*

工事不要なポケットWiFiは通信量無制限で使える?

投稿日:

工事なしでWiFiを使うには

一人暮らしなど新生活を始めるに当たって、
自宅に新しくインターネット回線を引きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

自宅で使うインターネット回線と言うと、まず光回線が思い浮かびますが、
光回線って開通するのに工事が必要なんですよね。

工事自体は大掛かりなものではないものの、立ち会わないといけませんし、
何より高額な工事費が必要になるかもしれないってのがイヤなところです。

また自宅に光回線を引いても、
WiFiを使えるようにするにはWiFiルーターを別途購入しないといけません。

高性能なものだと10,000円以上しますし、
面倒な初期設定をしなければいけないというのがネックだったりします。

工事不要で、面倒な初期設定などをしなくても簡単にWiFiが使えるとなると、
やはりポケットWiFiではないでしょうか。

確かにポケットWiFiなら工事不要で、簡単にWiFiが使えるのは分かるけど、
本当に光回線の代わりになるのかが疑問だという人も多いと思います。

そこでポケットWiFiのメリット・デメリットとともに、
本当に光回線の代わりになりうるのかどうかを詳しく見ていきましょう。

ポケットWiFiは開通にも撤去にも工事不要

ポケットWiFiの最大のメリットと言うと、
やはり何と言っても「工事不要」なところじゃないでしょうか。

先にも書きましたが、光回線の開通には工事が必要です。

インターネット完備のマンションで工事不要な場合もありますが、
大抵は光回線を導入するには開通工事が必要となります。

また光回線の開通工事では、光ファイバーケーブルを宅内に引き込むのに、
壁に穴を開けることもあります。

持ち家なら自分の判断でできますが、
賃貸物件だと大家さんや管理会社に許可を貰わないといけません。

マンションやアパートだと、
管理会社の取り決めで「壁に穴を開けてはならない」などとなっている場合もあります。

こうなると簡単に許可は貰えず、
光回線を自宅に導入したくてもできないということになってしまいます。

それから案外盲点になるのが、撤去工事です。

光回線の乗り換えや引っ越しで、これまで使ってきた光回線を解約することもあります。

理由はともかく、
解約して使わなくなった光回線を撤去するのにも工事が必要なんですね。

宅内工事が必要な場合は立ち会わないといけませんし、
その費用も結構バカになりません。

開通工事の費用は、ユーザーを呼び込むためのキャンペーンで、
無料になることも珍しくありません。

しかし撤去工事については、解約するユーザーを優遇する必要は無いので、
キャンペーンで無料になるなんてことはほぼ無いですね。

光回線によっては、撤去工事費用に30,000円以上掛かることもあります。

その点ポケットWiFiは工事不要ですから、賃貸物件であっても開通するのに
大家さんや管理会社の許可を取る必要がありません。

また乗り換える際も解約すれば良いだけですし、引っ越しの際も住所変更の
手続きさえすれば引っ越し先に持っていってそのまま使い続けることもできます。

開通や撤去に手間もお金も掛からないというのは、
ポケットWiFiの大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

申し込みから開通までが速い

開通に工事が不要ということは、申し込みをしてから実際に使えるようになるまでの
期間が短いってことでもあるんですよね。

工事が必要な光回線だと、
申し込んでから開通工事が行われるまで結構な期間待たないといけません。

運良く工事業者が忙しくない時期に当たったとして2週間、通常で1か月、
繁忙期に当たろうものなら3か月以上待たされることもあります。

最近はスマホという代替回線があるので多少なら待てるかもしれませんが、
それでも自宅でインターネット回線が1か月も使えないのは辛いですよね。

ポケットWiFiなら、遅くても10日から2週間、
早ければ申し込んだその日から使えるようになっています。

申し込んでから実際に使えるまでのスピード感も、
ポケットWiFiの大きなメリットの1つですね。

料金は光回線より安い?

工事不要なので初期費用が安く済むのは良いんですが、
肝心の毎月の料金は光回線より安いのでしょうか?

以前は胸を張って「ポケットWiFiの方が安い」と言えましたが、
2015年に光コラボレーションが始まってからは少し雲行きが変わってきました。

光コラボレーションはスマホで言うところの格安SIMみたいなものですから、
従来の光回線より料金が安いんですよね。

例えば光コラボレーションの中でも比較的高いと言われているドコモ光でも
 ・一戸建て・・・5,200円
 ・集合住宅・・・4,000円
となっています。

安いところだと一戸建てで4,000円台、集合住宅で3,000円台だったりします。

それに合わせるように従来からある光回線サービスも値下げを行い、中には
長期利用契約することで集合住宅で2,000円台になったりするところもあるんですよね。

対するポケットWiFiは、代表格であるWiMAXの料金が
 ・通常プラン(月間7GB)・・・3,696円
 ・ギガ放題プラン(無制限)・・・4,380円
となっています。

一戸建てなら光回線より安い場合が多いですが、
集合住宅となると光回線より高くなってしまうことも少なくないんですね。

かつては「安さ」もポケットWiFiの大きなメリットでしたが、
最近はメリットとまでは言えなくなってきているかもしれませんね。

通信量は無制限に使える?

ポケットWiFiを光回線の代わりとするためには、
通信量が無制限で使えるというのが最低条件となります。

スマホだけでなく、パソコンやタブレットなんかも繋ぐわけですし、
人によってはテレビや家庭用ゲーム機なんかでもネットを使うことがあります。

一人暮らしでもこれだけの機器でネットを使うとなると、
通信量に制限があるようでは使い勝手が悪いですよね。

ポケットWiFiでも、大手携帯キャリアであるドコモやソフトバンクを筆頭に、
通信量に制限が設けられているものは少なくありません。

しかしWiMAXやワイモバイルには、通信量無制限のプランが用意されています。

またソフトバンクでも、ポケットWiFiではなく、
「SoftBankAir」というホームルーターであれば通信量無制限で利用できます。

ちなみにauでポケットWiFiを申し込むと、WiMAXのものと使うことになります。
(auとWiMAXは同じKDDIグループ)

全てのポケットWiFiというわけにはいきませんが、
中には通信量無制限で使えるものもありますよ。

通信量無制限だが使い放題というわけじゃない

WiMAXやワイモバイルは通信量無制限ではありますが、
光回線のように使い放題かと言うと、そうではありません。

実は無制限なのは「月間通信量」であり、
「3日間の通信量」には10GBという制限が掛けられています。

直近3日間の合計通信量が10GBを超えると、翌日に速度制限を受けてしまいます。

10GBは結構な通信量で、
普通に使っている分には、3日間の合計でもそうそう超えることは無いと思います。

しかし高画質動画を長時間見るとか、
オンラインゲームをダウンロードしたりすると簡単に10GBを超えてしまうこともあります。
(しかも1日で)

なのでインターネットの使い方次第では、
この3日間で10GBという制限が大きなネックとなることも十分に考えられますね。

3日間の制限は緩い?

一般的に通信制限と言うと、通信速度がガラケー並にまで落ちてしまって
インターネットがほとんど使えない、というイメージが強いと思います。

たしかにWiMAXやワイモバイルでも、月間通信量オーバーによる制限では、
通信速度はガラケー並になってしまいます。

ところが3日間の制限については、実はそれほど厳しくないんです。

例えばWiMAXの場合、
3日間の制限を受けると通信速度は1Mbpsぐらいしか出なくなります。

通常WiMAXは、場所によっては100Mbps以上出ますから、
1Mbpsぐらいだとかなり遅いと言えます。

ただ1Mbpsぐらいの通信速度が出ていれば、
ネットサーフィンやSNSは「ちょっと重い」ぐらいで問題無く使えます。

また動画も、かなり画質を落とさないといけませんが、見られないことはありません。

さらに制限の期間については、以前は丸1日でしたが、
現在は18時頃から明けて2時頃までの約8時間となっています。

制限を受けるのは約8時間だけですし、制限を受けた状態でも
動画を見られなくはないわけですから、通信制限としてはかなり緩いですよね。

SoftBankAirには3日間の制限が無いが・・・

WiMAXやワイモバイルには3日間10GBという制限がありますが、
実はSoftBankAirには3日間の制限もありません。

なのでSoftBankAirは光回線と同じ正真正銘の使い放題!
・・・と言いたいところですが、そうとも言えないんです。

ソフトバンクのスマホユーザーはよくご存じかと思いますが、
ソフトバンクには通信量とは関係無い独自の通信制限が設けられています。

公式サイトの「SoftBankAirの速度制限などについて」というページに
 ・夜間など利用が集中する時間帯
 ・テレビ電話、動画や画像閲覧、ファイル交換、ソフトウェアダウンロードなどの利用
 ・特定エリアで通信がひっ迫
 ・通信のひっ迫の原因となる個人が特定され、今後もひっ迫の原因となる恐れがある
などの場合に速度制限を行うと書かれています。

2つ目以外はどこでも行っていることなので良いんですが、
2つ目は動画や画像を見ただけで通信速度が制限される恐れがあるってことです。

どのぐらいまで通信速度が落ちるのかも制限の期間も分かりませんし、
何よりいつ制限が掛かるのか分からないというのは怖いですよね。

それならWiMAXやワイモバイルのように「3日間で10GB」という明確な制限の
基準があって、制限の期間が分かっている方が使いやすいかもしれないですね。

通信速度は光回線に敵わない

インターネット回線の使い勝手を測る上で重要なのが「通信速度」です。

普通に使う分には10Mbpsも出ていれば十分なんですが、インターネットを使っていて
イライラしないためには通信速度が速いに越したことはありません。

通信速度に関しては、やはり光回線に軍配が上がります。

光回線の通信速度は最大1Gbpsという場合がほとんどで、
中にはNURO光のように最大2Gbpsというところもあります。

一方ポケットWiFiの通信速度は、WiMAXの一番速い機種でも
最大758Mbpsですし、SoftBankAirだと最大350Mbpsとなっています。

さらに、光回線は基地局から自宅までは有線で繋がっているのに対して、
ポケットWiFiは基地局と端末の間は無線接続です。

そのためポケットWiFiの方が通信速度の減退が大きく、
通信速度の実測値でも光回線には敵いません。

光回線は、条件が良ければ100Mbps以上は軽く出ますし、
場合によっては700Mbpsや800Mbps以上出ることもあるんです。

ところがポケットWiFiの場合は、条件が良くても100Mbpsぐらいまでが限界であり、
500mpbs以上出ることはほぼありません。

安定性も光回線の方が上

通信の安定においても、ポケットWiFiより光回線の方が上となっています。

自宅で光回線を使っていて、通信障害やメンテナンス工事でも無い限りは、
急に通信が途切れるなんてことはほとんどありません。

ところがポケットWiFiの場合、家の中でも場所によっては
電波が入りにくくなることがあり、急に通信が途切れてしまうこともあります。

またオンラインゲームをプレイする上で、
安定性とともに重要となるPing値(応答速度)も光回線の方が断然上です。

Ping値は数値が大きいほど、
プレイヤーの操作が画面内に反映されるまで時間が掛かり不利になります。

光回線のPing値は大体20ms前後で、
NURO光に至っては10ms以下になることも珍しくないんだとか。

それに対してポケットWiFiのPing値は、大体60~90msぐらいと言われています。

100ms以下でないとオンラインゲームに適しておらず、快適にプレイするには
60ms以下は欲しいとされているので、ポケットWiFiはギリギリなんです。

安定性の点においてもPing値の点においても、オンラインゲームをするのであれば、
ポケットWiFiはあまりオススメできないですね。

ポケットWiFiは光回線の代わりが務まる?

以上ポケットWiFiのメリットやデメリットについて見てきましたが、
結論として光回線の代わりが務まるのかどうかが気になりますよね。

私の独断と偏見ですが、インターネットの使い方次第では、
十分に光回線の代わりが務まるのではないでしょうか。

3日間の制限も、一人暮らしや夫婦2人ぐらいであればそうそう受けることは
無いでしょうし、動画をそれほど見ないのであれば気にする必要もないぐらいです。

安定性やPing値の問題も、
オンラインゲームをしないのであれば全く気にする必要はありません。

なのであくまで使い方次第ではありますが、十分光回線の代わりは務まると思いますよ。

-WiFiの疑問

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.