*

モバイルルーターの申し込みで審査ってあるの?

投稿日:

モバイルルーターを申し込む時に審査ってある?

あまり意識もしていませんし自覚も無いかもしれませんが、
スマホの新規申込や機種変更で我々は審査を受けています。

新規申込の場合は毎月の料金支払、機種変更の場合は機種代の分割払いが
払えるかどうかが審査されるんですね。

ではモバイルルーターを申し込む時も、スマホと同じように、審査されるのでしょうか?

モバイルルーターもスマホと同じで、毎月料金を支払いますし、
サービスによっては端末代も分割払いしないといけません。

なのでモバイルルーターを申し込む時には、
料金や端末代の支払い能力があるか否かの審査が行われます。

当然ですが、
その審査をパスしないことにはモバイルルーターを契約することはできませんよ。

モバイルルーターではどんな審査が行われる?

クレジットカードを作る際には勤め先や収入なども問われますが、
さすがにモバイルルーターではそこまでは審査されません。

スマホでもそうですが、モバイルルーターを申し込んだだけで職
場に確認の電話が掛かってきた、なんて聞いたことないですよね。
(クレジットカードだと電話が掛かってくる)

モバイルルーターで主に審査されるのは、
スマホや光回線などの通信サービスでの料金の滞納や未払いに関してです。

過去に料金の滞納、端末代や工事費の未払いなどがあると、
モバイルルーターの審査はまず通らないと思っておいた方が良いでしょう。

逆に言うとスマホや光回線などの料金をきっちり払ってさえいれば、
モバイルルーターは契約できるってことなんですね。

また料金の支払いを口座振替で行う場合には、金融機関の口座も審査対象となります。

残高不足で引き落としができない状態になったことが無いかや
犯罪に利用された形跡が無いかなどが調べられます。

犯罪利用はともかく、収入と支出の口座を分けている場合はうっかりミスで
残高不足を引き起こしていることは十分にありうるので、注意した方が良いですね。

モバイルルーターの審査では、
キャッシングやローンの支払い状況についてはあまり重視されないようです。

何か月も支払っていないなど酷いのはダメですが、多少支払いが遅れた程度で
モバイルルーターの審査に落とされることは無いと思います。
(可能性はゼロじゃありませんが・・・)

審査が行われるのは口座振替の場合だけ?

実はモバイルルーターの申し込みで審査が行われるのは、
支払方法を口座振替にした場合だけなんです。

料金をクレジットカードで支払う場合には、
審査らしい審査はほとんど行われていないようです。

先にも書きましたが、クレジットカードを作る際には、
モバイルルーターの申し込みの時よりも厳しい審査が行われます。

クレジットカードを持っているということは、その厳しい審査をパスしたということですよね。

さらにそのクレジットカードが使える状態にあるということは、
クレジットカードの支払いが滞っていないということになります。

またモバイルルーターの料金は、一旦クレジットカード会社が立て替えて
払ってくれるので、滞納や未払いのリスクもほとんどありません。

要するに「クレジットカード会社のお墨付き」があるみたいなものですから、
改めてモバイルルーターの事業者が審査を行う必要が無いわけです。

ところが口座振替の場合は、どこかのお墨付きがありませんから、
モバイルルーターの事業者が審査せざるをえないんですね。

審査に掛かる時間は?

ではモバイルルーターの審査にはどれぐらいの時間が掛かるのでしょうか?

クレジットカードで申し込んだ場合は、無審査というわけではありませんが、
口座振替の場合に比べるとごく簡単な審査のみとなります。

数十分から1時間程度で審査が終わるので、
家電量販店などの店舗だとその日に端末を受け取って使い始めることもできます。

ネット申し込みだと、その日に使い始めるのは無理ですが、
早ければ即日発送の翌日利用開始も可能です。

口座振替で申し込んだ場合は、通常の審査に加えて口座の審査も行いますから、
少なくとも1~2週間ぐらいは掛かってしまいます。

どうしても口座振替でないとダメと言うならともかく、
できるだけ早く使いたいのであればクレジットカードで申し込んだ方が良いんですね。

ブラックリスト入りでもモバイルルーターは契約できる?

携帯電話が一般的に普及し始めた頃、「携帯電話料金を1度でも滞納すると
即ブラックリスト入り」なんてことがまことしやか言われていました。

携帯電話料金だけでなく、
 ・クレジットカード
 ・銀行のローン
 ・カードローンやキャッシング
などの支払いが滞るといわゆる「ブラックリスト入り」してしまいます。

通常「ブラックリスト入り」すると、クレジットカードは使えなくなりますし、
ローンやキャッシングなども利用できなくなります。

ところがこの「ブラックリスト入り」した状態でも、
モバイルルーターの申し込み時の審査をパスすることがあるんです。

スマホや携帯電話の支払いを滞納したことで「ブラックリスト入り」した場合は、
もちろんダメです。

しかしローンやキャッシングの支払いが滞って「ブラックリスト入り」している場合は、
モバイルルーターの審査をパスする可能性があります。

クレジットカードは使えないので、口座振替で料金を支払うことになります。

なのでもし「ブラックリスト入り」しているのであれば、口座振替が利用できるところに
申し込めばモバイルルーターが使えるようになるかもしれませんよ。

口座振替が利用できるモバイルルーターサービス

ただ口座振替が利用できるモバイルルーターサービスって、
実はそんなに多くないんですよね。

例えば、WiMAXの約20のプロバイダの中で口座振替が利用できるのは
 ・UQWiMAX
 ・Biglobe
 ・BroadWiMAX
の3社だけです。

以前はSo-netや@niftyなどでも利用できたんですが、
現在は上記以外のプロバイダでは口座振替が利用できません。

もう1つのモバイルルーターの代表格であるワイモバイルや、
その回線を使ったYahoo!WiFiは口座振替が利用できます。

またソフトバンク回線を使ったモバイルルーターサービスであるネクストモバイルも、
口座振替可能です。

ただし、ネクストモバイルには「20GB」「30GB」「50GB」の3つの料金プランがあり、
その内口座振替可能なのは30GBプランだけです。

口座振替は何かと損?

クレジットカードが使えないのなら仕方ありませんが、クレジットカードを
持っていないとか使いたくないということで口座振替を利用する場合もあると思います。

しかしモバイルルーターをクレジットカードで申し込んだ場合と
口座振替で申し込んだ場合では、口座振替の方が若干損だったりします。

まず、先にも書いたように、
申し込んでから実際に使えるようになるまでに時間が掛かります。

クレジットカードなら申し込んでから1~2日で使い始められますが、
口座振替だと2週間ぐらい待たないといけません。

またプロバイダや料金プランの選択肢も限られてしまいます。

これも先に書きましたが、
WiMAXプロバイダで口座振替が利用できるのは約20社の内3社しかありません。

高額キャッシュバックのGMOとくとくBB、料金が「最安級」のカシモWiMAXなどの
プロバイダでは口座振替が利用できません。

またネクストモバイルの場合は、
3つある料金プランの内口座振替で利用できるのは1つだけとなっています。

使いたいプロバイダや料金プランが使えないというのは、結構なデメリットですよね。

それから、これが一番大きいことなんですが、
毎月「振替手数料」が発生してしまうということです。

クレジットカードだと、
モバイルルーターの料金支払に関して手数料が発生することはありません。

ところが口座振替だと、毎月100~200円程度の振替手数料が必要となります。

節約のために使っている場合もあるでしょうから、口座振替にすることで料金負担が
増えてしまってはモバイルルーターを使う意味が無くなってしまいます。

そして、キャッシュバックや月額料金割引など新規ユーザーを呼び込むための
キャンペーンが行われていることがあります。

こういったキャンペーンの利用条件として「クレジットカードでの支払い」が入っている
ことが多く、口座振替ではお得なキャンペーンが利用できないこともあるんですね。

このようにクレジットカードに比べると、口座振替は何かと損です。

なのでクレジットカードが使えないということでないのであれば、
モバイルルーターはクレジットカードで申し込んだ方が良いですよ。

「ブラックリスト」なんて存在しない!?

一般的に「ブラックリスト入り」すると、クレジットカードは使えないし作れない、
ローンも組めないし、分割払い契約もできないなど何かと不便です。

しかし、スマホ料金やローンの支払いなどの延滞者の一覧が載っている
「ブラックリスト」なんてものは存在しないんです。

実は「信用情報」に傷が付くことを、
一般的に「ブラックリスト入り」と言われているだけなんですね。

スマホやモバイルルーターを契約したり、クレジットカードを作ったり、
ローンを組んだりなどすると「信用情報機関」にその情報が登録されます。

そして毎月の支払い状況が記録されていて、
延滞や未払いなどが記録されることを「信用情報に傷が付く」と言うんですね。

じゃあ1度でも延滞や未払いが発生すると信用情報に傷が付くのかと言うと、
必ずしもそういうわけではありません。

もちろん1発アウトの場合もありますが、
大抵の場合は2~3か月の延滞で信用情報に傷が付くことになります。

基本的に1か月程度の延滞なら問題無いんですが、
頻繁に繰り返すようだと1か月程度でも傷が付く場合があります。

信用情報に1度傷が付くと消えないの?

信用情報の掲載期間は決まっており、
一定期間が経過すると延滞や未払いの情報も抹消されます。

ですから1度信用情報に傷が付いても、一定期間が経過すれば、
再びクレジットカードが使えるようになったりローンが組めるようになるんですね。

信用情報機関や信用情報の内容によって掲載期間が違い、
自己破産した場合などは10年経過しないと情報が消えません。

延滞や未払いの情報はそこまで長くありませんが、それでも5年は残ってしまいます。
(機関によっては1年で消えることもある)

一旦延滞や未払いが発生してしまうと、
一定期間が経過するのを待つ以外に情報を消す方法はありません。

ですから、色んな事情はあると思いますが、
極力信用情報に傷を付けないようにしないといけませんね。

また中には、「一定の金額を払うと信用情報の傷が消せる」などと謳って
広告を出している業者が居たりします。

信用情報に傷が付いていると何かと不便ですから、
こういう広告を見ると頼りたくなる気持ちは分かります。

しかし信用情報の傷は、一定期間が経過して消えるのを待つ以外に、
何らかの方法で消すということはできません。

なので「お金を払えば信用情報の傷が消せる」などと謳っているのは、
100%詐欺業者なので注意しましょう。

自分の信用情報って確認できる?

過去にスマホ料金等を延滞したことがあり、
その情報が残っているのかどうか気になっている人も居るかもしれません。

実は信用情報機関に開示請求をすれば、
自分自身の信用情報を確認することができます。

日本にある信用情報機関は
 ・日本信用情報機構(JICC)
 ・全国銀行個人信用情報センター(KSC)
 ・株式会社シー・アイ・シー(CIC)
の3つです。

クレジットカードはJICCとCIC、カードローンやキャッシングはJICC、
銀行のローンはKSCに信用情報が掲載されています。

スマホやモバイルルーターの信用情報が掲載されているのは、JICCとCICです。

開示請求と言っても大袈裟なものではなく、各機関の窓口に行くことでもできますし、
申込書を取り寄せて郵送することでも可能です。

さらにJICCとCICでは、スマホやパソコンから開示請求を行うこともできます。

ただし、いずれも500~1,000円の手数料が必要で、
さらに本人確認書類も提出しないといけません。

詳しい請求方法や手数料などについては、各機関の公式サイトで確認してくださいね。

過去に何らかの延滞や未払いがあって、これからモバイルルーターを申し込もうと
思っているのであれば、念のために確認しておいた方が良いかもしれませんよ。

モバイルルーターの審査に落ちる理由は?

モバイルルーターの審査は、クレジットカードなどに比べて、
厳しくないとは言うもののパスできないことも当然あります。

ではモバイルルーターの審査で落ちてしまう理由としては、
どういったものがあるのでしょうか?

まず考えられるのは、過去・現在に関わらず、
スマホや光回線など通信サービスの料金支払に延滞・未払いがある場合です。

モバイルルーターの料金って、せいぜい月4,000~5,000円ぐらいですよね。

スマホや光回線など同じぐらいの料金体系のもので延滞や未払いがあるということは、
モバイルルーターでも延滞や未払いが発生する恐れがあると判断されてしまうわけです。

それから気を付けないのいけないのが、
自分では気付かない内に延滞や未払いが発生している場合です。

例えば、自分名義でスマホや携帯電話を契約して、
自分の親や子供に持たせているなんてこともあると思います。

自分が親や子供の分も料金を払っているなら良いですが、親や子供が使っている分は
それぞれに払わせているということもあるのではないでしょうか。

それで親や子供が料金を支払うのをうっかり忘れていると、スマホや携帯電話が
自分の名義となっているので自分の信用情報に傷が付いてしまいます。

信用情報では誰がスマホや携帯電話を使っているかまでは分かりませんから、
信用情報に傷が付いている以上は審査をパスできない可能性が大ですね。

スマホなどの延滞や未払いに比べると可能性は低いですが、
クレジットカードやローンの支払いが滞っている場合も審査で落とされることがあります。

特に、数か月以内など直近に発生していたり、
現在進行形で滞っているとアウトと判断される可能性が高いですね。

それから、さらに可能性が低いですが、過去にスマホやモバイルルーターなどを
短期間で解約していると、審査に通らない場合があります。

最近はできませんが、以前は新規契約や機種変更で「一括無料」など
スマホをタダで手に入れることができました。

タダで手に入れたスマホを転売して儲けるために、
契約しては短期間で解約を繰り返すという事例がありました。

このようにスマホやモバイルルーターの契約を悪用してお金儲けをしていた場合には、
継続して利用する意思が無いと判断されてしまうこともあるんですね。

また口座振替で申し込んでいる場合には、
申込書類に不備があったということも考えられます。

例えば申込者の住所・氏名と口座情報の住所・氏名が違う場合です。

単純に書き間違えたということもあるでしょうし、奥さんの名前で申し込んで
旦那さん名義の口座から引き落とすようにしたいなんてこともあると思います。

二人の続柄が分かる書類を提出すればOKになることもありますが、
申込者と口座の名義が違うと受け付けてもらえないことも少なくありません。

それから申込書類の印鑑と銀行印が違う場合です。

「ハンコなんて何でも良いや」と銀行印でない三文判を押印してはいけないですし、
一部が欠けるなど印鑑が不鮮明でもダメだったりします。

ただこうした書類の不備の場合は、訂正を求められるだけで、
即審査に落ちるというところまではいかないと思います。

審査に落ちた理由って教えてくれる?

モバイルルーターの審査に落ちてしまった場合に、申し込んだ事業者などに
メールや電話で問い合わせると落ちた理由を教えてくれることもあります。

過去の延滞や未払いで「ブラックリスト入り」していることが理由だと、
その情報が消えるまで待つしかありません。

しかし現在進行形で延滞や未払いが発生していることが原因なら、
すぐにお金を払ってから再度申し込めば審査に通るかもしれませんよ。

ただ、落ちた理由を教えてもらえないことの方が圧倒的に多いみたいですから、
教えてもらえたらラッキーぐらいの感じで問い合わせるようにしましょう。

また教えてもらえなかった場合でも、「一般的にどういう理由で審査に落ちるのか」
については教えてくれることもあるそうですよ。

審査の緩い事業者やプロバイダってある?

口座振替よりクレジットカードの方がパスしやすいなど、
支払方法によって審査が厳しかったり緩かったりすることはあると思います。

しかし事業者やプロバイダによって審査の厳しさが違うというようなことは、
あまり無いのではないでしょうか。

以前は、WiMAXだとUQWiMAXは厳しいとか、
どのプロバイダは緩いなどと言われることもありました。

また他の事業者でも、ワイモバイルよりYahoo!WiFiの方が審査に通りやすいなんて
言われていたこともあったようです。

確かに審査基準が多少違うことはあるかもしれませんが、
この事業者やプロバイダなら確実に通るというところは無いと思います。

ただ、Aでは審査に通らなかったけどBだったら審査に通った、
などといったことが無いとは言えません。

なのでモバイルルーターの審査に通らなかった場合には、
別の事業者やプロバイダに申し込んでみるというのも1つの方法ですね。

無審査で使えるモバイルルーターがある!?

基本的には申込時の審査をパスしないとモバイルルーターを使うことはできません。

ところが、実は申込時の審査無しで使うことができるモバイルルーターもあるんです。

それがモバイルルーターのレンタルサービスです。

モバイルルーターのレンタルサービスでは、料金支払方法がクレジットカードのみで、
しかも最初に料金一括支払いですから、審査が必要ないんですね。

レンタルモバイルルーターと言うと、
仕事や旅行で海外に行くときに利用するものというイメージが強いかもしれません。

しかし実際には、海外用ばかりではなく、
国内で利用できるモバイルルーターのレンタルサービスもあるんです。

また長期間継続して利用するためのプランも用意されていたりするので、
普段使いとしても問題ありません。

最初に料金を一括で支払っているので、
いつ解約しても違約金なんてものは発生しません。
(機器の紛失・盗難・故障で別途料金が発生する恐れはあります)

それにWiMAXやワイモバイルの回線に加えて、
ドコモの回線が使えるモバイルルーターもレンタルできます。

3日間で3GBという制限はあるものの、月間通信量は無制限で使うこともできますよ。

ただ、普通にWiMAXやワイモバイルを申し込むよりは、
料金が若干割高となっています。

WiMAXやワイモバイルの無制限プランが月額4,000円ちょっとなのに対して、
レンタルサービスだと月額にして5,000円以上掛かってしまうこともあります。

とは言え審査無しですから、
WiMAXやワイモバイルの審査に落ちた場合の選択肢としては全然アリだと思いますよ。

レンタルはレンタルでも「民泊WiFi」

日本に来た外国人観光客のアンケートなどで、日本には公衆WiFiが少なく、
街中でインターネットを使うのに困ったという意見が多く見られます。

そういった声に応える形で、
外国人観光客向けの「民泊WiFi」というサービスが行われています。

この民泊WiFi、元々は民泊を利用する外国人観光客でないと利用できませんでした。

しかし現在は規制が緩和されたことで、
民泊利用者でなくても外国人観光客でなくても利用できるようになっています。

先のレンタルモバイルルーターに比べると、
民泊WiFiの方が安く利用できる場合が多いんですね。

普通のレンタルモバイルルーターだと月額にして5,000円以上掛かることもありますが、
民泊WiFiなら月額4,000円前後で使うことができます。

何ならWiMAXやワイモバイルのモバイルルーターよりも安く利用できてしまいます。

民泊WiFiでは利用する端末や回線を選ぶことができないので、
その分レンタルより安く提供できるのではないでしょうか。

ただし、レンタルモバイルルーターと違って、料金は一括ではなく、
1か月ごとの支払いとなっています。

ですから無審査というわけにはいかず、申込時には簡単な審査が行われるようです。

実際利用規約には「申込みを承諾しないことがある」といった記述があるので、
恐らく事前審査が行われているものと思われます。

それから民泊WiFiの中には、
従来通り民泊利用者でないと利用できないものもあるので注意してください。

-モバイルルーターの疑問

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.