*

avastの「SafeZone Browser」の評判は?

投稿日:

セキュリティに特化したブラウザ「Avast SafeZone Browser」

インターネットサイトを見るのに必要なソフトウェアと言えば「ブラウザ」です。

ブラウザと言われてもピンと来ないかもしれませんが、
 ・Google Chrome
 ・Yahoo!
 ・Microsoft Edze
 ・Internet Explorer(IE)
など、インターネットサイトを見る際に立ち上げるソフトのことです。

ちなみに、iPhoneの「Safari」もブラウザですよ。

一般的にブラウザと言うと先に挙げたようなものが有名ですが、
実はこれら以外にも様々な機能に特化したブラウザがたくさんあるんです。

その1つがセキュリティ機能に特化した「Avast SafeZone Browser」です。

名前を見ても分かる通り、
無料でも使えるセキュリティソフトAvastが提供するブラウザソフトです。

以前はAvast有料版ユーザーでないと使えませんでしたが、
現在は無料版ユーザーでも使えるようになっています。

ただSafeZone Browserのみ使うことはできず、
Avastのセキュリティソフトとセットでないとインストールすることができません。

もちろんSafeZone Browserに料金は発生せず、無料で使えますよ。

ブラウザとしてのベースはGoogle Chromeと同じ

でもSafeZone Browserに限らず、
独自のブラウザって何か使いにくそうな感じがしますよね。

SafeZone BrowserにはAvast独自のセキュリティ機能が付いてはいるものの、
ブラウザとしてのベースはGoogle Chromeと同じなんです。

ともに「Chromium」というブラウザのオープンソースをベースとして作られています。

Google ChromeやSafeZone Browser以外だと、
「Opera」なんかもChromiumベースで作られているんですね。

またLinuxやMacOSに対応したパソコンでは、
Chromiumそのものをブラウザとして使うこともできます。

基本的な構造はGoogle Chromeと同じってことですから、
独特の操作感で使いにくそうって感じでもなさそうですね。

SafeZone Browserのセキュリティ機能

SafeZone Browserには、
実際どんなセキュリティ機能が搭載されているのか見てみましょう。

SafeZone Browserの主な標準装備機能は
 ・フィッシング対策
 ・トラッキング対策
 ・YouTubeダウンロード機能
 ・広告ブロック
 ・バンクモード
などとなっています。

「フィッシング対策」は、
何らかの悪意を持って作られているウェブサイトにアクセスしたり、
ウィルス付きファイルをダウンロードするのをブロックしてくれる機能です。

ウィルスに感染して乗っ取られたり、ランサムウェアによってロックされて「身代金」を
要求されたりといった危険からパソコンを守ってくれます。

セキュリティソフトでは基本的な機能ですが、ブラウザだと拡張機能として
追加する場合も多く、標準装備されているのは珍しいかもしれませんね。

トラッキング対策

アマゾンなどの通販サイトで、何度か買い物をしたり商品を検索すると、
その傾向に沿った商品をオススメされることがありますよね。

これは、会員だと商品の購入履歴や検索履歴が残るので、
通販サイト側がそれを利用してオススメ商品をピックアップして紹介しているんですね。

実は、ウェブサイトの運営会社やマーケティング会社、
広告会社などがブラウザを使って同じようなことをしている場合があるんです。

我々の知らない内に、
どのようなサイトを閲覧・利用しているのかを追跡して記録されていることがあります。

ある商品のサイトを閲覧してその後他のサイトにアクセスすると、
画面横などにさっき見た商品の広告バナーが出ていることって無いですか?

あれは完全にサイトの閲覧状況を追跡して、広告バナーに反映させています。

こうしたインターネット上の動きを追跡することを「トラッキング」と言うんですが、
SafeZone Browserではこのトラッキングができないようになっています。

これも基本は拡張機能であり、標準装備されているブラウザというのは珍しいですね。

YouTubeダウンロード機能

YouTubeに公開されている動画をダウンロードするソフトはたくさんありますが、
SafeZone Browserではそれが標準装備されています。

使い方は簡単で、SafeZone BrowserでYouTubeにアクセスして、
ダウンロードしたい動画のページを開きます。

動画再生ページでマウスのポインタを右上に持って行くと、
黄色地に下矢印白抜きのダウンロードボタンが出現するので、それをクリックするだけ。

ダウンロードした動画は指定したフォルダに保存され、
YouTubeにアクセスしなくてもいつでも見ることができるようになります。

ただし、
 ・著作権を侵害した動画をダウンロードする
 ・ダウンロードした動画を再配布する
といった行為は違法なので注意してください。

またSafeZone Browserで動画のダウンロード機能が使えるのはYouTubeのみで、
それ以外の動画配信サイトでは利用できません。

広告ブロック

ネットサーフィンをしていると、広告がウザい時ってありますよね。

何気なくリンク先に飛んでみると、
アクセスした途端にポップアップ画面がいくつも出てきたりなんてこと無いですか?

またサイトも広告だらけで、
目的の情報がどこにあるのかさえ分からないといったこともあるんじゃないでしょうか。

SafeZone Browserには広告ブロック機能があるので、
邪魔なポップアップ画面や広告を全てカットしてサイトを表示してくれます。

ただし、広告を全てカットするので、広告の多いサイトだと表示するのに
時間が掛かるいわゆる「重く」なってしまうこともあるんですね。

またサイトによっては、広告ブロック機能を無効にするような注意書きが表示され、
サイトの内容が読み取れないようになることもあります。

バンクモード

SafeZone Browserのセキュリティ機能で最も特徴的と言えるのが、
この「バンクモード」ではないでしょうか。

通販サイトなどでネットショッピングをする際には、どうしても個人情報を入力しないと
いけませんし、場合によってはクレジットカード情報も入力することになります。

通販サイトはセキュリティがしっかりしているとは言え、
ネットショッピングでは個人情報漏洩の危険が常に付きまとっています。

SafeZone Browserのバンクモードでは、
完全に隔離された状態でサイトの閲覧ができるようになっています。

なのでネットワーク上の問題で情報が漏洩することが無く、
傍受されて情報が盗まれる心配もありません。

さらに万が一自分の使っているパソコンにマルウェアなどのウィルスが
侵入していたとしても、バンクモードではその影響も受けにくくなっています。

お金の受け渡しや個人情報を入力するようなサイトを利用する際には、
あると非常に便利なモードとなっています。

SafeZone Browserのデメリット

標準装備でこれだけセキュリティ機能がしっかりしているなら、
使い勝手の良さそうなブラウザですよね。

しかし当然ながらSafeZone Browserにもデメリットがあります。

まずブラウザとして少し動作が「重い」ということがあるようです。

Google Chromeで言うところの拡張機能が標準装備されていますから、
動作が重くなってしまうのは仕方ないのかもしれませんね。

特に広告ブロック機能は、ユーザーにとってはありがたいんですが、イ
ンターネットが重くなる大きな原因の1つです。

「軽さ」ではさすがにGoogle Chromeには敵いませんが、IEと比べると断然SafeZone Browserの方が速いみたいですね。

なのでIEを日常的に使っているユーザーであれば、
SafeZone Browserの「重さ」は全く気にならないのではないでしょうか。

そのままだと動画が見られない

SafeZone BrowserにはYouTubeのダウンロード機能が標準装備されています。

しかしSafeZone Browserをインストールしたそのままでは、
何とYouTubeが見られないんです。

YouTubeのダウンロード機能は標準装備されているのに、
それを再生するための「Flashプレーヤー」は標準装備されていません。

なのでAdobe公式サイトなどでFlashプレーヤーを別途インストールして、
初めてYouTubeで動画が見られるようになるわけです。

Google Chromeなどでは当たり前のように標準装備されていますが、
こうしたいわゆる「マイナー」なブラウザでは時折あることです。

しかし動画のダウンロード機能があって、
動画を再生する機能が無いというのは何とも本末転倒のような気もしますが・・・。

標準装備されている機能以外、増やすことができない

Google Chromeには、
SafeZone Browserのような様々な機能は標準では装備されていません。

しかしChromeウェブストアに行くと、たくさんの拡張機能が用意されており、
自分の使い方に合ったカスタマイズができるようになっています。

SafeZone Browserと同じように、セキュリティ機能を強化することもできますし、
広告ブロック機能や動画ダウンロード機能を付けることもできます。

ところがSafeZone Browserでは、
標準装備されている以外の拡張機能を使うことができません。

もちろんChromeウェブストアにアクセスすることはできますが、
そこに用意されている拡張機能をインストールすることはできないようになっています。

SafeZone Browserはセキュリティ機能は充実していますが、
カスタマイズできないというのは人によっては大きな不満となりうるかもしれませんね。

SafeZone Browserが勝手にインストールされる!?

SafeZone Browserについてネットで調べていると、知らない内に
SafeZone Browserがインストールされていたという情報がちらほら見受けられました。

話を要約すると、ある日パソコンを開いたら、見知らぬショートカット作成されており、
それがSafeZone Browserだったとのことです。

アバストのセキュリティソフト無料版を使っていると起こる現象のようで、
どうやらアバスト側が意図的に仕込んだことではなくバグのせいみたいですね。

アバストが作っているブラウザですから安全なものではありますが、
それでも知らない内にインストールされるのは怖いですよね。

このバグはバージョンアップによって解消されているようで、現在はアバストの
無料版を使っていても勝手にインストールされることは無いと思います。

インターネット回線はなにを選べば良い?

インターネット回線の種類は主に2つです。

1.光回線やケーブルテレビなどの固定回線
2.WIMAXやポケットWIFIなどのモバイルルーター
 

1は物理的にLAN配線がつながっています。
マンションや戸建てなどの住んでいる環境にもよりますが
安定して速度がでるのがメリットです。
 

一方開通まで最短1ヶ月最長3ヶ月とか、インターネットするまでの日数に時間がかかります。
 

その点、2のモバイルルーターはモバイルルーターという端末の電源をいれれば、すぐにインターネットを始められます。
理由はスマホのように無線(WIFI)でインターネットできるからです。

ただ、注意してほしいのは、WIMAXとWIMAX以外のモバイルルーターでは大きな違いがあるということ。
 

参考:モバイルルーターで無制限はWIMAX以外?

 

上記の記事を見る時間がない方向けに、かんたんにいいますと
 
WIMAXは動画やネットをガンガン使う人向け。データ容量がほぼ無制限で使える(3日で10ギガの上限はあり)
ただし、環境によって電波が安定しない、速度が遅い場合がある。

 

WIMAX以外のモバイルルーターはスマホのようにデータ容量が月間20ギガ、30ギガなど上限があります。
 
その分料金もWIMAXよりも比較的安い(最安2000円台~)ので最近人気が出てきています。

電波のスマホと同じだからネットの速度も高速です。

WIMAX以外のモバイルルーターはネクストモバイルが最適です。
2000円台でネットできますので。
 


>>月額2,760円(税抜)~のWiFi

もっとざっくりいうと、値段を気にせずガンガンつかうぜの人→WIMAXが最適
 


 

コスパも速度もいいところどりしたい
→WIMAX以外のモバイルルーター(ネクストモバイル)



 
もう少し詳しく表現するとこのような表になります。

WIMAXとネクストモバイルどちらがいいのか?
個人的にはネクストモバイル一択です。

 

ソフトバンクの回線ですが、速度は夜間でも20mbps以上出ています。

 

格安SIMは遅いですが、この会社(ネクストモバイル)は一括してソフトバンクから
回線を借りているの安く、しかも高速でサービス提供できるのかなと推測しています。

 

ネクストモバイル以外も探したのですが、このコスパで20ギガ使えるかつ、高速なモバイルルーターはありませんでした。

 



  

価格も安くて速度も安定して早くて、データ容量も無制限なインターネット回線は残念ながらありません‥
 

自分のネット環境で何を重視したいか?データ容量なのか、安定した速度なのか、価格なのか、優先順位を決めて選ぶのがよいです。
 

以上ご参考になれば幸いです。

-セキュリティ関連情報

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2019 All Rights Reserved.