*

2階まで届くWiFiルーターは買い替えなくても手に入る?

投稿日:

WiFi電波が2階まで届かない!WiFiルーターを買い替えるべき?

2階建てや3階建ての一軒家で、1階にWiFiルーターを置いていると、
2階3階までWiFiの電波が届かないことがあると思います。

そうすると、2階や3階まで届くぐらい電波の強いWiFiルーターに
買い替えようと考えがちです。

確かに、今使っているものよりも電波の強いWiFiルーターを使えば、
家の隅々まで電波が届くようになると思いますよね。

しかしこの状況ではWiFiルーターを買い替えたところで、
宅内のWiFi電波状況が良くなることは恐らくありません。

実は、WiFiルーターのような電波を発信する機器の電波出力は、
いわゆる「電波法」という法律によって厳しく規制されています。

そのため、必要以上にWiFi電波の出力を強くすることができません。

要するに同じ推奨環境のWiFiルーターは、メーカーや機種に関係無く、
電波の強さもほとんど同じってことなんですね。

10年も前に発売されたWiFiルーターを使っているのであれば、
新しいものに買い替えることで電波状況が改善される可能性はあります。

しかしこの数年で発売されたWiFiルーターを使っているなら、
買い替えても2階まで電波が届くようになるいうことは無いと思いますよ。

ちなみに一般的には「無線LANルーター」という名称が正しいんですが、
ここでは分かりやすくするため「WiFiルーター」で統一しています。

WiFiルーターの推奨環境

通販サイトなどでWiFiルーターの商品説明を見ると、
 ・ワンルーム用
 ・2階建て又は3LDK用
 ・3階建て又は4LDK用
などと書かれています。

これがWiFiルーターの推奨環境であり、
自分の家の間取りと推奨環境が近いものを選ぶのが重要なんですね。

もし2階や3階までWiFiの電波が届かないという場合には、
家の間取りより小さい推奨環境のWiFiルーターを使っている可能性もあります。

ただし間取りに見合った推奨環境のWiFiルーターを使っていても、家の形状や
部屋の位置関係などによっては電波の届きにくい場所ができてしまうこともあります。

なので家の隅々まで確実にWiFi電波を飛ばしたいのであれば、
家の間取りより1つ大きい推奨環境のWiFiルーターを使うと良いのではないでしょうか。

「大は小を兼ねる」とは言え、あまり推奨環境が大きすぎるのは良くないと思います。

例えばワンルームで3階建て又は4LDK用のWiFiルーターを使うと、
部屋の外までWiFi電波が飛んでしまうことになります。

隣の部屋であったり共用部の廊下、
あるいは建物の外にまでWiFi電波が届いてしまうわけです。

電波干渉によって隣の部屋の住民に迷惑を掛けてしまうかもしれませんし、
パスワードが無いと接続できないものの「タダ乗り」される恐れもあります。

さらにWiFiから不正に侵入されて、
パソコンやスマホが乗っ取られてしまうという最悪の事態にならないとも限りません。

家の間取りに比べて大きすぎる推奨環境のWiFiルーターを使うと、
こういったリスクの恐れがあるので注意してください。

WiFiルーターは置き場所次第で繋がりやすさが変わる?

部屋の中に時計を置く際には、どこからでも見やすいように位置を考えますよね。

でもWiFiルーターを置く場合には、あまり深く考えずに、
邪魔にならない適当なところに置いていたりしませんか?

ところがWiFiルーターの少し位置を変えるだけで、
WiFiの繋がりやすさが全然違ってしまうことがあるんです。

WiFiの電波って、WiFiルーターを中心に360℃全方向に飛んでいます。

ですから壁際や床に置いていると、
せっかくのWiFi電波が外や床下など無駄な方向にまで飛んでしまうことになります。

WiFiルーターの置き場所としては、できるだけ家の中心で、
なおかつ少なくとも床から1~2mが良いんです。

また上向きより下向きの方がやや電波が強くなるそうです。

なので1階にWiFiルーターを設置して1階から2階に電波を飛ばすより、
2階に設置して2階から1階に電波を飛ばす方が繋がりやすくなるみたいですね。

WiFiの電波は障害物に弱い

WiFiルーターでは、2.4GHzや5GHzといった比較的高い周波数の電波が使われています。

一般的に電波は、周波数が高いほど、
通信速度は速くなるものの障害物の影響を受けやすくなると言われています。

実際WiFiの電波は、金属には反射したり吸収されたりしますし、
水にも吸収されることがあります。

ですから金属製品の近くにWiFiルーターを置くと、電波の向きが変わったり、
電波が弱くなったりすることがあるんですね。

同様に水にも吸収されるわけですから、
水槽や花瓶といった水の入った容器の近くに置くのもNGです。

それどころか、湿気を含みやすい本であるとか土壁なんかの近くでも
影響を受けてしまうみたいですよ。

ちなみに、金属に比べると木材の方がWiFi電波を通しやすくなっています。

なので鉄筋コンクリート造りよりも木造の方が、
家の隅々までWiFi電波が届きやすいんですね。

電波干渉にも注意が必要

家の間取りに見合った推奨環境のWiFiルーターを使っているのに、
電波の届かない部屋がある場合、電波干渉が発生している恐れもあります。

電波干渉と言うと、「悪意ある第三者が不正に電波を発信」などの影響で
発生していると想像するかもしれません。

しかしWiFiルーターの電波干渉については、
身近な電化製品が原因となっていることがほとんどです。

WiFiルーターでは主に2.4GHzという周波数の電波を使いますが、
この2.4GHzの電波は一般的な電化製品にも使われています。

2.4GHzの電波を使う代表的な電化製品と言うと、
「電子レンジ」や「コードレス電話機」などです。

ワンルームのマンションやアパートだと、
どうしてもWiFiルーターと電子レンジの距離が近くなってしまいますよね。

またワンルームでなくても、同じ通信機器ってことでコードレス電話機などと一緒に
1ヶ所にまとめて置いているなんてこともあるかもしれません。

こうした2.4GHzの電波を使う電化製品が近くにあると、
電波干渉によってWiFiの電波が弱くなってしまうこともありますよ。

11ac対応のWiFiルーターで電波干渉は無くなる?

家電量販店や通販サイトなどでWiFiルーターの商品説明を見ると、
「11n対応」とか「11ac対応」などと書かれていると思います。

この「11n」や「11ac」というのはWiFiの規格のことで、
WiFiの繋がりやすさや通信速度に大きく関係します。

11n対応の機種は基本的に2.4GHzの電波しか使えませんが、11ac対応の機種は
11nにも対応している場合がほとんどで2.4GHzも5GHzも使えるようになっています。

先に書いたように2.4GHzの電波を使う電化製品は他にもありますが、
5GHzの電波を使う電化製品はWiFiルーター以外にはほぼありません。

ですから11ac対応のWiFiルーターで5GHzの電波を使えば、
電波干渉を受ける恐れは大幅に低くなるというわけです。

また通信速度が、11nは最大600Mbpsなのに対して、
11acは最大6.9Gbpsとなっています。
(1Gbps≒1000Mbps)

光回線の通信速度は最大1~2Gbpsなので、11n対応のWiFiルーターでは
そのポテンシャルが十分に生かせないということになってしまいます。

電波の繋がりやすさという点から見ても、通信速度の点から見ても、
11ac対応のWiFiルーターを選んだ方が良いというわけなんですね。

ただし、5GHzの電波は2.4GHzよりもさらに障害物の影響を受けやすいので、
11ac対応のWiFiルーターの置き場所には注意しないといけませんよ。

外付けアンテナを寝かせると2階まで電波が届く?

WiFiルーターの中には、数本の外付けアンテナが搭載されている機種があります。

アンテナ内蔵型の機種に比べていかにも電波が強そうですが、
アンテナが外付けでも内蔵でも電波の強さは基本的に変わりません。

しかし使い方によっては、外付けアンテナが搭載されている機種の方が、
2階や3階まで電波が届きやすくなることもあるんです。

アンテナ内蔵型は、WiFiルーターを中心に360℃全方位に電波が発信されています。

外付けアンテナでも基本的には同じなんですが、
アンテナに対して垂直方向により強く電波が発信されます。

なのでアンテナを立てていると横方向に、
寝かせていると縦方向により強く電波が発信されることになるんですね。

と言うことは、外付けアンテナの機種を使っている場合には、
アンテナを寝かせることで2階や3階まで電波が届きやすくなるということです。

外付けアンテナの向きを変えるだけで、宅内のWiFi電波状況が大きく変わることも
あるので、買い替える前に試してみると良いかもしれませんよ。

ただし内蔵型の場合は、
本体を寝かしても2階や3階まで電波が届きやすくなるということはありません。

立てて使うことを前提に作られているので寝かせると排熱効率などが悪くなって、
WiFiの電波状況が良くなるどころか、故障の原因となってしまう恐れもあります。

電波がどうしても届かない場合は中継器

WiFiルーターの推奨環境は「3階建て又は4LDK」が一番大きいですから、
10部屋以上あるような大豪邸ではどうしても電波の届かない部屋ができてしまいます。

また間取りが2LDKでも、家の形状によっては3階建て又は4LDK用を使っても
電波の届きにくい場所ができてしまうこともあります。

そんな場合には中継器を使うことで、
家の隅々までWiFi電波を行き渡らせることができます。

WiFiルーターと同じメーカーの中継器だと、コンセントに挿してボタンを押すだけ、
初期設定不要で使えたりもします。

中継器はWiFiルーターの利用エリアを広げるだけのものですから、
パソコンやスマホなど接続する側の機器の再設定も不要です。

WiFiルーターの機種によっては、中継器として使えるようになっているものもあります。

もし買い替えで使わなくなったWiFiルーターがあれば、
それを中継器代わりに使うなんてこともできるかもしれませんよ。

中継器の最適な場所は専用アプリで見つけられる

宅内でWiFi電波の届かない場所がある場合に中継器を使うのは良いんですが、
中継器の置き場所が結構問題なんですよね。

中継器をWiFiルーターの電波が届かない場所に置いてもダメですし、
WiFiルーターに近すぎると中継器の意味が無くなってしまいます。

コンセントの位置もありますし、
中継器の最適な置き場所を見つけるのって難しんですよね。

そこで中継器を発売している各メーカーでは、
中継器の最適な置き場所を見つけるための専用アプリを提供しています。

中継器を使ってWiFiのエリアが広がったのは良いけど通信が安定しないなんて
場合は、こういったアプリを使って中継器の最適な置き場所を探すと良いですよ。

-WiFiの疑問

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.