*

「インターネットが急につながらなくなった」は簡単に治る!?

投稿日:

インターネットが急に繋がらなくなった!

昨日までは普通に使えていたのに、今日になって急にインターネットが繋がらなくなった、
なんて経験1度ぐらいはあるんじゃないでしょうか。

インターネットを使っているとよくあるトラブルではあるんですが、
実際に発生すると非常に困るんですよね。

特に仕事で使っている時にインターネットが繋がらなくなると、
何もできなくなってしまうので厄介です。

すっかり身近になったインターネットですが、その仕組みは結構複雑で、
急に繋がらなくなる原因となりうる箇所も多くあります。

原因によってはユーザー自身で解決することが難しく、回線事業者やプロバイダ、
パソコンやルーターのメーカーなどのサポートに頼らざるをえないことも。

しかしインターネットが繋がらなくなるというトラブルで、サポートに頼らないと
解決できない場合の方が珍しく、自分で簡単に解決できる場合がほとんどなんです。

急にインターネットが繋がらなくなった時にはとりあえずココをチェックしておけ、
ってポイントがいくつかあります。

サポートはお金が掛かる場合もありますし、
自分で解決できることにお金を払うのはもったいないですよね。

そこでお金も時間も無駄にしないために、
急にインターネットが繋がらなくなった時にチェックするポイントを紹介しましょう。

パソコンやスマホに接続不良が発生している

急にインターネットが繋がらなくなると、
回線やルーターなどに問題があると思いがちです。

確かに回線やルーターなどに問題が発生している場合もありますが、
案外多いのがパソコンやスマホなどの機器側に問題がある場合です。

しかも故障などの重大な問題ではなく、一時的な接続不良という軽微な問題です。

こうした一時的な接続不良でインターネットが繋がらなくなっている場合、
パソコンやスマホを再起動させると正常に戻る場合がほとんどです。

ですから、急にインターネットが繋がらなくなった時には、
まずパソコンやスマホを再起動してみましょう。

パソコンやスマホは定期的に再起動した方が良い

いつでも使えるように、
パソコンやスマホの電源を入れっぱなしにしているという人も多いと思います。

電源が入りっぱなしだと、キャッシュなど一時的に保存されるデータが溜まって、
接続不良を起こしてしまうことがあるんです。

接続不良まで行かなくても、通信速度が遅くなったりといったこともあります。

パソコンやスマホでは、電源を切ったり入れたりする際に、
保存されているデータを整理したり、要らないものを削除したりしています。

なので、スマホは急用の電話が掛かってくる可能性もあるので難しいかもしれませんが、
就寝時など長時間使わない時には電源を切った方が良いですね。

定期的にパソコンやスマホを再起動させておくことで、
インターネットに関するトラブルを減らすことができると思いますよ。

WiFi機能がOFFになっていることも

パソコンやスマホを再起動してもインターネットに繋がらないからと言って、
すぐに回線やルーターに問題があるというのは早計です。

インターネットを有線接続ではなくWiFi接続で使っている場合は、
パソコンやスマホの設定でWiFi機能がOFFになってしまっていることも考えられます。

パソコンは本体にWiFi機能をONOFFするボタンが付いていることもあり、
何かの拍子に押してしまってOFFになっている可能性もあります。

特にノートパソコンでボタンが付いている位置によっては、持ち運ぶ際やカバンなどに
出し入れする際に間違って押してしまうことは十分にありえます。

実際私が以前使っていたノートパソコンは、側面にWiFiのボタンが付いていたので、
間違って押してしまっていたことが何度がありました。

スマホでも、色々と設定をいじっている内に
WiFi機能がOFFになってしまうことも無いとは言えません。

なのでWiFi接続でインターネットを使っている場合は、
WiFi機能がONになっているかも確認しておいた方が良いですね。

「接続先にインターネット接続がありません」も再起動で解決する可能性大

パソコンやスマホのブラウザを起動させると、画面に「接続先にインターネット接続が
ありません」って表示されたことってありませんか?

有線接続だとあまり無いかもしれませんが、WiFi接続していると結構あると思います。

私はプライベートと仕事兼用のノートパソコンにWindows10を入れていますが、
インターネット接続が無いという表示がたびたび現れます。

「インターネットに接続されていません」ならまだしも、
「インターネット接続がありません」と言われるとちょっとドキッとしますよね。

これも、回線やルーターに問題が発生している可能性もあるんですが、
大抵はパソコンやスマホの接続不良によるものです。

一旦WiFi接続を切ってから再度繋げば解決することが多く、
私も十中八九この方法で正常にインターネットが使えるようになっています。

もちろん再起動を掛けてみるのも良いですし、
それでもダメなら他のポイントをチェックしてみましょう。

ONUやWiFiルーターに不具合が発生している

パソコンやスマホを再起動してもインターネットに繋がらない場合は、
ONUやWiFiルーターに不具合が発生していることも考えられます。

ちなみに「ONU」というのは、光回線終端装置のことで、
光回線を開通した際に工事業者が最後に設置する箱みたいな機器のことです。

有線接続だとONUとパソコンを直接LANケーブルで繋いでいますし、
WiFiルーターを使っている場合はONUとルーターがLANケーブルで繋がっています。

ONUやWiFiルーターは、電源を入れっぱなしにしていたり、
直射日光が当たるところに置いていると熱暴走によってフリーズを起こすことがあります。

ONUやWiFiルーターを触ってみて熱い場合には、熱暴走によってフリーズ起こし、
接続不良となっている可能性が高いと思います。

対処法としては、電源を入れっぱなしになっているなら再起動、
直射日光が当たっているなら当たらないところに置き場所を変更しましょう。

ONUやWiFiルーターを再起動する際の注意点

パソコンやスマホを再起動させる場合に注意することと言えば、
作成や閲覧していたデータが保存されているかどうかぐらいのことです。

しかしONUやWiFiルーターを再起動させる場合には、
注意しなければならないことがいくつかあります。

まずONUやWiFiルーターを再起動する前に、念のため、LANケーブルなどの
配線を外し、パソコンやスマホのWiFi接続は切っておきます。

ケーブルを挿したままやWiFi接続したままだと何か別のトラブルが
発生するということは無いと思いますが、一応念のためです。

まずWiFiルーターの再起動ですが、パソコンやスマホからWiFiルーターに
アクセスできるなら、そこで再起動させることができます。

アクセスできなかったり仕方が分からない場合は、
本体の電源スイッチを一度OFFにしてからONにしてもOKです。

もし本体に電源スイッチが無い場合は、
電源プラグをコンセントから一度抜いて挿し直すという方法でも大丈夫ですよ。

ただし電源プラグを抜く場合は、間隔を10秒以上開けてから挿し直すようにしましょう。

すぐに挿し直しちゃいけないのには色々あるんですが、
とりあえずコンセントやWiFiルーターを故障させないためで良いと思います。

次にONUですが、こちらも本体に電源スイッチがあるならOFF→ONで、
無い場合は電源プラグの抜き挿しで再起動できます。

いずれの方法で再起動するにしても、WiFiルーターと同様に、
電源を入れ直すまでにはある程度間隔を開けないといけません。

WiFiルーターでは10秒ほどでしたが、ONUの場合は数分、
できれば30分ぐらいは開けてから電源を入れ直した方が良いですよ。

私も詳しいことはよく分からないんですが、内部の熱や電荷の放出、
IPアドレスの再設定などにこれぐらいの時間が掛かるみたいですね。

LANケーブルが断線していることも

有線接続する場合はONUとパソコンをLANケーブルで繋ぎますし、
WiFiルーター使う場合でもONUとWiFiルーターはLANケーブルで繋ぎます。

ONUやWiFiルーターが不具合を起こしているのではなく、
これらを繋いでいるLANケーブルが断線してしまっているということも考えられます。

一度接続したらそのままということも多いでしょうから、経年劣化など
何かの拍子にLANケーブルが断線してしまうことは十分にありえます。

予備のLANケーブルが無い場合でも、
家電量販店やホームセンターに行けば数百円で購入することができます。

なので、もし別の原因でインターネットが繋がらなくなっているとしても、
LANケーブル購入による金銭的負担は大きくありませんよ。

セキュリティソフトが通信を遮断している

ウィルス感染や情報漏えいなどを防ぐため、
パソコンやスマホにセキュリティソフトを入れているという人も多いと思います。

実はこのセキュリティソフトが原因でインターネットが繋がらなくなるということあるんです。

セキュリティソフトの主な機能の1つに「ファイアウォール」というものがあります。

ファイアウォールは、元々防火壁という意味なんですが、インターネットを通じて
外部から攻撃や不正なアクセスが行われるのを防いでくれる機能です。

このファイアウォールが、通常のインターネット通信を不正な通信とみなして
遮断してしまうというミスを犯すことがあるんですね。

一時的にセキュリティソフトの機能を無効にして正常にインターネットに繋がるようだと、
ファイアウォールが通信を遮断している可能性が高いです。

ただしセキュリティソフトを無効にしたらインターネットに繋がるからと言って、
無効にしたまま使うのは危険です。

なのでセキュリティソフトを有効にして、ファイアウォールの設定を見直すようにしましょう。

Windows8以降だと二重にセキュリティを掛けていることも

パソコンのOSであるWindowsには、標準でセキュリティ機能が備わっています。

特に8や10の「Windows Defender」はセキュリティ機能が高く、
下手なセキュリティソフトなら入れない方が良いと言われるぐらいです。

Windows8や10で別途セキュリティソフトを入れると、標準のWindows Defenderと
二重にセキュリティを掛けた状態になっている場合があります。

セキュリティが二重になっていることで接続不良を起こすというのは考えにくいですが、通信速度の低下などいわゆる「重くなる」ことがあるんですね。

快適にインターネットを使うのと同時にパソコンに無駄な負荷を掛けないように、
別途セキュリティソフトを入れるならWindows Defenderは無効にしておきましょう。

セキュリティソフトによっては、
インストールすると自動的にWindows Defenderが無効になる場合もあります。

通信障害やメンテナンスの可能性も

可能性としては低いとは思いますが、利用している回線で通信障害が発生していたり、
メンテナンス作業が行われていることも考えられます。

通信障害が発生していたりメンテナンス作業が行われている場合は、
回線事業者やプロバイダの公式サイトで確認することができます。

通信障害は事前に予測できませんが、定期的なメンテナンスは事前に告知されるので、
回線事業者やプロバイダからのメールはチェックしておきましょう。

ただ、
通信障害などが発生したことで緊急メンテナンスを行っていることも十分にありえます。

それから、通信量を大量に使っているユーザーが居て、自分がインターネットを
使っているエリアが一時的に通信制限を受けている場合もあります。

これらが原因でインターネットに繋がらなくなっている場合は、
問題が解消されるのを待つ以外に対処法がありません。

最後の手段「サポートに頼る」

パソコンやスマホを再起動してもダメ、ONUやWiFiルーターを再起動してもダメ、
セキュリティソフトを無効にしてもダメ。

さらに1日待ったけど通信障害やメンテナンス、
通信制限でもなくインターネットが繋がらないとなると、自力で解決するのは難しいです。

最後の手段として、回線事業者やプロバイダ、
あるいはWiFiルーターのメーカーなどのサポートに頼りましょう。

回線事業者やプロバイダにはサポートセンターがあり、電話によるサポート、
場合によっては遠隔操作や訪問サポートも受けられます。

WiFiルーターメーカー大手であるバッファローでも、WiFiルーターだけでなく、
インターネット全般のサポートを行っています。

ただし、電話でのサポートは無料の場合もありますが、遠隔操作や訪問サポートは
有料となることが多いので、事前に料金を確認しておいた方が良いですよ。

訪問サポートをお願いすると、例え原因がパソコンの不具合で再起動しただけで
繋がるようになったとしても、数千円の費用を請求される恐れがあります。

なので、まずは先に紹介したポイントを全てチェックして、
それでも解決しない場合には最後の手段としてサポートに頼るようにしましょう。

サポートオプションに加入していて無料で利用できるなら、
遠慮せずにサポートをお願いしても良いですけどね。

-光回線の疑問

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.