*

WiFiを使うのにプロバイダ契約って必要なの?

投稿日:

WiFiルーターがあれば自宅でWiFiが使える?

自宅でWiFiを使うのに、WiFiルーターが必要だということはご存知かと思います。

でも逆に、WiFiルーターさえあれば
自宅でWiFiが使えると思っている人も多いのではないでしょうか?

WiFiルーターはインターネット回線を無線化する機器であり、
WiFiルーターだけではインターネットは使えません。

WiFiルーターだけでもWiFi電波を飛ばすことはできますが、
WiFiルーター自体が回線に繋がっていないとインターネットは使えないんです。

そこで自宅でWiFiを使うためには何が必要なのか、
そしてそれらはどうして必要なのかを詳しく見ていきましょう。

まずは自宅でインターネットを使えるようにする

自宅でWiFiを使うためには、
まず自宅でインターネットが使えるようにしなければいけません。

主なインターネット回線と言うと、
 ・ADSL
 ・光回線
 ・ケーブルテレビ
などといったところでしょうか。

それ以外にも、スマホで使われるLTEやモバイルルーターのWiMAXなどの
いわゆるモバイル回線もれっきとしたインターネット回線ですね。

利用目的や住宅環境によって、それに見合った回線を選ぶと良いと思いますよ。

例えば自宅だけで使えれば良いというのであれば、通信に安定感があり、
通信速度も速く、通信量も無制限に使える「光回線」が良いのではないでしょうか。

インターネットに加えてCSなどの有料放送も観たいのなら、
ケーブルテレビもオススメですね。

最寄りの電線まで光回線が来ていないとか、賃貸住宅で工事の許可が下りないなど、
光回線やケーブルテレビを使いたくても使えない場合もあると思います。

そんな場合は、開通工事不要でインターネットが使えるモバイル回線もアリですね。

ただLTEは月間通信量に、WiMAXは3日間の通信量に制限があるので、
モバイル回線を自宅で使う場合には少し注意が必要かもしれませんね。

インターネットはプロバイダと契約しないと使えない

インターネットを使う上で、
インターネット回線と同じぐらい重要な役割を果たしているのが「プロバイダ」なんです。

自宅にインターネット回線を引いただけではインターネットは使えず、
インターネット回線とプロバイダがセットになって初めてインターネットが使えます。

インターネットを使うには「IPアドレス」というものが必要になるんですが、
それを発行しているのがプロバイダなんですね。

IPアドレスは、文字通りインターネット上の住所で、
インターネットを使う際には身分証明書のような働きをします。

例えるなら、インターネットの世界が「テーマパーク」で、回線はそこに行く「交通手段」、
そしてプロバイダはテーマパークに入るための「チケット売り場」みたいなものです。

プロバイダ不要のインターネット回線もある!?

インターネット回線によっては、
別途プロバイダ契約不要でインターネットが使えるというものもあります。

「Yahoo!BB」や電力会社系の「eo光」などは
別途プロバイダ契約無しで光回線が使えます。

またスマホで当たり前のようにインターネットを使っていると思いますが、
あれもプロバイダ契約なんてした覚えがないですよね。

そうすると「じゃあやっぱりインターネットを使うのにプロバイダなんて要らないじゃん」
と思うかもしれません。

実はこれらは回線事業者がプロバイダを兼ねているので、
別途プロバイダ契約が不要なだけなんですね。

スマホの場合も大手携帯キャリアがプロバイダを兼ねており、
 ・ドコモ・・・spモード
 ・au・・・LTE NET
 ・ソフトバンク・・・ウェブ使用料
がそれぞれプロバイダ料に相当します。

ワンストップサービスなので、
トラブル時や解約時などに連絡先が分かりやすいというのがメリットでしょうか。

反面、プロバイダが選べませんし、基本的にプロバイダ料込みの金額なので、
プロバイダ料が高いのか安いのか判断しにくいというデメリットもあります。

回線とプロバイダの契約が済んだらWiFiルーターを用意

回線とプロバイダの契約を済ませ、自宅でインターネットが使えるようになったら、
いよいよWiFiルーターの出番です。

WiFiルーターは、家電量販店や通販サイトなどで購入するか、
回線事業者やプロバイダからレンタルするかのいずれかで調達できます。

購入とレンタルどちらが良いかと言うと、
私個人としては購入するのをオススメしたいですね。

レンタルだと、月額300円ほどのレンタル料が必要となる場合がほとんどです。

WiFiルーターは安いものだと数千円で購入することもできますし、
普通に使っていれば2~3年で壊れることは無いと思います。

実際我が家のWiFiルーターは3年近く使っていますし、
私の友人に至っては5年以上使っていたりします。

機械なので1~2年で壊れる可能性も無くは無いですが、
数年間レンタル料を払い続けることを考えると、購入した方が安く済むんですね。

購入するなら通販サイトより家電量販店?

WiFiルーターを購入する場合、同じ機種でも、
通販サイトの方が安く購入できる可能性が高いですね。

過去にWiFiルーターの購入歴があり、自分がどの機種を使うべきか
分かっているのであれば、安く買える通販サイトの方が良いでしょう。

しかし初めてWiFiルーターを購入するというのであれば、
通販サイトより家電量販店に行った方が良いと思います。

通販サイトだと自分で選ばないといけませんが、家電量販店なら店員さんに
使い方や家の大きさに合った機種を勧めてもらうことができます。

詳しくは後述しますが、WiFiルーターって何でも良いってわけじゃなく、
特に家の大きさに見合ったものを使わないとかえって不便になっちゃうんですよね。

WiFiルーターの選び方

先にも少し書きましたが、WiFiルーターはどれでも同じ、
とりあえず値段の安いものを買っときゃ良いってわけじゃないんです。

実はWiFiルーターには、ワンルーム用や2階建て又は3LDK用など、
機種によって「推奨環境」というものが決まっています。

2階建てや3LDKでワンルーム用のWiFiルーターを使うと、
当然家の中でWiFiの電波が届ない部屋ができてしまいます。

また逆にワンルームで2階建て又は3LDK用を使うと、
隣の部屋や表の道路にまでWiFiの電波が届いてしまうことになるんです。

WiFiを使うにはパスワードが必要なんですが、場合によっては隣の部屋の人や
全く知らない第三者に不正利用される恐れも無いとは言えません。

WiFiルーターの推奨環境と値段の目安としては
 ・ワンルーム用・・・5,000円以下
 ・2階建て又は3LDK用・・・5,000~10,000円
 ・3階建て又は4LDK用・・・10,000円以上
といったところです。

またWiFiには規格があり、
古い規格にしか対応していないと十分な通信速度が出ないこともあるんですね。

なのでWiFiルーターを選ぶ際には、
最新規格である「11ac」に対応しているかどうかも確認しておいた方が良いですよ。

どうしてもWiFiの電波が届かない部屋があるなら中継器を使う

場合によっては、家が大きすぎて、
どの機種を使ってもWiFiの電波が家中に行き渡らないなんてこともあると思います。

またそれほど家が大きくなくても、部屋の位置関係や壁の材質などによって、
特定の部屋にWiFiの電波が届きにくいなんてこともあるかもしれません。

そんな場合には「中継器」を使うことで、WiFiの電波が届く範囲を広げることができます。

この中継器もWiFiルーター同様、
機種によってWiFiの電波を飛ばせる範囲が違っています。

なので初めて中継器を購入する場合には、通販サイトではなく、
家電量販店で店員さんに相談した方が良いと思いますよ。

WiFiルーターの設定は高いハードルになりうる

自宅でWiFiを使う上でもっとも高いハードルとなりうるのが、
「WiFiルーターの設定」です。

実際に設定を自分でしたことがある人は分かると思いますが、
マニュアル通りに進めているのにマニュアルとは違う画面が出てきたりするんですよね。

それでも機械に詳しければ対処できるんでしょうが、私のように機械が苦手だと
どうしようもなく、最初からやり直さないといけなかったりします。

私の友人は、WiFiルーターの設置から設定まで丸1日掛けたのに、
上手くできなかったそうです。
(後日機械に詳しい知り合いに頼むことに)

最近は、ちょっと値段が高くなるかもしれませんが、
ボタン1つ押すだけで面倒な設定不要という機種もあります。

また回線事業者やプロバイダによっては、インターネットに関する設定を
自宅に来て行ってくれる「訪問サービス」というオプションがあります。

訪問サービスは1回だけ無料というところもありますが、
少なくとも10,000円ぐらいは掛かると覚悟しておいた方が良いかもしれません。

いずれにしても多少お金は掛かりますが、丸1日掛けてもできない可能性を考えると、
設定不要な機種を選ぶか訪問サービスを利用した方が良いと思いますよ。

モバイルルーターなら手軽にWiFiが使える?

光回線をWiFi化するには、回線とプロバイダの契約、
WiFiルーターの設置・設定といったことが必要です。

ところがモバイルルーターの場合は、
回線とプロバイダの契約をするだけでWiFiが使えるようになります。

例えばWiMAXの場合、約20社のプロバイダから1社を選び契約、
そのプロバイダを通じて回線事業者であるUQWiMAXと契約します。

実際にはプロバイダに申し込むと、
プロバイダがUQWiMAXとの契約を代行してくれます。

あとはプロバイダから自宅に端末が送られてくるので、
パソコンやスマホなど通信機器側で接続設定をすればWiFiが使えるようになります。

光回線の開通には工事が必要で、
申し込んでから工事を行ってもらえるまで1か月ぐらい掛かることもあります。

その点モバイルルーターは工事不要で、その上ルーターの面倒な設定も不要ですから、
端末が手元に届いたらすぐに使うことができるんですね。

家電量販店など実店舗で申し込むと即日使い始めることもできますし、
ネットでの申し込みでは遅くとも1週間から10日で使い始められます。

一人暮らしならむしろモバイルルーターの方が良い?

ただしWiMAXの場合は、月間通信量こそ無制限ですが、
3日間で10GBという通信制限が設けられています。

WiMAX以外のモバイルルーターサービスでも、月間通信量に制限があったり、
月間通信量無制限でも3日間の制限があったりします。

なので3人以上の家族で使う場合には、かなり通信量に気を使わないといけません。

しかし一人暮らしとか夫婦2人ぐらいであれば、それほど気にしなくても、
3日間で10GBに達することはあまり無いと思います。

また一人暮らしだと今後引っ越しをする可能性も高いですよね。

なので一人暮らしなら、引っ越し手続きに手間とお金の掛かる光回線より、
住所変更だけでOKなモバイルルーターの方が使い勝手が良いかもしれませんね。

-WiFiの疑問

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.