*

niftyのWiMAXは契約満了で解約・再契約しないと損?

投稿日:

@niftyのWiMAXを解約して再契約するメリットとは?

通信量が無制限のモバイルルーターということで、外出用としてはもちろん、
光回線などの固定回線代わりとしても使われているのがWiMAXです。

WiMAXには20社ほどのプロバイダがあるんですが、
その中でも人気プロバイダの1つとなっているのが「@nifty」です。

実はこの@niftyをプロバイダとしてWiMAXを使っている場合、
契約を更新して長く使い続けることってあまりお得じゃないんです。

WiMAXは基本2年契約で、20社ほどプロバイダがありますから、
@niftyの契約期間が満了するごとにプロバイダを乗り換えることができます。

さらにプロバイダを乗り換えなくても、
@niftyの契約が満了したら一旦解約して再契約することも可能です。

しかし恐らくは契約期間が満了しても更新して、
プロバイダを乗り換えることなく使い続けている場合が多いのではないでしょうか。

ドコモなど大手携帯キャリアのスマホだと、長期利用割引があるので、
キャリア変更しない方が料金が安くなったりするんですね。

ところがWiMAXの場合は、基本的に長期利用割引が無く、
長く使い続けても料金が割引されることがありません。

とは言え、長期利用割引が無いだけで「長く使い続けるのはお得じゃない」
というのは乱暴ですよね。

そこで@niftyで契約満了ごとに
解約・再契約するかプロバイダを乗り換えるメリットについて詳しく見ていきましょう。

再契約・乗り換えで再度キャッシュバックが貰える

長期利用割引が無いというだけでは、手続きに掛かる手間を考えると、
再契約や乗り換えをする方が面倒ですよね。

しかしWiMAXの申し込み特典であるキャッシュバックが
もう1度貰えるとしたらどうですか?

WiMAXプロバイダの中にはキャッシュバックキャンペーンを行っているところが
いくつかあり、@niftyもその1つです。

@niftyには2年契約と3年契約のプランがあるんですが、
3年契約を選ぶと30,100円のキャッシュバックが貰えます。
(2年契約だと貰えない)

このキャッシュバックは新規ユーザーを呼び込むためのものなので、
初めて申し込みをした時にしか貰えないと思っている人も多いかもしれません。

確かにプロバイダによっては、
2度目以降の再契約ではキャッシュバックが貰えない場合もあります。

例えばWiMAXでキャッシュバック最高額を誇る「GMOとくとくBB」は、
キャッシュバックは最初の申し込み時のみで再契約だと貰えません。

またSo-netも、キャッシュバックではなく月額料金の割引ですが、
再契約だとキャンペーン対象外となります。

ところが@niftyでは、再契約であっても「新規扱い」となり、
キャッシュバックをもう1度貰うことができるんです。

時期によってキャッシュバック金額が変わる可能性はありますが、
契約満了したら解約して再契約するだけで30,100円が貰えるなんてお得ですよね。

もう1度キャッシュバックが貰えるだけでも、
次回契約満了したら解約・再契約しようと思いませんか?

最初の3か月の料金割引も再び

もう1度キャッシュバックが貰えるというだけでもかなり大きいんですが、
実は再契約するメリットはこれだけじゃないんです。

WiMAXでは、@niftyに限らず、
契約月を含む最初の3か月間の料金を安く設定していることも少なくありません。

@niftyでは通常ギガ放題プランは月額4,350円ですが、契約月は250円、
その翌月と翌々月は月額3,670円で利用することができます。

要するに最初の3か月間で合計5,000円ほどの料金割引となるわけですが、
これもキャッシュバックと同様に再契約でも適用されます。

契約を更新しているだけだと、キャンペーンでも行われない限りは、
月額料金が割引されることなんてそうそうありません。

ところが契約満了時に解約・再契約するだけで3か月間料金が安くなるんですから、
キャッシュバックに比べると地味ですが、これも大きなメリットですよね。

@nifty WiMAXを再契約するだけじゃキャッシュバックは貰えない!?

もう1度キャッシュバックが貰えるだけでなく、3か月間の料金割引もあるなら、
再契約した方がお得どころか再契約しないと損ぐらいに思えてきますよね。

ところが単に@nifty WiMAXを解約・再契約しただけでは
キャッシュバックが貰えない恐れもあるんです。

実は@niftyでWiMAXを申し込むと、
自動的に月額250円の基本プランに加入することになります。

プロバイダ料みたいなもので、WiMAX申込時に光回線などのプロバイダとして
@niftyを使っている場合には発生しません。

ちなみに光回線などのプロバイダとして@niftyを使っている場合は、@nifty WiMAXの月額料金は250円安くなります。
(@niftyの基本料金が光回線などの料金に含まれるため)

ですから、@nifty WiMAXを解約しても基本プランが残ったままだと、
再契約で新規扱いとならずキャッシュバックが貰えなくなってしまいます。

再契約でキャッシュバックを貰うためには、
WiMAXだけでなく@niftyの基本プランも解約しておかないといけないんですね。

また@nifty WiMAXでは、2度目の再契約ではキャッシュバックが貰えますが、
3度目だと貰えないかもしれません。

@niftyに問い合わせても、2度目の再契約はキャッシュバックの対象になるが、
3度目については分からないという答えしか返ってこないそうです。

恐らく3度目の再契約したユーザーが今のところ居ないので、
その辺りの対応が固まっていないのではないでしょうか。

ちなみにBiglobe WiMAXでは、何度再契約しても、
その都度キャッシュバックが貰えることが分かっています。

契約更新すると月額料金が高くなる?

WiMAXプロバイダの中には、
3年目あるいは4年目以降になると月額料金が高くなるところもあるんです。

例えばWiMAX最安級を売りにしている「カシモWiMAX」では、ギガ放題プランが
 ・最初の2年間・・・月額3,380円
 ・3年目以降・・・月額4,080円
と3年目以降には月700円も料金が高くなります。

やはり月額料金が安いことが売りの「BroadWiMAX」でも、
同じように3年目以降には月額料金が数百円高くなるんですね。

数年前までは、ほとんどのWiMAXプロバイダで契約更新後の3年目以降になると
月額料金が高くなっていました。

しかし現在は契約更新後でも料金は据え置きのプロバイダが多いんですが、
一部契約更新後に料金が高くなるプロバイダもあります。

また@niftyも例外ではありません。

@niftyでは、
新規申込特典としてキャッシュバックか「月額料金の割引」を選ぶことができます。

月額料金の割引を選ぶと月860円の割引が36ヵ月間続くので、
合計割引額が30,960円とキャッシュバックより若干お得なんですね。

しかし当然4年目以降はこの割引が無くなるわけですから、
必然的に月額料金が860円高くなってしまいます。

このように途中で料金が高くなるプロバイダでも、契約満了時に解約・再契約することで、
安い料金のまま使い続けることができるというわけです。

ただしキャンペーンで月額料金が割引されている場合は、
再契約だとキャンペーン対象とならないこともあるので注意してください。

実際、月額料金割引キャンペーンを行っているSo-netでは、
再契約はキャンペーン対象外となります。
(@niftyは再契約でもキャンペーン対象)

再契約でキャッシュバックが貰えないなら、プロバイダ乗り換え

@niftyでは、3回目は分からないものの、
2回目の再契約であればキャッシュバックが貰えます。

しかしGMOとくとくBBなどのように、
再契約はキャッシュバックなどのキャンペーン対象外となるプロバイダもあります。

再契約がキャンペーン対象とならないプロバイダを使っている場合には、
契約が満了したら他のプロバイダへの乗り換えを検討してみてはどうでしょうか。

@niftyやBiglobeへ乗り換えるとキャッシュバックが貰えますし、
解約・再契約でキャッシュバックをもう1度貰うことも可能です。

もしくはカシモWiMAXやBroadWiMAXなどの月額料金が安いプロバイダを、
2年ごとに渡り歩くなんていう方法もありますね。

いずれにしても、WiMAXでは1つのプロバイダを使い続けるよりも、
契約が満了するごとに乗り換えた方がお得ってことです。

キャッシュバックの貰い損ねに要注意

@nifty WiMAXを解約・再契約してもう1度キャッシュバックを貰うのは良いんですが、
キャッシュバックの貰い損ねには注意しないといけません。

@niftyはその危険性は低いものの、
他のプロバイダではキャッシュバックを貰い損ねる危険性が結構高いんです。

キャッシュバックって申し込めばすぐに貰えると思っているかもしれませんが、
WiMAXの場合は1年近く利用し続けないと貰えないんです。

例えば、比較的早いとされる@niftyでも利用開始から9か月目ですし、
BiglobeやGMOとくとくBBは12か月目にならないとキャッシュバックが貰えません。

それまでに解約したり、料金プランを変更しただけでもキャッシュバックの権利を失ってしまうこともあるんですね。

@niftyの場合は、利用開始6か月目までの解約、
プラン変更申請でキャッシュバック対象外となってしまいます。

貰い損ねる原因は手続きの時期

1年近く料金プランを変更することなくWiMAXを使い続けるのは、
それほど難しいことではありません。

なので、キャッシュバックを貰い損ねる原因は別のところにあります。

キャッシュバックを貰い損ねる大きな原因となるのが、
キャッシュバックを貰うための手続きを行う時期なんです。

大抵の場合は、キャッシュバックが貰える前の月に手続きを案内するメールが
プロバイダから送られてきます。

その案内メールの内容に従って振込口座の登録などを行うことで、
その翌月末までにキャッシュバックが振り込まれることになります。

キャッシュバックが貰える前の月ですから、
やはりキャッシュバックの手続きも1年近く経たないとできないわけです。

申し込んでからキャッシュバックの手続きを行うまで1年近くもあると、
手続きをし忘れてしまうケースが多いんです。

「お金が貰えるのに、その手続きを忘れるはずがない」と普通は思いますし、
私もそう思っていました。

ところがある光回線の代理店が調査したところ、キャッシュバック手続きが
利用開始10か月目以降になると約7割の人がし忘れているという結果が出たそうです。

お金に関することとは言え、さすがに10か月も普通に生活していると、
キャッシュバックの手続きのことなんて忘れてしまうんですね。

またプロバイダからは、利用開始と同時に毎日のように広告メールが送られてくるので、
それに紛れてしまって案内メールを見逃してしまうこともあるみたいです。

さらに案内メールの件名が、一見してキャッシュバックに関することだと分からないということも見落とす要因となっているそうです。

@niftyでキャッシュバックが貰えるのは利用開始9か月目ですが
手続き時期は4か月目なので、貰い損ねる危険性は低いかもしれません。

しかし4か月でも忘れてしまうことは十分にありえますから、カレンダーや手帳、
スマホなどに案内メールが来る月をしっかりと記録しておいた方が良いですよ。

-nifty wimax

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.