*

アパートでWi-Fiを使いたいけど、どうすれば良いの?

投稿日:

アパートでWiFiを使うにはどうすれば良い?

初めての一人暮らしでアパートの部屋にWiFiが無い場合、
何をどうすればWiFiが使えるようになるのか分からないこともあると思います。

しかしアパートだろうがマンションだろうが、あるいは一戸建てだったとしても、
部屋でWiFiを使えるようにするのは難しいことではありません。

住居形態に関係無く、
 1.インターネット回線の契約
 2.WiFiルーターを使って無線化
 3.パソコンやスマホなどのWiFi接続
という手順になります。

インターネット回線の契約

まずインターネット回線の契約ですが、一戸建てだと好きな回線を選べますが、
アパートだと回線が選べなかったりするんですよね。

最近はアパートでも、各部屋まで光回線が通っている場合も少なくありませんし、
少なくとも共用部までは光回線が来ていることが多いです。

部屋や共用部まで特定の光回線が通っているからと言って、
別の光回線サービスが使えないというわけではありません。

大家さんや管理会社にお願いすれば、部屋や共用部まで来ている回線とは
別の光回線を自分の部屋まで引くことができる場合もあります。

ただこの場合、自分の部屋の開通工事だけでなく、最寄りの電柱から
アパート自体に光ファイバーケーブルを引き込む工事も必要となります。

こうなると、自分の部屋の開通工事だけよりも、当然費用も時間も掛かってしまいます。

また別途壁に穴を開けたりといった作業が必要になる場合もあり、大家さんや
管理会社に相談した時点で「NO」と言われることも多いにあり得ると思います。

特定の光回線をどうしても使いたいと言うならともかく、特にこだわりが無いのであれば、
手間とお金を考えても既に開通している回線を使うのが無難ではないでしょうか。

「インターネット完備」と「インターネット対応」の違い

ネットや雑誌でアパートの物件情報を見ていると、「インターネット完備」となっている
ものと「インターネット対応」となっているものがあります。

どちらもインターネットが使えるとというのは分かるんですが、
どう違うのかまではよく分からないですよね。

まず「インターネット完備」は、
部屋までインターネット回線が開通していることを表していります。

部屋には既に光コンセントやLANポートが備え付けれているので、
入居後に開通工事をしなくても良いんですね。

ですからインターネット回線の契約だけすれば、
入居後すぐにでもインターネットが使えるようになります。

ただしインターネット回線の選択肢はありませんし、
場合によってはプロバイダも固定されていることもあるんだとか。

対して「インターネット対応」は、
共用部までインターネット回線が開通しているということです。

共用部から部屋まで回線を引く工事が必要となりますから、工事業者の都合次第では
入居後すぐにはインターネットを使うことができないかもしれません。

こちらでも利用できるインターネット回線が決まっていることがほとんどですが、
複数の回線から選べる場合もまれにあります。

開通済みの回線以外を使うのは損?

アパートでは、各部屋までインターネット回線が開通している場合もありますし、
共用部まで開通している場合もあります。

しかし大家さんや管理会社にお願いすれば、断られることもありますが、
既に開通している回線とは別の回線を使うこともできます。

この場合一から開通工事が必要となるので、既に開通している回線を使うよりも、
手間もお金も掛かってしまいます。

お金が掛かるのは開通時だけでなく、
毎月の利用料金も既に開通している回線より高くなってしまう恐れがあるんです。

通常光回線だと、
一戸建てよりもアパートなどの集合住宅の利用料金の方が安くなっています。

例えばドコモ光だと、
 ・一戸建て・・・5,200円
 ・集合住宅・・・4,000円
と月に1,200円も違うんですね。

一戸建てが1軒で1本の回線を使うのに対して、集合住宅では1本の回線を
複数軒で共有するので、集合住宅の方が安く利用できるわけです。

光回線の料金は、住居形態で決まっているわけではなく、
同じ建物内で同じ回線を使う世帯がどれだけあるかで決まります。

ですからアパート内で自分と同じ回線を使っている人が他に居なければ、
一戸建ての利用料金を請求されることになります。

開通時の手間や費用は一時のことですから良いとしても、
毎月の料金が1,000円以上高くなるというのはちょっとキツいですよね。

なので利用できる回線を素直に利用するというのが賢明だと、私は思います。

WiFiルーターを使って無線化

アパートの部屋にインターネット回線が開通したら、
今度はWiFiルーターを使って無線化します。

機械いじりが好きな人は何の問題もありませんが、私のように機械が苦手だと
このWiFiルーターの設置が最も高いハードルとなります。

WiFiルーターをインターネット回線に接続して初期設定を行うんですが、
この初期設定が非常に面倒なんです。

マニュアル通りに進めているはずなのに、どこでどう間違ったのか、
マニュアルに無い画面が出てきたりするんですよね。

実際私の友人は、丸1日掛けてWiFiルーターの設定を行ったものの、
上手くできませんでした。
(後日機械に詳しい知り合いに頼んだそうです)

最近は、添付のCD-ROMで簡単に設定できるものや、
ボタン1つ押すだけで面倒な設定不要というWiFiルーターもあります。

WiFiルーターを選ぶ際には、多少値段が高くなっても、
できるだけ設定が簡単にできるものを選んだ方が良いですよ。

またプロバイダのオプションサービスに、WiFiルーターの設定を含むインターネットの
初期設定を一式を行ってくれる「訪問サポート」があったりします。

ただし数千円から10,000円ほどの料金が発生する場合もあります。

とは言え丸1日掛けてもできない恐れがあるわけですから、
機械が苦手なら訪問サポートを利用するのが良いと思いますよ。

WiFiルーターはどれでも良いわけじゃない?

WiFiルーターは、パソコンショップなどの専門店に行かなくても、
家電量販店や通販サイトでも簡単に購入することができます。

WiFiルーターは安いものだと2,000円ぐらいでも買えますし、
高いものだと20,000~30,000円するものもあります。

「とりあえず一番安いやつで」と値段で選ぶと、
実際使った時に使い勝手が悪いということにもなりかねません。

実はWiFiルーターは機種ごとに、
 ・ワンルーム
 ・2階建て又は3LDK
 ・3階建て又は4LDK
などと適した部屋や建物の大きさが決まっているんです。

ですから一戸建てでワンルーム用を使うと、
家の中でWiFiの電波が届かない部屋ができてしまう恐れがあります。

また逆にワンルームで3階建て又は4LDK用を使うと、
外の道路や隣の部屋までWiFiの電波が届いてしまうことになります。

WiFiは基本的にパスワードが分からないと使えませんが、
部屋の外まで電波が届くと不正利用される恐れも出てきます。

なので自分の部屋や家の大きさに合ったWiFiルーターを選んぶことも大事ですよ。

値段の目安としては
 ・ワンルーム・・・5,000円以下
 ・2階建て又は3LDK・・・5,000~10,000円
 ・3階建て又は4LDK・・・10,000円以上
といったところでしょうか。

レンタルか購入か

光回線事業者やプロバイダの中には、
WiFiルーターのレンタルサービスを行っているところもあります。

こうなると、WiFiルーターは購入した方が良いのか、
レンタルした方が良いのかというところでも迷っちゃいますよね。

人それぞれ考え方はあるでしょうが、私個人としては購入した方が良いかなと思います。

レンタルだと、
月300円とか500円といったレンタル料が必要となる場合も多くなっています。

WiFiルーターは普通に使っている分にはそうそう故障なんてしませんから、
少なくとも3年ぐらいは使えると思います。
(5年以上使っている友人も居ます)

月300円で3年となると10,000円以上ですから、単純に購入した方が安いんですね。

特にアパートで一人暮らしとなるとワンルーム用で十分だったりしますから、
1年ちょっとでレンタル料が購入費を超えてしまうことになります。

中にはレンタル料無料というプロバイダもあり、
そういう場合はレンタルした方がお得かもしれません。

しかしレンタル料が発生する場合には、単純に購入した方が安いわけですから、
購入した方が良いと思いますよ。

パソコンやスマホなどのWiFi接続

インターネット回線を引き、WiFiルーターを接続すれば、
この時点で自分の部屋のWiFi化は終了です。

あとはパソコンやスマホ、タブレットなど機器側をWiFi接続するだけ。

WiFiルーターの設定は結構ハードルが高いですが、
パソコンやスマホのWiFi接続設定はそれほど難しくありません。

簡単に手順だけ説明すると、まずWiFiルーターの側面や背面に記載されている
「SSID」と「パスワード」をメモします。

SSIDやパスワードが複数記載されている場合は、どれでも良いんですが、
一番初めにきさいされているもので良いと思います。

次に機器側の設定画面からWiFiの項目へと進み、WiFi機能をONにします。

すると利用できるネットワークが表示されるので、
先にメモしたSSIDと同じものを選択します。

パスワードが求められるので、
やはり先にメモしておいたパスワードを入力すればWiFi接続は完了です。

WiFiルーターの設定は機械が苦手だと高いハードルになりますが、
機器のWiFi接続設定は多少機械が苦手でも比較的に簡単にできると思いますよ。

アパートで一人暮らしならモバイルルーターもオススメ

自宅のWiFi環境を整える場合、
第一の選択肢は先の光回線にWiFiルーターを繋ぐという方法です。

実はもう1つ、モバイルルーターを使うという選択肢もあります。

一戸建てで家族で住んでいる場合はともかくとして、アパートで一人暮らしなら
むしろモバイルルーターを使う方が良いんじゃないとさえ思います。

モバイルルーターは、スマホと同じように、
無線通信ですから開通工事が必要ありません。

ですから、光回線だと使えるまで2週間から1か月ぐらい掛かりますが、
モバイルルーターだと遅くても10日ほど、早ければ即日使い始めることもできます。

開通工事が不要ですから、当然工事費も掛かりませんよね。

また光回線をWiFi化するにはWiFiルーターの設定が必要で、
これが人によっては高いハードルとなります。

ところがモバイルルーターは初期設定が施された状態で手元に届きますから、
面倒な設定を自分でする必要も無いんです。

導入段階で手間もお金も掛からないというのは大きな魅力ではないでしょうか。

モバイルルーターだとムダなく使える

モバイルルーターは持ち運んで使うことが前提ですから、
端末を持って行けば外出先でも使うことができます。

ところが光回線は自宅でしか使えませんから、
自分が自宅に居ない時にはムダになってしまうんですね。

家族で住んでいると誰かが居るから良いですが、一人暮らしだと仕事や学校、
さらにはプライベートと何かと自宅を空けることって多いですよね。

要するに、安くないお金を払って光回線を自宅に引いたのに、
使えない時間の方が多くなってしまう恐れがあるということです。

その点モバイルルーターは自宅ではもちろん外出先でも使えますから、
自宅でしか使えない光回線に比べてムダが少なくなります。

引っ越しの時も手軽

光回線の場合、
引っ越しでアパートから出ていくときに光回線の撤去を求められることもあります。

特に新たに光回線を引いた場合などは、撤去を求められる可能性が高いと思われます。

光回線の撤去には、開通の時と同様に、工事が必要となります。

出ていく部屋で撤去工事をして、新しく入居する部屋で開通工事をするとなると、
それだけでも費用がバカになりません。

その点モバイルルーターであれば、開通工事が不要ですから、
当然撤去工事なんてものも不要です。

公式サイトのマイページなどで住所変更の手続きさえしておけば、
面倒な手続きなしで、引っ越し先でも引き続き使うこともできます。

アパートで初めての一人暮らしだと、そこが「終の棲家」になる可能性は低いですよね。

就職や転勤、結婚あるいは転職など、
色々な理由で引っ越しをせざるをえなくなることも出てくると思います。

ただでさえ引っ越しにはお金も手間も掛かるんですが、インターネット回線ぐらい
手間もお金も掛からないものにしておくのも良いんじゃないでしょうか。

ただしモバイルルーターにもデメリットはある

開通や撤去に工事が不要だったり、面倒な設定を自分でしなくて良かったり
などといったメリットがモバイルルーターにはあります。

しかしメリットがあればデメリットもあるのが当然で、
モバイルルーターにもデメリットはあります。

まず何と言っても「対応エリア」の問題があります。

光回線は、NTTのフレッツ光や光コラボレーションであればほぼ日本全国で
利用することができます。

ところがモバイルルーターは、フレッツ光などに比べると対応エリアが狭く、
利用できない地域もまだまだ少なくありません。

例えば通信量無制限のプランがあるWiMAXは、
一部の山間部や離島では利用することができません。

同じく無制限プランのあるワイモバイルも、
無制限プランが利用できるのは都市部とその周辺の地域のみとなっています。

また通信の安定性や通信速度でも光回線に及びません。

なので、オンラインゲームなどインターネットの使い方によっては、
モバイルルーターは適していない場合もあります。

アパートでWiFiを使うなら

アパートでWiFiを使う場合、
基本的には既に開通しているインターネット回線を使う方が良いと思います。

大掛かりな工事は不要ですし、
工事費が掛からないので新たに引くよりは費用も少なくて済みます。

何より大家さんや管理会社を説得するという手間が掛からないのが一番良いですよね。

また光回線ではなくモバイルルーターを使うというのも1つの方法です。

こちらは導入に手間もお金も一切掛かりませんし、
ルーターの初期設定という高いハードルが無いというのも大きな魅力です。

アパートでの生活、特に初めての一人暮らしとなると、
何かとバタバタしますしお金も掛かります。

なのでWiFi環境ぐらいは、
できるだけ手間もお金も掛からないものを選んだ方が良いですよ。

-賃貸住宅のネット環境

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.