*

BiglobeWiMAX再契約でまたキャッシュバックが貰える!?

投稿日:

BiglobeWiMAXは一度解約して再契約する方がお得?

外出時にノートパソコンやタブレットなどでインターネットを使ったり、
スマホのギガ数不足を補ったりするのに役立つのがWiMAXです。

そんなWiMAXの2年契約・3年契約あるいは4年契約が満了しても、
乗り換えなどをせずにそのまま継続して使い続けている人が多いんじゃないでしょうか。

しかし実は、WiMAXって1つのプロバイダを長期利用するのではなく、
契約満了ごとにプロバイダを乗り換えたり、一度解約して再契約する方がお得なんです。

特にBiglobeWiMAXを使っている場合は、
契約が満了したら一度解約して再契約しないと損と言っても良いぐらいです。

スマホだと、特に大手携帯キャリアには「長期利用特典」があり、
長く使えば使うほど料金がお得なったりポイントが多く貰えたりします。

ところがWiMAXには、Biglobeに限らず、長期利用特典というものが無いんですね。

なので契約が満了したら再契約した方が良い1つの理由として、
継続して長期利用してもお得にならないということも挙げられます。

再契約でまたキャッシュバックが貰える

長期利用してもお得じゃないというだけでは、手続きなどの手間を考えると、
積極的に契約満了ごとに解約して再契約しようと思わないですよね。

しかしBiglobeWiMAXには、多少手間が掛かろうとも、
積極的に再契約したくなる理由もあるんです。

それが「再契約でもう1度キャッシュバックが貰える」ということです。

BiglobeWiMAXを新規契約すると
 ・月額料金の割引
 ・30,000円のキャッシュバック
のいずれかを選ぶことができます。

多くの人はこれを「新規契約した時の1度限りの特典」だと
思っているんじゃないでしょうか。

BiglobeWiMAXでは一旦解約してからの再契約でも「新規扱い」となるので、
何度でもキャッシュバックを貰うことができるんです。

新規ユーザーを呼び込むためのキャンペーンであり、
数か月単位でキャッシュバック金額が上下することがあります。

なので毎回30,000円が貰えるわけではありませんが、それでも2年ごとに
キャッシュバックが貰えるなんてお得以外の何ものでもありませんよね。

契約月を含む最初の3か月間の料金も安くなる

BiglobeWiMAXでは、契約した月は料金無料で、
通信量無制限のギガ放題プランだと翌月からの2か月間も料金が割引されます。

通常ギガ放題プランは月額4,380円ですが、
契約した翌月から2か月間は月額3,695円で利用できるんですね。

契約を更新して長期利用していると、キャンペーンなどが行われない限りは、
月額料金が安くなることはありません。

ところが再契約すると、キャッシュバックとともに、
この最初の3か月間の料金割引も受けることができます。

この3か月間の合計割引額は5,000円以上ですから、
実質的にもう1か月分料金が無料になるのも同然なんですね。

BiglobeWiMAXを解約して再契約するだけじゃダメ?

再度キャッシュバックが貰えて、3か月間だけとは言え月額料金も割引されるとなると、
多少手間が掛かっても再契約しようと思いますよね。

しかしBiglobeWiMAXの場合、再契約の手順を間違えると新規扱いにならず、
キャッシュバックも貰えず、割引も受けられなくなってしまうんです。

Biglobeの契約は少し特殊で、BiglobeでWiMAXを申し込むと
自動的に「ベーシックコース」というものに加入することになります。

ベーシックコースは月額200円で、Biglobeのプロバイダメールなどのサービスが使える、
文字通り基本的なBiglobeのプランです。

ちなみにBiglobeWiMAXの料金にベーシックコースの料金が含まれるので、
BiglobeWiMAXを使っていれば別途ベーシックコースの料金を払う必要はありません。

契約は同時に行われるんですが解約は別々で、
BiglobeWiMAXを解約してもベーシックコースの契約は残ったままとなってしまいます。

ベーシックコースの契約が残ったままだと、BiglobeWiMAXを再契約してもキャッシュバックや月額料金の割引が受けられなくなるんです。

厳密に言うと、ベーシックコースの契約が残ったままでも、再度ベーシックコースを
含めて新規契約すればキャッシュバックも貰えますし、割引も受けられます。

ただベーシックコースが二重契約となり、料金も二重に払わないといけなくなります。

なのでBiglobeWiMAXを再契約する際には、
BiglobeWiMAXだけでなくBiglobeのベーシックコースも忘れず解約しておきましょう。

契約更新で料金が高くなることも

WiMAXプロバイダによっては、
一定期間以上利用すると月額料金が高くなってしまうこともあるんです。

BiglobeWiMAXでも月額料金が安くなる特典を選んでいると、
25か月目以降料金が高くなります。

ギガ放題プランの場合、24か月目までは月額3,380円なんですが、
25か月目以降は通常料金の月額4,380円となり、1,000円も高くなってしまいます。

同じように月額料金割引の特典があるSo-netでも、
37か月目以降はギガ放題プランで月1,000円ほど料金が上がります。

さらにWiMAX最安級を謳うカシモWiMAXでも、ギガ放題プランが24か月目までは
月額3,380円で使えますが、25か月目以降は4,079円と約700円高くなります。

このように、特に割引特典のあるプロバイダでは、
一定期間以上継続して使うことで料金が高くなってしまうんですね。

再契約すればまた安い料金で利用できる可能性があるわけですから、
キャッシュバックを度外視しても、再契約する方がお得ですよね。

ただしキャンペーンで料金が安くなっている場合は、
再契約だとキャンペーン対象外となってしまうこともあります。
(実際So-netでは再契約は対象外)

Biglobe以外でも再契約でキャッシュバックは貰える?

WiMAXプロバイダの中には、Biglobe以外にも、
少ないですがキャッシュバックが貰えるところがいくつかあります。

例えば、Biglobeより高額な40,000円以上が貰える「GMOとくとくBB」や
30,100円の「@nifty」、あと回線事業者である「UQWiMAX」でも10,000円が貰えます。

それからキャッシュバックではありませんが、
「So-net」では月額料金が安くなるキャンペーンが行われています。

これらBiglobe以外のプロバイダのキャッシュバックや月額料金の割引は、
再契約でもOKなのでしょうか?

@niftyは注意事項に「再契約はダメ」と書かれていないので、
恐らく再契約で再度キャッシュバックを貰うことができると思います。

ただしネットの口コミなどによると、@niftyは再契約だとキャッシュバックが貰えるけど、
再々契約となると貰えない可能性もあるとのことです。

UQWiMAXについては、
@niftyと同様に注意事項に「再契約はダメ」と書かれていません。

ただ、問い合わせたら「再契約はキャッシュバックの対象にならない」と
言われたというネット情報もあります。

WiMAXで最も高額なキャッシュバックが貰えるGMOとくとくBBは、注意事項に
「過去にGMOとくとくBBでキャッシュバックを貰っていると対象外」と書かれています。

So-netも同じで、
過去にSo-netでキャンペーン特典を受けたことがある人は対象外となります。

BiglobeWiMAX以外はプロバイダ乗り換えでキャッシュバックを貰う

@niftyやUQWiMAXでも可能性はありますが、
再契約でも確実にキャッシュバックが貰えるのはBiglobeWiMAXだけです。

なのでBiglobeWiMAXのユーザーは、サービスに不満が無いのであれば、
契約満了ごとに解約・再契約で毎回キャッシュバックを貰っちゃいましょう。

BiglobeWiMAX以外のユーザーは、
再契約だとキャッシュバックや月額料金の割引が受けられない可能性があります。

ですから契約が満了したら他のプロバイダに乗り換えて、
キャッシュバックを貰ったり、月額料金を割引してもらうのがオススメですね。

WiMAXの解約は必ず更新月に

再契約やプロバイダの乗り換えで、何度もキャッシュバックを貰ったり
料金を割引してもらうのがWiMAXの賢い使い方です。

ただWiMAXを解約するのは、違約金が発生しない更新月でないといけませんよ。

WiMAXの違約金は、大手携帯キャリアのスマホなどに比べると、
高額な設定となっています。

利用期間によって
 ・1~13か月目・・・19,000円
 ・14~25か月目・・・14,000円
 ・26か月目以降・・・9,500円
となっています。(2年契約の場合、26か月目が更新月)

大手携帯キャリアのスマホの違約金は9,500円ですから、
WiMAXを13か月目までに解約すると、その2倍も払わないといけないことになります。

解約で違約金が発生すると、再契約でキャッシュバックを貰っても
目減りしてしまうことになりますし、月額料金の割引もお得感が薄れてしまいます。

ですから、再契約するしないに関わらず、
WiMAXは更新月に解約しないと金銭的負担が大きくなってしまう恐れが大ですよ。

キャッシュバックは貰い損ねる危険性が高いので注意

キャッシュバックを貰うために再契約やプロバイダの乗り換えを行うのは良いんですが、
肝心のキャッシュバックを貰い損ねては意味がありませんよね。

BiglobeWiMAXに限らず、
WiMAXプロバイダのキャッシュバックって結構貰い損ねる危険性が高いんです。

キャッシュバックは申し込めばすぐ貰えるものではなく、
一定期間WiMAXを利用し続けて初めて権利が発生します。

例えばBiglobeWiMAXやGMOとくとくBBでキャッシュバックが貰えるのは
利用開始12か月目ですし、比較的早い@niftyでも9か月目です。

キャッシュバックを貰うまでに解約したり、プロバイダによっては料金プランなど
契約内容を変更しただけでも権利を失ってしまうことがあります。

問題は手続きの時期

ただ約1年WiMAXを使わないといけないだけでは、
キャッシュバックを貰い損ねる危険性はそれほど高くありません。

問題はキャッシュバックを貰うための手続きの時期なんです。

BiglobeWiMAXとGMOとくとくBBでは、キャッシュバックが貰える前月
すなわち利用開始11か月目に手続きの案内メールが届きます。

この案内メールに従ってキャッシュバックを貰うための手続きを行うんですが、
この手続きを行わずに貰い損ねてしまう人も少なくないんです。

「お金を貰うための手続きを忘れるはずがない」と思っていますよね。

ところがある光回線の代理店が調査したところ、キャッシュバックの手続きが
利用開始10か月目以降になると約7割の人が忘れているという結果が出ています。

キャッシュバックのこと自体は覚えていても、何月に手続きをして、
何月に貰えるかまではっきり覚えてなかったりするんでしょうね。

また案内のメールが、毎日のように送られてくるプロバイダからの
広告メールに紛れて見落としてしまうこともあると思います。

しかも案内のメールの件名が一見してキャッシュバック関連だと
分かりにくかったりするそうで、これも見落とす原因となっています。

@niftyは利用開始4か月目、UQWiMAXは翌々月ですから、
BiglobeWiMAXやGMOとくとくBBに比べると貰い損ねる危険性は低いですよ。

-biglobe wimax

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.