*

光ファイバー対応マンションとはどういうもの?

投稿日:

賃貸マンションで「光ファイバー対応」ってどういう意味?

賃貸物件の情報誌や情報サイトを見ていると、物件によっては
 ・インターネット対応
 ・光ファイバー対応
 ・インターネット完備
などと書かれていることがあります。

いずれも、何となくインターネットが使えるようになっている物件なんだろうな、
というのは分かりますよね。

でも、入居後に何もしなくてもすぐにインターネットが使えるのか、
もしくは何かしら手続きをしないとダメなのかまではよく分からないと思います。

そこで賃貸物件のインターネット「対応」と「完備」の違いについて、
詳しく見ていきましょう。

「インターネット対応」はマンションにインターネット回線が引かれているということ

まず「インターネット対応」ですが、これは最寄りの電柱などから
マンションの共用部までインターネット回線が通っているということです。

あくまで共用部までですから、各部屋でインターネットを使うためには、
共用部から部屋まで回線を引っ張って来ることになります。

一から開通工事をするより手間は掛からないものの、宅内工事が必要ですから、
入居者が立ち会わないといけません。

プロバイダへの申し込みや工事の依頼は入居者がすることになり、
費用も当然入居者持ちです。

マンションによっては、複数のインターネット回線から選ぶことができたりしますし、
回線は選べずにプロバイダしか選べない場合もあります。

場合によっては、回線もプロバイダも固定ということもあるかもしれませんね。

「光ファイバー対応」はマンションに光回線が引かれている

「インターネット対応」の物件では、管理会社などに確認しないと、
インターネット回線の種類が分かりません。

とは言え、現在のインターネット回線の主流は光回線ですから、
「インターネット対応=光回線対応」という場合が多いとは思います。

しかし場合によっては
 ・ADSL
 ・ケーブルテレビ
という可能性も否定できません。

その点「光ファイバー対応」となっているマンションなら、
共用部まで来ているのは間違いなく光回線です。

とは言え、インターネット対応の時と同じで光回線サービスを選べないことも
多いですし、プロバイダすら選べないこともありますよ。

「対応」物件に引っ越す場合、申し込みは早めに

実際に自宅で光回線の開通工事を行ったことがあると分かると思いますが、
申し込んでから工事が行われるまで結構待たされるんですよね。

1週間ぐらいなら早い方で、普通で2週間ぐらい、
工事業者の都合次第でも1か月以上待たされることもあります。

私の友人は、以前光回線を申し込んだ時、
開通工事まで何と3か月待ちだと言われたそうです。

3か月待たされることそうそう無いとは思いますが、
1か月ぐらい待たされることは珍しくないみたいですね。

最近はスマホでもインターネットができるとは言うものの、
引っ越してから1か月も家でインターネットが使えないというのは不便ですよね。

そこで「インターネット対応」や「光ファイバー対応」といった物件に引っ越す場合には、
早めにプロバイダへの申し込みを済ませておきましょう。

上手く行けば、引っ越しの直前に開通工事を終わらせ、
引っ越したその日からインターネットが使えるようにできるかもしれませんよ。

「インターネット完備」なら入居してすぐインターネット使える

「インターネット対応」だと共用部から部屋に回線を引っ張って来る工事が必要でした。

しかし「インターネット完備」の場合は、
すでに部屋までインターネット回線が通っている状態です。

それだけじゃなく回線やプロバイダとの契約も済んでいますから、
何もしなくても入居後すぐにインターネットが使えるようになっているんですね。

また「インターネット完備」のマンションでは、
インターネットが無料で使えるようになっていることも少なくありません。

すぐに使えてさらに無料で使える可能性もあるということに加えて、
工事に掛かる手間やお金が掛からないというのも大きなメリットです。

反面、回線やプロバイダを選べないというデメリットもあります。

最近は特定のキャリアのスマホとセットで使うことで、
毎月のスマホ代の割引が受けられる光回線サービスがあったりします。

ですから、先の「インターネット対応」や「光ファイバー対応」でもそうですが、
回線が選べないというのは結構大きなデメリットなのではないでしょうか。

インターネット無料って実は無料じゃない?

「インターネット完備」のマンションでは、
料金を払わなくてもインターネットが使えるようになっている場合があります。

通常、マンションのような集合住宅だと一戸建てより料金は安いとは言うものの、
それでも光回線なら月4,000円ぐらいは掛かります。

4,000円のものがタダで使えるわけですから、
お得以外の無いものでもないように思えますよね。

むしろ、
次引っ越す時には「インターネット完備」の物件から優先的に探したいと思うぐらいです。

ところが、無料とは言うものの、実際には無料じゃない場合も少なくないんです。

「インターネット完備」のマンションでは、
マンション全体でプロバイダと一括契約していることが多いです。

そうすることで、プロバイダは個別に契約しなくても、
一定数の利用者を確保することができます。

マンションの入居者側は、一括で契約することで料金が安くなる可能性があるので、
プロバイダ・入居者双方にメリットがあるんですね。

ただ料金が安くなる可能性があるだけで無料になるわけじゃなく、
当然契約している管理会社か管理組合が一括で料金を支払っています。

管理会社や管理組合は、家賃や管理費に料金分を上乗せして、
入居者から回収しているんです。

なのでインターネットが無料で使える物件は、
家賃が周辺の相場より高くなっていることも少なくありません。

「完備」物件のインターネットは通信速度が遅い?

一般的に、「インターネット完備」のマンションでは通信速度が遅いと言われています。

実際私は「インターネット完備」のマンションに住んだことが無いので分かりませんが、
ネットの口コミなどではよく目にする意見ですね。

「インターネット完備」のマンションで通信速度が遅くなる原因として考えられるのは、
1本の回線を複数の入居者で共有しているということです。

一戸建ての場合は1軒で1本の回線を使いますが、
マンションのような集合住宅では1本の回線を複数軒で使うことが多くなっています。

複数軒で共有することを前提にしているので、
通常でも一戸建てよりマンションの方が料金が安くなっているんですね。

回線を共有している部屋が一斉にインターネットを使うと、
当然通信速度は落ちてしまいます。

夜間や休日など通常でも混雑して通信速度が落ちやすい時間帯には、
顕著になるかもしれません。

ただ集合住宅では1本の回線を複数軒で共有するなんて当たり前のことだと思います。

ですから、程度の違いはあると思いますが、「インターネット完備」に限らず
マンションだと通信速度が遅くなりがちなのではないでしょうか。

セキュリティ面に不安も

「インターネット完備」のマンションでは、採用している分配方式によって、
セキュリティ面の不安も出てきます。

実際ある「インターネット完備」のマンションで、住民が共有している回線を通じて
他の住民のインターネット利用履歴を覗き見たということがあったそうです。

履歴を見られるだけでも気持ち悪いですし、
クレジットカード情報や個人情報を盗まれるなんてことになったら一大事ですよね。

なので「インターネット完備」のマンションに入居する際には、
事前に回線のセキュリティについて確認しておいた方が良いと思います。

さらにパソコンやスマホにセキュリティソフトを入れておくなど、
自分でできるセキュリティ対策も施しましょう。

インターネット対応や完備の物件で、他の回線を使うことはできる?

「インターネット対応」や「インターネット完備」のマンションで、
自分が使いたいと思っている回線が使えるとは限りません。

先にも書いたように、現在ではスマホとのセット割が受けられるサービスもありますから、
できるならセット割のある光回線を使いたいですよね。

では「インターネット対応」や「インターネット完備」の物件で、
対応している回線以外を使うことはできないのでしょうか?

すでに共用部や部屋まで引かれている回線以外は使えない、ということはありません。

管理会社や大家さんに相談して許可が貰えれば、他の回線を使うことはできます。

ただ管理会社や大家さんから他の回線を使う許可が貰える可能性は、
かなり低いと思っておいた方が良いかもしれません。

何軒か集まってのお願いならまだしも、1軒だけのために大掛かりな開通工事や
壁に穴を開けるなどいうのはなかなか許可できませんよね。

またマンション全体でその回線を使うことを前提に、
利用料金を安くしてもらっているということもあると思います。

いずれにしても、可能性はゼロではないものの、管理会社や大家さんから
他の回線を使うお許しを貰うというのは難しいのではないでしょうか。

許可が出たとしても、お得じゃないかも

運良く管理会社や大家さんから許可を貰ったとしても、
他の回線を使うのは金銭的にお得とは言えないと思います。

一から開通工事が必要ですから、
共用部から部屋までの開通工事よりも工事費が掛かるはずです。

また月額料金についても、いくらマンションと言っても
その回線を使っているのが1軒だけなら、一戸建ての料金が請求されます。

一戸建ての料金はマンションより月1,000円ほど高くなっています。

スマホとのセット割があったとしても、割引額によっては、
料金が高くなった分と相殺されてしまうかもしれません。

それから引っ越しで出ていく際には回線を撤去するように求められる可能性もあり、
そこでも費用が掛かります。

少なくとも5~6軒は集まらないことには、
他の回線を使っても金銭的にお得ではないんですね。

さらに「インターネット完備」のマンションだと、
家賃にインターネットの利用料金が含まれている場合があります。

そうすると、
使っている回線と使っていない回線の料金を二重に払うことになってしまいます。

他の回線を使いたいならモバイルルーターという選択も

「インターネット対応」のマンションで、すでに引かれている回線を使いたくない
というのであれば、モバイルルーターを使うという選択肢もあります。

光回線の場合は、大掛かりな開通工事が必要ですから、
当然管理会社や大家さんに許可を貰わないといけません。

しかしモバイルルーターであれば、工事は不要ですから、
別に管理会社や大家さんに許可を貰う必要はありません。

マンションに住んでいてスマホを契約するのに、
管理会社や大家さんに許可を貰わなくて良いのと同じことです。

引っ越しの際も住所変更だけで面倒な手続きは要りませんから、
引っ越しをする可能性が高い一人暮らしには特に良いのではないでしょうか。

モバイルルーターサービスには、WiMAXやSoftbank Airなどのように
スマホとのセット割が用意されているものもあります。

ただし「インターネット完備」のマンションでは、
やはり二重に料金を払うことになってしまうので、あまりオススメできませんね。

-光回線の疑問

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.