*

賃貸住宅のネット環境

レオネットで通信速度低下、その原因は通信制限?

投稿日:

レオネットに通信制限ってあるの?

家具家電付き賃貸物件として有名な「レオパレス21」では、
「レオネット」というインターネット回線も備え付けられています。

当然家賃とは別に利用料金が必要ですが、ネットだけなら月額2,000円程度です。

備え付けなので工事費は掛かりませんし、
他の光回線サービスよりも格安でインターネット回線を使うことができますね。

しかしこのレオネット、ネットの口コミなどでは「通信制限が掛かっているじゃないか」
と疑われるぐらい通信速度が遅くなることがあるそうなんです。

レオネットに限らず、大量のデータ通信が必要な作業を長時間行ったりすれば、
光回線でも通信制限を掛けられることはあります。

大量のデータ通信が必要な作業って特殊な作業ですし、普通にインターネットを
使っている分には大量のデータ通信が必要になることはあまり無いと思います。

またスマホやモバイルルーターのように、
本当に通信量などに制限を設けているという話も聞いたこと無いですしね。

しかし、レオネットで動画を見ていると、通信速度が遅くて止まってしまうことが
あるといった苦情もネットの口コミでは見掛けます。

ではレオネットで通信速度が極端に遅くなることがある原因は一体何のでしょうか?

レオネット通信速度低下の原因

レオネットが通信制限を疑われるほど通信速度が低下する原因の1つが、
「配線方式」にあります。

レオパレスは、いわゆる一戸建てではなく、
アパートやマンションなど集合住宅の物件がほとんどですよね。

こうした集合住宅で光回線を導入する場合、共用部から各部屋までの
配線方式によって通信速度が大きく変わってしまうこともあるんです。

レオパレスの物件では「LAN配線方式」が採用されている場合が多いようです。

このLAN配線方式では、共用部までは光ファイバーケーブルが通っており、
各部屋へはLANケーブルを使って分配しています。

この方式は、比較的簡単に光回線が導入できて費用も安いことから、
レオパレスだけでなくインターネット完備の集合住宅では結構採用されていたりします。

しかしこの方式では、
1本の回線を複数の部屋、場合によっては1棟全てで共有することになります。

ですから、休日や夜間など利用者が増える時間帯になると、
極端に通信速度が遅くなってしまうことがあるわけです。

回線の最大通信速度にも問題?

1本の回線を複数人で使ったとしても、回線の最大通信速度が速ければ、
利用者の多い時間帯でもそこまで通信速度が遅くならないこともあります。

一般的な光回線の最大通信速度は1Gbpsですから、
10部屋で共有すると単純な計算で100Mbpsは出ますよね。

実際は様々な要因で減退するので100Mbpsも出ませんが、
それでも10分の1の10Mbpsぐらいは出そうなものだと思います。

レオネットの最大通信速度は公表されていないのでハッキリとは分かりませんが、
同じ方式を用いている他のサービスから推測するに最大100Mbpsだと思われます。

最大100Mbpsだと、10部屋で共有する場合、
その時点で1部屋辺り最大10Mbpsしか出ないことになります。

当然そこから減退するわけですから、
場合によっては1Mbpsも出ないということにもなりかねないんですね。

レオネットに限らず、集合住宅で光回線の通信速度が極端に遅いというのは、
回線の最大通信速度にも原因があるんですね。

レオネットの実測値は?

ではレオネットは実際にどれぐらいの通信速度が出るのでしょうか?

ネットの口コミで調べてみたところ、
夜間は1Mbpsも出ないという意見が多く見られました。

酷い場合には100Kbpsちょっとと、
ガラケー並かそれ以下の通信速度しか出ないなんてこともあるようです。

ここまで来ると、通信制限を掛けられている方が通信速度は出るんじゃないかと
思っちゃうぐらいです。

100Kbpsはさすがに論外ですが、1Mbpsを切ると画像の読み込みすら少し時間が
掛かるようになり、ネットサーフィンやSNSですら「重い」と感じてしまいます。

WiFi接続に問題がある場合も

レオネットでは、「Life Stick」というUSBメモリのようなものをテレビに挿して
コンセントとLANポートに繋げば、それだけでWiFiも使えるようになります。

別途WiFiルーターを用意しなくて良いわけですから、
何かと物入りな一人暮らしにはありがたいですよね。

しかしこのLife Stickを使ったWiFi接続が原因で、
通信速度が大幅に落ちてしまうこともあるんです。

WiFiルーターでもそうですが、
こうした通信機器って電源入れっぱなしで使っていることも多いですよね。

ところがこうした機器は、電源が切れた時にいわゆる通信のゴミなどを
キレイに掃除して不具合などが起きないようにしていたりします。

電源が入りっぱなしだと、そうした掃除ができずにゴミが溜まり、
ちょっとした不具合を起こして通信速度を低下させてしまうことがあるんです。

昨日まで普通に使えていたのに、
今日になって急に通信速度が遅くなったということもあるかもしれません。

そういう場合には、一旦Life Stickの電源を落として10分ほど放置してから
電源を入れ直すと元に戻ることもあるみたいですよ。

有線接続しても通信速度はアップしない?

WiFi接続が原因で通信速度が落ちている場合、WiFi接続を止めて、
有線接続に切り替えると通信速度がアップすることがあります。

実際オンラインゲームをする場合には、ある程度の通信速度を確保するのと
安定性を向上させるのに有線接続した方が良いと言われています。

特に格闘ゲームやFPSといった高い安定性を求められるジャンルのゲームを
プレイする場合には、必須と言っても良いぐらいです。

レオネットでも、Life Stickを使わずに、
LANケーブルを使ってLANポートとパソコンなどを直接繋ぐことができます。

しかしレオネットの場合、
有線接続しても通信速度がアップしないということもあるんですね。

ネットの口コミには、WiFi接続で通信速度が遅いので有線接続に切り替えてみた
という意見も多く見られます。

中にはそれで大幅に改善したという声もあるんですが、
多くはちょっと速くなっただけだったりするんです。

具体的には、数百Kbpsだったものが1Mbps前後になったといったところです。

1Mbpsだと、ネットサーフィンやSNSは何とかできないことはないですが、
動画は画質を大幅に落とさないと見られません。

また安定性が向上しても、通信速度が1Mbpsぐらいしか出ないでは、
FPSなどのオンラインゲームを快適にプレイするのは難しいと思います。
(少なくとも3Mbps、できれば5Mbps以上は欲しい)

Life Stickに問題があるなら、有線接続で通信速度アップは期待できます。

しかし混雑などによって回線の通信速度が落ちている場合には、
有線接続ぐらいじゃあどうしようもないですね。

レオネットを解約して、別の回線と契約することはできる?

Life Stickの電源入れ直しで通信速度が速くなれば良いですが、
それ以外の原因だと改善するのは難しそうですよね。

では通信速度が不満なのでレオネットを解約し、
新たに別の光回線を引くということはできるのでしょうか?

レオパレスの公式サイトには、事前に管理会社などに相談すればレオネット以外の
光回線サービスも導入できる、というようなことが書かれています。

しかし同時に
 ・建物に傷を付けたり、穴を開けたりしてはいけない
 ・退室時には宅内機器などは全て撤去する
 ・建物や共用部の美観を損ねたり、他の入居者に迷惑を掛ける工事はお断り
といったことも掛かれています。

光回線の開通工事では、エアコンや固定電話の配管穴を利用して
宅内に光ファイバーケーブルを取り込むことが多くなっています。

ですから建物に穴を開けなくても良かったりするんですが、残念ながらレオパレスの
物件では構造上エアコンの配管穴にケーブルを通すのは難しいそうです。

また固定電話が設置されていないことも多いので、
固定電話の配管穴を利用するということも難しいんですね。

壁に穴を開けず、
配管穴も使わずに宅内に光ファイバーケーブルを取り込むのは難しいです。

なので、「建物に穴を開けてはいけない」という時点で、
レオネット以外の光回線を利用するというのはほぼ不可能になんですね。

せめてプロバイダを変えることはできる?

レオネットから他の光回線に乗り換えることができないなら、
せめてプロバイダぐらい変えることはできるんでしょうか?

他の光回線でもそうですが、
プロバイダによって通信速度が大きく左右されることがあるんですよね。

ですから、同じ回線を使っていても、
プロバイダを変えただけで通信速度が大幅にアップしたなんてことも実際にあります。

それならレオネットでも、
プロバイダを変えることで通信速度のアップが期待できそうですよね。

しかし残念ながら、レオネットはプロバイダ一体型のサービスであり、
プロバイダのみを変更するということはできません。

通信速度に不満があってもレオネットを使うしかない?

レオネットを解約して他の光回線を引くことも、
プロバイダを変えることもできないとなると、
レオパレスではレオネットを使う以外選択肢が無いということになってしまいますよね。

確かに「固定回線」については、光回線にしろケーブルテレビにしろ、
レオネット以外の回線を使うというのはほぼ無理だと思います。

しかしモバイル回線であれば、レオパレスでも導入することは難しくありません。

WiMAXやワイモバイルのモバイルルーターであったり、
SoftBankAirのようなホームルタータイプのモバイル回線もあります。

モバイルルーターやSoftBankAirなどは、スマホの回線と同じで、
導入するのに工事は必要ありません。

なので管理会社に相談したり、許可を貰ったりする必要もないんですね。

レオパレスに住んでいて、スマホを新しく契約したり、キャリア変更したりするのに、
いちいち管理会社に相談しないのと同じことです。

WiMAXやワイモバイルであれば、モバイルルーターでも
月間通信量無制限のプランがありますから、固定回線代わりとしても使えます。

さらにSoftBankAirの場合は、月間の通信量に加えて、
3日間の通信量にも制限がありません。
(WiMAXやワイモバイルは3日間で10GBの制限あり)

また一人暮らしだと、仕事や学校さらにはプライベートで遊びに行ったりと、
自宅を空けることも多いですよね。

レオネットのような固定回線は自宅に居ないと使えませんが、モバイルルーターで
あれば外出先でも使えるので、自宅に居ない時間が多くてもムダにならないんです。

ただ月額料金が4,000円ちょっとで、
レオネットに比べると料金負担が約2倍になってしまうのが痛いところでしょうか。

それでもレオネットより遥かに快適に使える可能性が高いですから、
レオパレスに住む際にはモバイルルーターも選択肢として入れておくと良いですよ。

-賃貸住宅のネット環境

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.