*

○○をWIFIにつなげる方法

ノートパソコンをWiFi接続するって思ったより簡単?

投稿日:

自宅のノートパソコンを繋ぐのって難しい?

折角ノートパソコンを使っているのに、
自宅では有線接続してインターネットを使っているなんて人も居るんじゃないでしょうか。

どうせならWiFi接続して、自宅の中でも場所を選ばずに
ノートパソコンでインターネットが使える方が良いですよね。

でも機会が苦手だと、「WiFi」って言葉を聞くだけで頭に?がいくつも浮かびますし、
そもそもどうやったらWiFi環境が作れるのか分からなかったりします。

だからと言って、自宅でWiFiを使うのを諦めてしまうのはもったいない!

実は自宅をWiFi環境にしたり、ノートパソコンをWiFi接続するのって、
全然難しくないんです。

実際私もバリバリの文系で機械音痴ですが、自宅では光回線をWiFi化し、
パソコンだけでなくスマホやタブレットもWiFiに繋いで使っています。

そこで機械音痴の私が、機械が苦手な人にも分かるように、
WiFiについて色々と解説しちゃいましょう。

自宅のWiFi化にはインターネット回線の契約から

自宅のWiFi環境を整えるためには、まずインターネット回線が必要です。

代表的なところで言うと、
 ・光回線
 ・ADSL
などで、スマホの回線も立派なインターネット回線ですね。

スマホの回線も、テザリングという機能を使えばWiFiとして使うことができます。

ただスマホの回線は使える通信量に制限がありますから、
パソコンを接続するとすぐに通信制限に引っかかってしまいます。

なので通信量を気にせず使うためには、
光回線やADSLといったいわゆる固定回線の方が良いですよ。

機械が苦手な人にありがちなのが、
WiFiを光回線やADSLなどと同じインターネット回線の1つだと思っていることです。

WiFiは単なる電波の種類でしかありませんから、
WiFiというサービスを契約すれば使えるようになるわけではありませんよ。

光回線やADSLのWiFi化にはWiFiルーター

光回線やADSLを契約しただけだと、
パソコンなどは有線接続しないとインターネットを使うことができません。

自宅の引いた光回線やADSLをWiFi化するには、
WiFiルーター(無線LANルーター)という機器が必要です。

WiFiルーターは、回線事業者やプロバイダでレンタルできることもありますし、
家電量販店や通販サイトで簡単に購入することができます。

WiFiルーターには機種によって、
ワンルーム用や2階建て又は2LDK用など対応する部屋数や階数が違っています。

値段の目安としては
 ・ワンルーム用・・・5,000円以下
 ・2階建て又は3LDK用・・・5,000~10,000円
 ・3階建て又は4LDK用・・・10,000円以上
といったところでしょうか。

パソコンがWiFiに対応しているかどうかも確認

念のために、
自宅で使っているパソコンがWiFiに対応しているかも確認しておきましょう。

スマホやタブレットは無線通信することが前提なので、
WiFiの受信器が必ず内蔵されています。

しかしパソコンの場合は、有線接続できますし、
値段や設計上の問題などでWiFiの受信器が内蔵されていないこともあります。

とは言えノートパソコンであれば、余程古い機種でない限りは、
WiFi受信器が内蔵されているはずです。

ただデスクトップパソコンに関しては、
比較的新しい機種でもWiFi受信器が内蔵されていなかったりします。

確認と言っても大袈裟なものではなく、
パソコン本体の側面や背面にWiFiのロゴがあるかどうかを探すだけです。

もし無い場合でも、パソコンの設定画面でネットワークやインターネット関連のページに
WiFiの項目があれば問題ありません。

WiFiに対応していないパソコンであっても、市販されているUSB型のWiFi受信機を使えばWiFi接続は可能ですよ。

ちなみにWiFi受信機は、通販サイトで1,000円前後で購入することができます。

WiFiルーターの接続、ここまでは簡単

自宅にインターネット回線が開通し、WiFiルーターも用意、使っているパソコンが
WiFi対応していることを確認したら、いよいよこれらを接続していきます。

インターネット回線が開通したら、光回線だと「ONU」、
ADSLだと「モデム」という機器が設置されているはずです。

開通工事の際に業者から説明があると思いますが、
一応ONUやモデムがどれなのか確認しておくと良いですよ。
(すぐ分かるとは思いますが)

そのONUやモデムとWiFiルーターをLANケーブルで接続します。

それぞれの側面や背面に「LANポート」という四角い穴がありますから、
そこにWiFiルーターを買った際に付いてくるLANケーブルをそれぞれ挿します。
(電源アダプタもコンセントに繋ぐ)

この際WiFiルーター側には1つだけ色の違うLANポートがあるはずなので、
ONUやモデムと繋ぐLANケーブルは必ずその色違うLANポートに挿してください。

WiFiルーターの接続はこれで終了、あとはWiFiルーターの設定へと入っていきます。

ここが一番の正念場、WiFiルーターの設定

私のような機械音痴にとって、
インターネット回線のWiFi化で一番の正念場がこの「WiFiルーターの設定」です。

とは言え最近のWiFiルーターは、添付のCD-ROMを使って簡単に設定できたり、
ボタン1つ押すだけで設定できてしまう機種もあります。

このWiFiルーターの設定が上手く行かず、WiFi化を諦めてしまう人が多いですから、
できるだけ設定が簡単な機種を選ぶようにしましょう。

WiFiルーターの設定の手順を説明しておくと、
まずWiFiルーターとパソコンをLANケーブルで有線接続します。

接続したら5分ほど待ち、パソコンでGoogleなどのブラウザを立ち上げてみます。

それで普通にGoogleの画面が表示されれば、
WiFiルーターの設定は必要ありません。

「表示できません」という画面が出た場合には、
添付のCD-ROMをパソコンにセットし、設定ツールを立ち上げます。

指示に従って進めていくと「ユーザー名」と「パスワード」の入力を求められるので、
WiFiルーターの説明書などに書かれているユーザー名とパスワードを入力します。

場合によっては、回線自体のIDやパスワードの入力も求められることがあるので、
回線の契約書類も用意しておいた方が良いですね。

あとはパソコンをWiFi接続するだけ

このWiFiルーターの設定さえ乗り越えてしまえば、
回線のWiFi化は終わったも同然です。

あとはパソコンなどの機器をWiFi接続するだけ、
この接続設定はWiFiルーターの設定に比べればものすごく簡単。

WiFiルーターの設定が完了したら、
WiFiルーターとパソコンを繋いでいるLANケーブルを外します。

そしてWiFiルーターの側面か背面に記載されている「SSID」と「パスワード」を
メモしておきます。

WiFiルーターの機種によっては、
SSIDやパスワードが記載されているカードが入っている場合もあります。

SSIDとパスワードが複数記載されている場合は、どれでも良いんですが、
とりあえず一番最初のものを使いましょう。

パソコンの設定画面からWiFiのページへ進み、WiFi機能をONにすると、
接続可能なネットワークが表示されます。

メモしたSSIDと一致するネットワークをクリックするとパスワードの入力が
求められるので、こちらもメモしたパスワードを入力すればWiFi接続完了です。

ちなみにスマホやタブレットのWiFi接続も同じで、
設定画面からWiFiページへ飛び、SSIDを選択してパスワードを入力すればOK。

いくら簡単でも自分にはできそうもないし、やりたくない!

どうですか?
インターネット回線のWiFi化って思っていたより簡単じゃなかったですか?

これ以上ないというぐらい簡単に説明したつもりですが、私の文章力が拙いので、
全然理解できなかったという人も少なからず居ると思います。

ただ、WiFiルーターの設定ができそうもないからと言って、
回線のWiFi化を諦める必要はありません。

実はもっと簡単にWiFiが使えるようになる方法があります。

まず契約している回線やプロバイダに、
オプションとして接続設定の訪問サポートが無いかを確認してみましょう。

訪問サポートは担当者が自宅まで来て面倒な設定を一式行ってくれるので、
そういうオプションが有るなら迷わずお願いしましょう。

ただし場合によっては、
数千円から10,000円程度の料金が発生してしまうことがあります。

とは言え私の友人は、WiFiルーターの設定が上手くできず、
休日を丸1日潰したことがあります。

なので自分で設定できるという自信が無いなら、多少お金を払ってでも、
訪問サポートをお願いした方が良いと私は思いますよ。

モバイルルーターなら面倒な設定不要

もう1つの方法としては、インターネット回線を光回線などの固定回線ではなく、
モバイル回線にするということです。

WiMAXやワイモバイルなどのモバイルルーターであれば、
手元に届いた時点で初期設定が施されています。

ですから、あとはパソコンやスマホ、タブレットなど機器側のWiFi接続設定をするだけ。

光回線など固定回線とWiFiルーターを使うより、
はるかに簡単にWiFi環境を作ることができるんですね。

ただモバイルルーターはWiFi出力が弱く、ワンルームならともかく、
一戸建てや部屋数の多いマンションとなるとちょっと使い勝手が悪いです。

そんな場合は、WiMAXやSoftbank Airのホームルーターがオススメです。

ホームルーターはモバイルルーターに比べて受信感度も良いですし、
何より2階建てでも3階建てでも家中にWiFi電波が届きます。

料金も通信量無制限のプランで月額4,300円ぐらいですから、
一戸建てで光回線を使うよりは安く済みます。

モバイルルーターにしろホームルーターにしろ、
最大の弱点が対応エリアが狭いということです。

光回線はNTTのフレッツ光であればほぼ日本全国で利用できますよね。

ところがWiMAXは一部の山間部や離島には電波が届いていませんし、
Softbank Airは都市部とその周辺の地域でしか利用できません。

なので電波が届いている地域の人に限られますが、
面倒な設定不要でWiFi環境を作るならモバイル回線もアリだと思いますよ。

WiFiについて、今さら人に聞けないこと

WiFiの接続方法について色々と書いてきましたが、
WiFiのもっと基本的なことが知りたいということもあろうかと思います。

そこで今さら人に聞けない、WiFiに関する疑問をQ&A形式で見ていきましょう。

そもそもWiFiって何?

「WiFi(ワイファイ)」というのは無線LAN規格の1つで、
無線通信の一種だと覚えておくだけで大丈夫です。

先の説明では「WiFiルーター」と書きましたが、
「無線LANルーター」と言った方が正しいかもしれません。

実際家電量販店や通販サイトでは「無線LANルーター」として売られていることが
多いのではないでしょうか。

とは言え、家電量販店で店員さんに「WiFiルーターはどこ?」と聞けば、
無線LANルーター売場に連れて行ってくれるはずです。

また通販サイトでWiFiルーターと検索すれば、無線LANルーターが出てきます。

WiFiを使うのに料金は必要?

固定回線にしろモバイル回線にしろ、
インターネット回線を利用するには料金が必要です。

また購入するにしろレンタルするにしろ、
WiFiルーターを調達するのにもお金が掛かります。

しかしWiFiは、WiFiルーターとパソコンなどの機器を無線で繋ぐだけですから、
料金は必要ありません。

なので「WiFiを使うには別途オプション料金が掛かる」なんて言う業者は、
間違いなく悪徳業者なので気を付けましょう。

パソコンが無くてもWiFiルーターの設定はできる?

確かに少し前まではパソコンが無いと、
固定回線の初期設定もWiFiルーターの設定もできませんでした。

しかし最近はスマホやタブレットでもできるようになっていますし、
設定用の専用アプリが用意されている場合もあります。

固定電話が無くても固定回線を引いてWiFiを使うことはできる?

最近は電話はスマホだけで、自宅に固定電話を引いていないという人も多いですよね。

モバイル回線はもちろん、
光回線を引くのに特に固定電話が必要ということはありません。

ADSLも、以前は固定電話回線が必須でしたが、
現在では固定電話を契約していなくても利用できます。

どうでしょう、WiFiのことやその接続方法について少しでも分かってもらえたでしょうか。

自宅のWiFi環境を整えるのはそれほど難しいことではありませんし、
一切手間を掛けずにWiFi環境を作る方法もあります。

なので「自分は機械音痴だから」と諦めずに、
快適なインターネットライフのためWiFi環境作りにチャレンジしてみてください。

-○○をWIFIにつなげる方法

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.