*

PT盤とは?どこにあるか聞かれてすぐに答えられる?

投稿日:

PT盤ってどこにあるか知ってますか?

「PT盤はどこですか?」

自分が住んでいるマンションやアパートなど集合住宅で光回線の開通工事の際、
工事業者の人にこう尋ねられてすぐに返答できますか?

一戸建てならどこに何があるかはある程度把握しているでしょうが、集合住宅だと
特に共用部の設備はどこに何かがあるか分かってないことも多いんじゃないでしょうか。

とは言え、「PT盤」と言われて「ああ、アレね」とすぐに分かる人は、通信関係の仕事を
しているか過去に集合住宅の光回線開通工事に立ち会ったことがあるはずです。

PT盤というのは、「Premise Terminater Cabinet」の略であり、
「成端盤」とか「引き込み端子盤などと言われることもあります。

マンションやアパートなど集合住宅では、
最寄りの電柱から引き込まれた光回線は一旦このPT盤へと繋がれます。

そしてこのPT盤でスプリッタやパッチパネルなどによって分岐され、
各階へと分配されれることになるんですね。

集合住宅の光回線開通工事では、このPT盤での作業がメインとなりますから、
必ず事前にどこにあるのかを確認した方が良いですよ。

集合住宅によって違いますが、大抵は「MDF室」という電話や通信関係の配線が
まとめられている部屋に設置されていると思います。

規模の大きくない集合住宅だと、MDF室が無く、
管理人室内に設置されているということもあるかもしれません。

いずれにしても鍵が閉まっているでしょうし、
その集合住宅の住民だからと言って勝手に入って良い場所ではありません。

なので事前に場所を確認しておくとともに、
管理人さんや管理会社にお願いして鍵を開けておいてもらうようにしましょう。

MDF室ってどんなところ?

「MDF室」という言葉が出てきたので、ついでと言ってはなんですが、説明しておきます。

MDF室は、そのままMDFという設備が入っている部屋です。

じゃあMDFって何ってことですが、「Main Distributing Frame」の略で、
「主配線盤」と言われることもあります。

集合住宅では、各部屋ごとに電話回線を引いていたんでは収集がつかなくなるので、
一旦まとめて引き受けてから各部屋に分配する形になっています。

その「一旦まとめて引き受けて各部屋に分配する」ための設備がMDFなんですね。

先のPT盤も、
建物に引き込まれた光回線を一旦引き受けて各部屋に分配するという役目でしたよね。

実はMDFもPT盤も同じような役割を果たすんですが、MDFは電話回線用で、
PT盤は光回線用となります。

PT盤で分岐した光回線はPD盤でさらに分岐する

光回線はPT盤で分岐して、それぞれの階に分配されます。

1つの階に1つの部屋しかないのであればそれで良いんですが、
普通の集合住宅だと1つの階に複数の部屋がありますよね。

当然それぞれの部屋に光回線を分配しないといけないわけですから、
またここで分岐させないといけません。

PT盤で分岐して各階に分配された光回線を、
さらに分岐して各部屋に分配するのが「PD盤」なんです。

PD盤は、「Premise Distribution Cabinet」の略で、
「分岐配線盤」や「光ケーブル接続箱」などと言われることもあります。

集合住宅での光回線開通工事では、PT盤と並んで重要なポイントですから、
やはりPD盤の位置も事前に確認しておいた方が良いですね。

各階にある「IDF室」という部屋の中に設置されていることもありますし、
規模の大きくない集合住宅だと廊下の壁などに設置されている場合もあるようです。

廊下に設置されているなら良いですが、IDF室内に設置されている場合は、
工事の際に管理人さんや管理会社に鍵を開けておいてもらわないといけませんね。

IDF室って何?

先のMDF室に続いて、同じような名前の「IDF室」というものが出てきました。

MDF室と同じで、IDFが設置されている部屋のことです。

IDFは、「Intermediate Distribution Frame」の略で、
「中間配線盤」と言われることもあります。

勘の良い人はお気付きかもしれませんが、
MDFで各階に分配された電話回線を各部屋へ分配するのがIDFの役割です。

光回線におけるPD盤と同じ役割を、
電話回線の方で果たしているのがIDFというわけです。

やはり規模の大きくない集合住宅では、IDFは廊下に設置されていて、
IDF室という独立した部屋は設けられていない場合もあるそうです。

ついでに覚えておきたい「EPS室」

PT盤とPD盤、MDFとIDFとこれだけでも良いんですが、集合住宅で光回線の
開通工事に立ち会うならついでに「EPS室」というのも覚えておいた方が良いですよ。

EPSというのは、「Electric Pipe Space/Shaft」の略で、
電気関係や通信関係の配線を各階へと繋ぐために開けられた竪穴のことなんです。

集合住宅の配線方式が光配線方式だと、
PT盤からこのEPSを通ってPD盤へと光回線が繋げられます。

なので、最初に「ついで」と言いましたが、集合住宅の開通工事では
PT盤やPD盤に次いで重要なポイントと言っても良いぐらいです。

あとあとメンテナンスなどがしやすいように、
道路に面した位置に設置されていることが多いようですね。

ここも住民が勝手に立ち入れる場所ではないので、
管理人さんや管理会社に鍵を開けておいてもらいましょう。

ただし集合住宅が採用している配線方式によっては、
EPS室内での作業を必要としない場合もあります。

集合住宅の光回線開通工事は、配線方式によって内容が変わる

一戸建ての開通工事では、最寄りの電柱から光回線を宅内に引き込み、
光コンセントを設置、回線終端装置(ONU)を接続して終了となります。

もちろん家の大きさや電柱との位置関係、
また引き込む部屋の場所などによって多少工事内容が変わることもあります。

とは言え付帯工事が増えるだけのことで、
工事の基本的な流れとしては大体先のような形になる場合がほとんどです。

ところが集合住宅の場合は、採用している配線方式によって工事内容が大きく変わり、
工事費まで違ってくることがあるんです。

一般的な集合住宅で採用されている配線方式は
 ・光配線方式
 ・VDSL方式
 ・LAN方式の
の3種類のいずれかです。

いずれかとは言うものの、光配線方式を採用しているところが多く、
比較的新しく建てられた集合住宅だとほとんど光配線方式だと思います。

VDSL方式はまだしも、LAN方式を採用している物件はなかなかレアかもしれません。

現在でもLAN方式を採用しているのは、
築年数の長い集合住宅か規模の小さいアパートぐらいではないでしょうか。

光配線方式は一戸建てと同じような流れ

まず配線方式に関わらず、最寄りの電柱から共用部であるPT盤までは
光回線が開通している場合がほとんどだと思います。

先にも少し書きましたが、光配線方式ではPT盤で分岐した光回線はEPSを通って
自分の部屋がある階のPD盤まで引っ張ってこられます。

そしてPD盤でさらに分岐されて、自分の部屋へと引き込まれることになります。

部屋まで光回線が引き込まれたら、あとは光コンセントを設置して、
その光コンセントに回線終端装置(ONU)を接続すれば工事完了です。

PT盤~EPS~PD盤という流れはありますが、
部屋に回線が引き込まれてからの作業は一戸建ての場合と同じですね。

光配線方式の開通工事では、先に紹介した
 ・PT盤
 ・PD盤
 ・MDF室
 ・IDF室
 ・EPS室
全てで作業する可能性があります。

また「インターネット対応」の物件では、
既に部屋に光コンセントが設置されていることもあります。

この場合、PT盤から部屋に光回線を引き込んで光コンセントを設置するまでの作業が
不要となります。

宅内工事がほぼ不要となるので、工事費も通常より安くなる可能性が高いです。

ただ光コンセントが既に設置されていること知らずに開通工事をお願いしてしまうと、
特に作業をしていないのに、通常の工事費を請求されることがあります。

作業しなくても工事業者の人が現場まで来ているので仕方ないんですが、ムダなお金
ですから、光コンセントの有る無しは事前にしっかりチェックした方が良いですよ。

VDSL方式は電話回線を使って光回線を引き込む

VDSL方式では、部屋まで光回線を延ばすのではなく、
既存の電話回線を使って自分の部屋に光回線を開通させます。

まずPT盤まで来ている光回線を、LANケーブルなどを使って、
集合型回線終端装置そしてVDSL集合装置へと接続します。

ここからは電話回線を通って、
IDFで分岐されて自分の部屋へと光回線が引き込まれます。

光配線方式では光コンセントが設置されましたが、VDSL方式では電話の
モジュラージャックがその代わりとなり、VDSL宅内装置を接続して工事終了です。

VDSL方式ではMDF室とIDF室での作業がメインとなり、
物理的に光回線を部屋まで延ばさないので、EPS室内での作業は無いと思います。

LAN方式は工事不要?

最後にLAN方式ですが、光配線方式が光回線を直接引き込む、VDSL方式が
電話回線を使うのに対してLANケーブルを使って部屋に光回線を引き込みます。

まずPT盤まで来ている光回線をLANケーブルで集合型回線終端装置に繋ぎ、
さらにそこから自分の部屋までLANケーブルで繋がります。

部屋にLANコネクタが無い場合は設置工事が行われますが、
既にある場合は宅内作業はありません。

回線終端装置などの宅内装置は設置されませんから、
LANコネクタの工事が無ければ、MDF室やIDF室内での作業で終わりです。

LAN方式を採用している集合住宅は「インターネット対応物件」となっていることも多く、
工事不要の場合も少なくありません。

こういった物件では、光回線とプロバイダを契約するだけで光回線が使えますし、
場合によっては契約しなくても使える場合もあります。

ただし契約しなくても使える場合は、
家賃に光回線の料金が上乗せされていることもあるので注意が必要です。

別の光回線を使うことは可能?

集合住宅では、新築の場合を除いて、
共用部であるPT盤まで光回線が開通していることがほとんどです。

規模の大きいマンションだと2・3種類の光回線から選べることもあるかもしれませんが、
大抵の場合は1種類のみ他の選択肢がありません。

例えばPT盤まで来ているのがNTTのフレッツ光だと、
フレッツ光を使うしかないということです。

フレッツ光が悪いわけじゃないですが、他にもたくさん光回線サービスがあり、
できれば別の光回線を使いたいという場合もあると思います。

別の光回線を使う場合には、
最寄りの電柱から集合住宅に回線を引き込むところから工事をしないといけません。

通常のようにPT盤を経由する場合もあれば、
電柱から直接部屋に回線を引き込む場合もあります。

既にある回線とは別の回線を建物内に引き込む工事では、壁に穴を開けたり、
回線を固定するのにビス留めしたりと建物を傷つける恐れが非常に高くなっています。

賃貸や分譲に関わらず、集合住宅で建物に傷を付けるというのは嫌われますから、
管理人さんや管理会社の許可が下りにくくなっています。

また運よく許可が下りたとしても、集合住宅内で同じ回線を使っている人が
他に居なければ、工事費も料金も一戸建て用の割高なものになってしまいます。

工事の許可を貰うのに骨が折れる上に、工事費や料金が割高になるわけですから、
わざわざ別の回線を引き込むメリットはあまり無いと思いますよ。

-光回線の用語

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.