*

工事不要で使えるインターネットってどんなもの?

投稿日:

インターネット回線を引きたい、でも工事はイヤ・・・

電気・ガス・水道と並んで、
今や生活に欠かせないインフラとなりつつあるのが「インターネット回線」です。

スマホでもインターネットが使えるとは言え、スマホの通信量が限られていることを
考えるとやはりインターネット回線は欲しいところですね。

しかし自宅にインターネット回線を引くに当たって、いくつかネックになることがあります。

中でも、光回線を引く場合には宅内工事を行わないといけないというのは
結構大きなネックになるんじゃないでしょうか。

当然工事費が掛かりますし、
申し込んでから工事が行われるまで1か月ぐらい待たされるのもイヤですよね。

さらに工事業者とは言え、
知らない人を自宅に入れるということに抵抗を感じる場合もあるかもしれません。

そこで手間もお金も時間も掛かる工事が不要なインターネット回線を
いくつか紹介しましょう。

固定回線代わりに使えて持ち運びもできるモバイルルーター

工事不要でインターネットが使える代表格と言えば、
やはりモバイルルーターではないでしょうか。

モバイルルーターは、
それ自身が基地局から電波を受信する受信機の役割を果たします。

さらにスマホやパソコンなどの機器を接続するためのWiFi電波を発信しており、
WiFiルーターの役割も持っています。

工事不要でインターネットが使えるだけでなく、
自宅のWiFi環境まで整えてしまうスグレモノなんですね。

また持ち運びができるのもモバイルルーターの特徴で、
自宅だけでなく外出先など場所を選ばずに使うことができます。

一人暮らしの場合は、
仕事や学校に加えてプライベートでも家を空けることが多いですよね。

光回線のような固定回線は自宅に居る間しか使えませんから、
家を空けることが多い一人暮らしだとせっかくの光回線も「ムダ」になっちゃいます。

その点モバイルルーターは持ち運び可能ですから、
外出時でもムダなく使うことができるわけです。

さらに工事不要ですから、申し込んでから使い始めるまでが早いんです。

光回線だと申し込んでから実際にインターネットが使えるようになるまで、
大体1か月ぐらい掛かってしまいます。

モバイルルーターは遅くても2週間ぐらいで使い始められますし、
家電量販店などの店舗で申し込めばその日から使い始めることもできますよ。

モバイルルーターは本当に固定回線代わりになる?

モバイルルーターを固定回線代わりとして使うには、
やはり「通信制限」が気になりますよね。

スマホのように1か月で使える通信量に制限があるようでは、
工事不要だろうが持ち運びができようが、固定回線代わりとして使うには力不足です。

実際モバイルルーターによっては、スマホと同じように、
月間通信量に制限が設けられている場合が少なくありません。

例えばドコモのモバイルルーターは料金プランがスマホと共通ですし、
ソフトバンクのモバイルルーターも月間7GBまでしか使えなかったりします。

しかし中にはWiMAXやワイモバイルのように、
通信量無制限の料金プランを備えているモバイルルーターもあります。

現状通信量無制限プランがあるのはWiMAXとワイモバイルぐらいですが、
このいずれかであれば固定回線代わりとして十分に使えますよ。

3日間で10GBの制限があるが・・・

WiMAXとワイモバイルは通信量無制限なんですが、
光回線のように完全使い放題と言うわけじゃないんです。

実は月間通信量こそ無制限ですが、3日間の通信量が10GBに制限されています。

要するに3日間の合計通信量が10GBを超えると、
その翌日には通信速度が大幅に制限されてしまうということです。

いくら月間通信量が無制限でも、3日間で10GBしか使えないんじゃ、
固定回線としては使えないと思いますよね。

ところがこの3日間の制限は、月間通信量オーバーによる制限に比べると、
ものすごく緩いんです。

月間通信量オーバーによる制限では、
通信速度は最大128Kbpsとガラケー並にまで落ちてしまいます。

しかしWiMAXやワイモバイルの3日間の制限では、
通信速度は1Mbps前後出るようになっています。

1Mbpsだと、ネットサーフィンやSNSは「ちょっと重い」ぐらいで普通に使えますし、
動画も画質を落としさえすれば見られないことはありません。

また制限の期間も、以前は丸1日でしたが、
現在は18時頃から明けて2時頃までの約8時間となっています。

安定性に欠けるので、オンラインゲームには向かない

モバイルルーターが光回線に著しく劣る点を挙げるとすれば「通信の安定性」です。

基地局から家まで無線で繋がるモバイルルーターでは、
基地局から家まで有線で繋がる光回線に安定性の面ではどうしても敵いません。

頻繁ではありませんが通信が途切れることもありますし、
様々な要因で通信速度が乱高下するなど通信が不安定になりがちです。

また応答速度を表すPing値も、光回線に比べると大きく劣ります。

Ping値は数値が小さいほど、
操作した内容が画面内に反映されるまでのタイムラグが少なくなります。

オンラインゲームやオンライントレードなどのする場合には、
Ping値の小さい回線を使わないと不利になってしまうことがあるんです。

光回線のPing値が大体20ms前後なのに対して、
モバイルルーターでは80~100ms程度となっています。

100msを超えるとオンラインゲームには適さないとされており、
モバイルルーターはギリギリオンラインゲームができるレベルなんですね。

なのでオンラインゲームやオンライントレードをするという目的がある場合は、
固定回線代わりとしてモバイルルーターを使うのはオススメできません。

コンセントを挿すだけ使えるホームルーター

モバイルルーターと同じ回線を使うんですが、
据え置き型で自宅でのみ利用するホームルーターというものもあります。

代表的なホームルーターというと、
大手携帯キャリアであるソフトバンクの「SoftBankAir」やWiMAXの「L01」などです。

ホームルーターももちろん工事不要で、
コンセントに挿して電源を入れるだけでインターネットが使えるんです。

モバイルルーター同様、面倒な初期設定などは不要で、手元に届いたらすぐに使い始めることができます。

バッテリーが内蔵されておらず、外出先に持って行って使うということができません。

誰かが持ち出して家でインターネットが使えないという心配が無いので、
家族で使う場合にはモバイルルーターよりホームルーターの方が使いやすいですね。

通信量は無制限、SoftBankAirなら3日間の制限も無し

WiMAXのホームルーターであるL01が通信量無制限なのは当然として、
何とSoftBankAirも通信量無制限で使えるんです。

大手携帯キャリアの通信サービスで、
通信量無制限で使えるのは現状SoftBankAirぐらいかもしれません。

またWiMAXには3日間10GBという制限がありますが、
SoftBankAirには3日間の制限もありません。

ですからSoftBankAirは、光回線と同様に、
正真正銘の使い放題ということになりますね。

SoftBankAirは対応エリアが狭い・・・

緩いとは言え、WiMAXやワイモバイルのモバイルルーターには制限があることには
違いがありません。

そうするとWiMAXやワイモバイルよりも、SoftBankAirの方が
固定回線代わりとしては使い勝手が良いということになりそうですよね。

しかしSoftBankAirにも、「対応エリアの狭さ」という大きな弱点があります。

ソフトバンクは、以前はドコモやauに比べて対応エリアが狭いというイメージが
ありましたが、現在はそういったイメージも無く日本全国で使えますよね。

同じソフトバンクの回線を使うのであれば、
SoftBankAirも日本全国で使えるということになるんじゃないでしょうか?

確かにソフトバンクのスマホと同じ回線を使うのであれば日本全国で使えるんですが、
残念ながらSoftBankAirの回線はスマホとは別となっています。

SoftBankAirでは「AXGP」という回線をメインで使うんですが、
このAXGPの対応エリアが現状では非常に狭くなっています。

ソフトバンクの公式サイトにあるエリアマップだと、LTE回線と一緒になっているので、
AXGPの対応エリアが分かりにくいです。

AXGPの回線事業者である「WIRELESS PLANNING」という会社の公式サイトを見ると、
本当のAXGPのエリアマップが確認できます。

現状では都市部とその周辺地域ぐらいでしか利用できず、
都市部や幹線道路から離れた郊外に行くとほとんど繋がりません。

SoftBankAirは完全使い放題ではありますが、対応エリアが狭すぎて、
使いたくても使えないことも多いということなんですね。

インターネット完備の物件なら工事不要で光回線が使える

モバイルルーターやホームルーターには一長一短があり、
光回線より使い勝手が悪いと感じてしまうこともあります。

しかし光回線を使うには工事が必須ですから、工事をしたくないのであれば
モバイルルーターかホームルーターを使うしかありませんよね。

でもちょっと待ってください、実は工事不要で光回線が使える場合もあるんです。

住宅情報誌やサイトで物件情報を見ていると、
「インターネット完備」となっているマンションやアパートがあったりしますよね。

こういったインターネット完備のマンションやアパートでは、
工事をしなくても光回線が使えるようになっています。

インターネット完備のマンションやアパートは、宅内工事だけでなく
プロバイダ契約まで済んでおり、入居後すぐにインターネットが使えます。

工事はしたくない、でもモバイルルーターやホームルーターを使うのには
抵抗があるという場合には、インターネット完備の物件も1つの選択肢だと思いますよ。

「インターネット対応」は工事が必要

マンションやアパートなどでは、
「インターネット完備」ではなく「インターネット対応」となっている物件もあります。

インターネット完備の場合は工事不要なんですが、
インターネット対応の場合は宅内工事が必要です。

インターネット対応は、共用部まで回線が来ていますが、
各部屋までは回線が行き届いていない状態です。

なので入居後に開通工事を行い、
プロバイダ契約をしないことには自宅でインターネットが使えません。

ですから入居してすぐにインターネットを使いたいのであれば、
「インターネット対応」ではなく「インターネット完備」の物件でないとダメですよ。

インターネット完備物件のデメリット

工事不要で光回線が使えるのは大きなメリットですが、
インターネット完備物件にもデメリットはあります。

インターネット完備物件では、回線利用料やプロバイダ料が上乗せされて、
家賃が相場よりも高くなっていることが少なくありません。

ただ、個別で光回線を引くよりはかなり割安ですし、光回線がタダで使えるわけも
ないので家賃が高くなるのは当たり前と言えば当たり前です。

それからインターネット完備物件では、通信速度が遅いことが少なくないようです。

ネットの口コミを見ると、夜間などの利用者の増える時間帯では
通信速度が1Mbps以下まで落ちてしまうこともあるんだとか。

1Mbps以下となると、ネットサーフィンやSNSもままならなくなりますし、
動画は画質を落としても途切れ途切れで快適には見られません。

全てのインターネット完備物件がそうというわけではありませんが、
通信速度が遅い可能性があるというのは覚えておいた方が良いですよ。

通信速度が遅いからと言っても、インターネット完備物件では
他の光回線に乗り換えることができなくなっている場合もあります。

乗り換えることができたとしても、家賃には元の回線の料金が
上乗せされているわけですから、料金の二重払いとなってしまいかねません。

工事不要で光回線が使えるということで一見お得そうなインターネット完備物件ですが、
モバイルルーターなどと比べても決してデメリットは少なくないんですね。

フレッツ光を使っているなら、工事不要で乗り換え可能

工事不要で新たに光回線を引くというのは難しいですが、フレッツ光からドコモ光など
光コラボレーションへであれば工事不要で乗り換えることが可能です。

フレッツ光とドコモ光などの光コラボレーションは、
基本的に同じ回線を使うので、工事不要で乗り換えることができるんですね。

さらに、フレッツ光が契約期間中であっても違約金は発生しませんし、
プロバイダを変更しなければ、乗り換え費用もほとんど掛かりません。

ただし工事不要なのは、
あくまでフレッツ光から光コラボレーションへ乗り換える場合だけ。

ドコモ光からソフトバンク光などのように光コラボレーション同士の乗り換えや、
光コラボレーションからフレッツ光への乗り換えでは工事が必要です。

またフレッツ光や光コラボレーションからauひかりや電力会社系光回線に乗り換える
或いはその逆でも、工事をしないといけませんよ。

-WiFiの疑問

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.