルルーターは現在でもそうですが、
スマホも以前は「タダ」で端末を手に入れることができました。

それを利用して、短期間で解約することで端末だけをタダで手に入れ、
リサイクルショップやネットオークションで売ってお金を儲けることができたんですね。

過去に短期間で解約していると、そうでなかったとしても、
ネクストモバイルも健全な使い方をしないのではないかと判断されてしまうわけです。

もちろんクレジットカードやローンの延滞があると落とされることがありますが、
スマホやモバイルルーターなどの延滞に比べると重要視されていないと思います。

ただし1か月以上延滞したことがあると、
信用情報に傷が付いているいわゆる「ブラックリスト入り」している可能性が高いです。

この信用情報は5年間残ってしまいますから、最近は延滞をしていなくても、
5年以内に延滞していると審査に通らないことも十分にありえます。

JICCやCICといった信用情報機関に直接申請すれば、
自分の信用情報を確認することができます。

もし身に覚えがある場合は、1,000円ほどの手数料が必要ですが、
ネクストモバイルを申し込む前に確認しておきましょう。

-ネクストモバイル

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.