*

MDF室とは何?光回線の工事との関係は?

投稿日:

MDF室ってどこにある?というかそもそも何?

マンションやアパートなど集合住宅で光回線の工事をお願いすると、
業者の人から「MDF室」の鍵を開けておくように言われることがあると思います。

マンションやアパートに長く住んでいる人なら分かるでしょうが、初めて住む場合には
MDF室がどこにあるのか、そもそも何なのか分からなかったりします。

簡単に説明すると「MDF」というのは「主配線盤」のことであり、
建物全体の電話回線をまとめて管理するものなんですね。

そのMDFが置かれている部屋のことをMDF室というわけです。

部屋数の多い大規模なマンションだと、
文字通り「MDF室」として独立したスペースを設けている場合があります。

それほど規模の大きくないアパートなんかだと、
管理人室内にMDFが置かれていることもあるようですね。

場合によっては、室内ではなく廊下にMDFが設置されていることもあります。

マンションやアパートなど集合住宅の光回線の工事は、MDF室での作業が
メインとなるので、ここの鍵が開いていないと工事のしようがありません。

ですから、MDFがMDF室や管理人室内に置かれている場合は、
開通工事の当日に鍵を開けておいてもらわないといけないんですね。

MDF室や管理人室の鍵を住人が持っているはずがないので、集合住宅で光回線の
工事を行う際には管理さんや管理会社へ連絡を入れておかないといけませんよ。

EPS室の鍵を開けたり、IDFの位置も把握しておかないといけない場合も

マンションやアパートの光回線の工事では、MDF室だけでなく、
「EPS室」の鍵も開けておくように言われることもあります。

EPSというのは、電気や通信関係の配線を通すために建物の各階を跨ぐように
作られた竪穴のことです。

光回線を自分の部屋を引き込む場合も、当然このEPSを利用することになります。

なので、MDF室と同様に、場所を把握しておくのとともに管理人さんや管理会社に
お願いして鍵を開けておいてもらわないといけないんですね。

それから「IDF」の位置も聞かれる場合があります。

IDFは「中間配線盤」のことで、
MDFで分配された光回線をさらに分配する設備のことなんだとか。

簡単に言うと、電柱から引き込まれた光回線を各階に分配するのがMDFで、
各階に分配された光回線をその階にある各部屋に分配するのがIDFといった感じです。

IDFの位置については、工事業者の人が把握しているかもしれませんが、事前に
管理人さんなどに確認しておき、どこにあるかぐらいは把握しておいた方が良いですね。

また戸数が多いマンションだと、MDFと同じように、
独立した「IDF室」が設けられている場合もあるかもしれません。

IDF室がある場合には、
やはりそこの鍵も開けておいてもらうのも忘れないようにしましょう。

集合住宅の開通工事

MDFやEPS、IDFが何なのか分かったとしても、マンションやアパートの光回線の
工事ってどんなことをするのかよく分かりませんよね。

「工事」という言葉の響きだけで、
大勢の作業員が何日も掛けて行うなんてイメージを持っていたりするかもしれません。

そこで集合住宅の光回線の開通時に行われる工事の内容や工期、
その他注意点などについて詳しく見ていきたいと思います。

マンションやアパートなどの集合住宅では、
共用部であるMDF室まで光ファイバーケーブルが引かれている場合がほとんどです。

なので一戸建てのように、最寄りの電柱から建物内に回線を引き込む工事は必要無く、
MDF室から各部屋への配線工事のみとなります。

各部屋への配線方式は、
 ・光配線方式
 ・VDSL方式
 ・LAN方式
のいずれかとなっています。

光配線方式の場合は、電話の配管穴などを利用して部屋まで光回線を引き、
一戸建ての時と同様、宅内に光コンセントを設置し、ONUを接続します。

VDSL方式は、既存の電話線を使った配線方式で、
固定電話のモジュラージャックに専用の機器を設置するだけです。

LAN方式の場合は、各部屋まではLANケーブルを使って配線し、
宅内にはLANポートが設置されます。

VDSL方式とLAN方式は、
集合住宅の設備を使うためMDF室内で工事が完了する場合もあります。

開通工事の工期はどれぐらい?

開通工事の内容は分かりましたが、
気になるのはその工事にどのぐらいの時間が掛かるのかってことですよね。

まず光回線では、申し込んでから開通工事が行われるまでに時間が掛かります。

一戸建てだと1~2か月待たされることも珍しくありませんが、集合住宅の場合は
2週間から1か月と一戸建てに比べると多少早く行われることが多いようです。

ただ3月など工事業者の繁忙期ともなると、
工事までの期間がもっと長くなってしまうこともあります。

実際私の友人は、工事業者の繁忙期に当たってしまい、
開通工事は3か月先になると言われたそうです。

一人暮らしだと難しいかもしれませんが、こちらから日時を指定せずに工事業者の
都合に合わせることで、工事までの期間を短くすることができるかもしれませんよ。

工事自体に掛かる時間は?

開通工事が行われるまでは長い時間待たされますが、
工事自体にはそれほど時間は掛かりません。

一戸建ての場合は、電柱から宅内に回線を引き込んで光コンセントを設置することに
なりますから、長い場合には2時間30分ぐらい掛かることもあります。

しかし集合住宅の場合は、電柱から回線を引き込む作業が要りませんから、
大体1時間もあれば工事は終わると思います。

MDF室内での作業のみとなるVDSL方式やLAN方式であれば、
30分ぐらいで終わることもあるみたいですよ。

開通工事には立ち合いが必要

一戸建てにしろ集合住宅にしろ、
光回線の開通工事を行う際には必ず立ち合いが必要となります。

家の中に入って作業する必要があるわけですから、
立ち合いが必要なのは当然っちゃあ当然ですよね。

VDSL方式やLAN方式で宅内工事が不要な場合でも、マンションやアパート内に
工事業者が無断で入るわけにはいきませんから、やはり立ち合わないといけません。

いくら「盗まれるような物が無いから」と言って、
工事業者に家の鍵を預けて工事してもらうなんてことは絶対にできません。

立ち合うのは申込者本人でなくても良いので、
都合が悪いなら家族にお願いするも良し、何なら友人でも構いませんよ。

光回線の開通工事に掛かる費用は?

光回線の開通工事は誰でもできるわけではなく、専門の工事業者でないとできません。

特に一戸建ての場合は、電柱から回線を引っ張ってくるわけですから、
専門的な知識や技術を持っていないと危険ですよね。

それだけに開通工事の費用はある程度高額になってしまいます。

NTTのフレッツ光は
 ・一戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
で、光コラボレーションもこの料金設定になっているところが多いですね。

ただ光コラボレーションでも、ソフトバンク光やSo-net光だと24,000円ですし、
BIGLOBE光では27,000円~30,000円となっています。

フレッツ光とは全くの別回線であるauひかりは
 ・一戸建て・・・37,500円
 ・集合住宅・・・30,000円
ですし、NURO光に至っては40,000円とさらに高額です。

分割払いやキャンペーンで工事費負担を軽減

光回線の開通工事費はいずれも高額ではありますが、
一括で支払わないといけないわけではありません。

光コラボレーションを含むほとんどの光回線事業者では、
開通工事費の分割払いが可能となっています。

手数料や金利は発生しないので、
分割払いにすることで光回線開通の初期費用を大幅に抑えることができます。

ただし解約したり他の回線に乗り換える場合、分割払いが終わっていないと、
その時点で清算しないといけないので注意しましょう。

また回線事業者やプロバイダによっては、
開通工事費が無料になるキャンペーンが行われていることがあります。

工事費が発生しない「完全無料」のところもあれば、
分割払いにすることで毎月割引が受けられて「実質無料」になる場合もあります。

工事費が無料かどうかで光回線を選ぶ必要はありませんが、工事費は高額ですから、
できるだけ負担を軽くするためにはこうしたキャンペーンは利用したいですね。

光回線の工事ができないこともある?

光回線は開通工事をしないことには使うことができませんが、
場合によっては工事ができない場合もあるんです。

例えば、一戸建て・集合住宅に関わらず、
賃貸住宅で多いのは大家さんや管理会社の許可が貰えない場合です。

大家さんや管理会社は建物にキズが付くことを嫌がりますから、壁に穴を開けたり、
ビス留めが必要となる工事では許可が貰えないことが少なくありません。

お願いする側からすると「ケチくさい」と思うかもしれませんが、
自分が貸す側だとしたら、やっぱり建物にキズを付けられるのはイヤですよね。

契約書や利用規約に、「壁に穴を開けたりキズを付ける可能性のある工事は
許可しない」といったことが書かれていることもあるんですね。

ただ「退去時に原状回復する」ことを条件に、壁に穴を開けるなども含めて、
開通工事を行うことを許可してくれることがあります。

この場合は、穴を埋めたりしないといけないわけですから、
撤去時の費用が通常より高くなってしまう恐れがあるのは覚悟しないといけませんね。

光回線の開通工事ができないなら・・・

どういう理由であれ、
開通工事ができないことには自宅で光回線を使うことはできません。

しかし、今や生活に必要なインフラと言っても良いぐらいのインターネット回線が
自宅で使えないというのは、中々厳しいですよね。

そこで開通工事ができず光回線が使えない場合には、
工事不要なモバイルルーターを利用するというのも1つの方法です。

WiMAXやワイモバイルであれば、
モバイルルーターでも通信量無制限で使うことができます。

家の広さを考えると、モバイルルーターではWiFi出力が心許ないという場合には、
ホームルーターという選択肢もあります。

代表的なところとしてはソフトバンクの「SoftBankAir」というサービスや、
WiMAXの「L01」という機種ですね。

ホームルーターは持ち運びこそできませんが、モバイルルーターより
WiFi出力は強いので、家の中でWiFiが繋がらない部屋ができることはありません。

光回線に比べて多少通信速度が遅いとか、
安定性の面で劣るなどといったデメリットはあります。

しかし何らかの事情で工事ができない、あるいは工事をしたくないという場合には、
十分光回線の代わりとして使えると思いますよ。

-光回線の用語

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.