*

繋がりやすいモバイルルーターを使いたい!

投稿日:

モバイルルーターでもっとも繋がりやすいのは?

外出時などのメイン回線・サブ回線としてすでにモバイルルーターを使っている人も
多いでしょうし、これからモバイルルーターを使おうと思っている人も居ると思います。

モバイルルーターを利用する上では、もちろん料金の安さもありますが、
「繋がりやすさ」がやっぱり重要ですよね。

電波が繋がりにくいモバイルルーターだと、
使いたいときに使えないなど使い勝手が悪いです。

スマホの場合、大手携帯キャリア3社とも「LTE」という大きく分類すると
同じ種類の電波を使っているので、繋がりやすさに大きな違いはありません。

しかしモバイルルーターの場合は、キャリアごとに使っている電波が違いますから、
繋がりやすさにも多少の違いがあります。

では、もっとも繋がりやすいモバイルルーターはどれなのでしょうか?

スマホやモバイルルーターで使われる「モバイル回線」は、
利用する地域や周辺の環境によって繋がりやすさが大いに左右されます。

なので、どのモバイルルーターが一番繋がりやすいとは言いにくい面もあるんですね。

ただ、一番かどうかはともかくとして、比較的繋がりやすいモバイルルーターを
挙げるとすれば、スマホと同じ「LTE」を使うモバイルルーターではないでしょうか。

LTEだとなぜ繋がりやすい?

モバイルルーターの代表格と言えば「WiMAX」ですが、
このWiMAXのモバイルルーターで主に使うのは「WiMAX2+」という独自の回線です。

ではLTEとWiMAX2+で、LTEの方が繋がりやすいのはなぜなんでしょうか?

スマホやモバイルルーターの繋がりやすさは、
「対応エリアの広さ」によって決まると思っている人も多いかもしれません。

もちろん繋がりやすさと無関係ではありませんが、
対応エリアは「電波が届く範囲」を表しているだけです。

そのエリアで電波が繋がるか繋がらないかが分かるだけで、
そのエリアで他の電波よりも繋がりやすいかどうかまでは分からないんですね。

スマホやモバイルルーターで繋がりやすさを比較するのであれば、
使っている「電波の周波数」の方が重要となります。

電波の特性として、周波数が高いほど直進性が強くて通信速度は速くなるものの、
建物など障害物を避けて進むことができにくいんですね。

またコンクリートにも反射しやすいので、屋内や地下まで届きにくくもなります。

反面周波数が低いと、直進性が弱まり通信速度は上がらないものの、
建物などの障害物を避けて進むことができるようになります。

さらにコンクリートの壁も反射せずに通り抜けやすいので、
屋内や地下でも電波が届きやすいんです。

簡単に言うと、周波数の高い電波は障害物の影響を受けやすく、
低い電波は障害物の影響を受けにくいってことです。

LTEは800MHzから2.1GHzと比較的低い周波数帯の電波を使っているのに対して、
WiMAXでは2.5GHzの高い周波数の電波を使っています。

そのため周波数の低い電波を使っているLTEの方が、
街中や室内などで繋がりやすいということになるんですね。

LTEが使えるモバイルルーター

LTEを使うモバイルルーターが比較的繋がりやすいのは良いとして、
肝心のLTEが使えるモバイルルーターはどれなのでしょうか?

LTEは基本的に大手携帯キャリアで利用する電波ですから、
大手携帯キャリアのモバイルルーターであればLTEが使えます。

ドコモのモバイルルーターやソフトバンクのポケットWiFiは、
スマホと同じLTEを使いますから、繋がりやすさもほとんどスマホと同じです。

ただしauは独自にモバイルルーターサービスを行っておらず、auでモバイルルーターを
申し込むとWiMAXのサービスを使うことになるので注意してください。

また格安SIMにもモバイルルーター端末をセットで購入できるものがあり、
格安SIMでもLTEのモバイルルーターを使うことができますよ。

ワイモバイルでソフトバンクのLTEは使えないの?

ユニークなCMでお馴染みの「ワイモバイル」は、
日本におけるモバイルルーターサービスとしてはWiMAXと双璧を成しています。

ワイモバイルと言えば「ソフトバンクの格安SIM」ですが、
ワイモバイルのポケットWiFiでソフトバンクのLTEを使うことはできないのでしょうか?

もちろんワイモバイルのポケットWiFiでソフトバンクのLTEを使うことはできます。

ただしソフトバンクのLTEが使えるのは、
5GBプランと7GBプランの月間通信量に上限のある料金プランだけです。

通信量無制限の料金プランでは、基本的にソフトバンクのLTEは使えません。

厳密に言うと使えるんですが、LTEを使った場合には無制限プランであっても
月間通信量が7GBに制限されてしまいます。

ワイモバイルの無制限プランで主に使うのは「AXGP」という回線で、
このAXGPで使う電波の周波数はWiMAXと同じ2.5GHzです。

ですから繋がりやすさという点においてはWiMAXと同じで、
LTEよりは繋がりにくいんですね。

WiMAXでもauのLTEが使えるが・・・

実はWiMAXのモバイルルーターでも、
大手携帯キャリアのLTEが使えないというわけではありません。

auとWiMAXの回線事業者であるUQWiMAXは同じKDDIグループであり、
先にも書いたように、auでモバイルルーターを申し込むとWiMAXを使うことになります。

なのでWiMAXのモバイルルーターでは、auのLTEも使えるようになっているんです。

ただ、ワイモバイルでソフトバンクのLTEを使った場合と同じで、WiMAXで
auのLTEを使うと料金プランに関係無く通信量が月間7GBに制限されてしまいます。

先のワイモバイルでもそうなんですが、通信量に上限のあるプランもあるものの、
やはりWiMAXの魅力は通信量無制限ですよね。

WiMAXでもワイモバイルでも、LTEを使うことで、
通信量無制限という最大の魅力が失われてしまうことになるわけです。

なのでWiMAXやワイモバイルの無制限プランでは、
実質的にauやソフトバンクのLTEは使えないんですね。

ドコモやソフトバンクのモバイルルーターはオススメできない?

繋がりやすさという点ではLTEを使ったモバイルルーターの方が上なんですが、
正直ドコモやソフトバンクはオススメできません。

まずドコモのモバイルルーターは、大容量プランこそあるものの、料金が高すぎます。

通話ができない分、基本プランはスマホより安いんですが、
データ容量を決めるパケットパックはスマホと共通になっています。

なので、一番安い月間1GBまでしか使えないプランでも月額4,300円、
一番容量の大きい30GBプランともなると10,000円近く掛かってしまいます。

WiMAXやワイモバイルの無制限プランが月額4,380円ですから、
ドコモのモバイルルーターの料金がいかに高いか分かりますよね。

通信量を1GB増やすだけなら、
スマホで通信量を追加購入した方がよっぽど安上がりです。

またスマホだけでも料金がバカにならないのに、
その上に10,000円近くも払ってモバイルルーターを持つのも得策とは思えません。

ソフトバンクのポケットWiFiは、料金はそれほど高くないんですが、
通信量が月間7GBしか使えません。

端末やサービス内容、料金などワイモバイルと共通している部分も多いんですが、
ソフトバンクに無制限プランは無いんです。

サブ回線としてスマホの通信量不足を補うだけなので7GBで十分、
と言うのであればソフトバンクでも良いと思います。

しかしどうせモバイルルーターを使うのであれば、
大容量もしくは無制限が良いという人にはソフトバンクもオススメできないですね。

格安SIMは通信速度が遅い?

格安SIMには、30GB50GBの大容量プランもありますし、
数は少ないものの通信量無制限で使えるものもあります。

しかし格安SIMは、LTEを使ってはいるものの、
大手携帯キャリアに比べると通信速度が不安定になりがちなんですよね。

夜間や休日ともなると、通信速度が1Mbpsを切ってしまうことも珍しくありません。

通信速度が1Mbps以下だと、ネットサーフィンやSNSも少し重いと感じますし、
動画を見るのはかなり厳しいです。

また「UQモバイル」のように、無制限プランでは通信速度を最初から
最大500Kbpsなどの低速に制限している場合もあります。

SNS中心で動画を見ないなら良いですが、時には動画も楽しみたいというのであれば、
格安SIMもあまりオススメできないですね。

LTEのモバイルルーターでオススメは?

ドコモやソフトバンクがダメで、格安SIMもオススメできないとなると、
使えるLTEのモバイルルーターが無さそうですよね。

しかしLTEのモバイルルーターで、通信速度は格安SIMほど遅くなく、
通信量も無制限あるいは大容量で使えて、なおかつ料金も安いものもあるんです。

まずオススメしたいのは
 ・FUJI WiFi
 ・SAKURA WiFi
の2つです。

いずれもソフトバンクのLTEが使えるモバイルルーターサービスで、
しかも通信量無制限となっています。

料金はFUJI WiFiが月額6,000円と少し高めですが、SAKURA WiFiは
クーポン利用で月額3,680円とWiMAXやワイモバイルより安く使えますよ。
(クーポンはTwitterやFacebookの公式アカウントで誰でも入手可能)

2つともまだまだ利用者が少ないので、通信量無制限のサービスながら、
今のところ通信速度も比較的安定しています。

FUJI WiFiは平均で20~30Mbpsぐらいは出るようですし、
SAKURA WiFiも夜に70Mbps以上出たという口コミが見られます。

ただ2つともモバイルルーターのレンタルサービスであり、契約時に端末を
選ぶことができませんし、解約時には端末を返却しなければいけません。

とは言え通常のレンタルサービスと違って、契約時に利用期間を決めたり、
料金を一括で支払う必要はありません。

料金は1か月ごとの精算ですから、レンタルサービスではありますが、
WiMAXやワイモバイルと同じような感覚で使うことができます。

レンタルなので契約期間の縛りは無く、最低利用期間も設けられていないので、
いつ解約しても基本的に違約金は発生しません。

FUJI WiFiは、利用者が増えたために安定したサービスが提供できなくなり、
一時的に新規申込を停止していたこともありました。

LTEが通信量無制限で使えるということで、すでに一部では話題になりつつあります。

なので、またいつ新規申込が停止されるか分かりませんし、
料金が値上げされることも考えられます。

これらのレンタルサービスを利用するのであれば、
今が最後のチャンスかもしれませんよ。

通信量無制限まで必要無いなら「ネクストモバイル」もオススメ

5GBや7GBだと全然足りないけど、
無制限までは必要無いと思っている人も多いと思います。

そんな人には「ネクストモバイル」がオススメです。

ネクストモバイルは、先にFUJI WiFiなどと同じで、
ソフトバンクのLTEを使ったモバイルルーターサービスです。

格安SIMのようにソフトバンクの回線を借りているのではなく、
ネクストモバイルは代理店ですからソフトバンクの回線そのものが使えるんですね。

なので通信速度はソフトバンクに劣らないほど安定しており、
それでいて大容量プランを格安料金で使うことができます。

ネクストモバイルの料金プランは
 ・20GBプラン・・・2,760円
 ・30GBプラン・・・3,490円
 ・50GBプラン・・・4,880円(最初の1年間は3,490円)
の3つとなっています。

こちらはレンタルサービスではなく、2年契約で、
契約期間中に解約する場合には違約金が発生します。

また最初の2年契約更新後には、
 ・20GBプラン・・・3,695円
 ・30GBプラン・・・3,695円
 ・50GBプラン・・・5,815円
と料金が高くなってしまいます。

端末は基本的に1機種で選ぶことができませんし、
契約期間中に料金プランを変更することもできません。
(端末はモバイルルーターかホームルーターを選ぶことはできる)

このように多少のデメリットはあるものの、
通信速度も安定したソフトバンク回線が大容量で安く使えるのでオススメですよ。

-モバイルルーターの疑問

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.