ケーズデンキでWiMAXのモバイルルーターを契約する

WiMAXのモバイルルーターを使ってみたいんだけど、
 ・使い方
 ・料金プラン
 ・対応エリア
などなど分からないことも多いので、
申し込むまで踏み切れないという人も居るんじゃないでしょうか?

ネットだと自分の疑問に対する的確な回答を見つけるのって難しいですし、メールや
電話の問い合わせだと言いたいことを上手く伝えられないといったこともあります。

だからと言ってお店に聞きに行こうにも、ドコモなどの大手携帯キャリアショップのように、
そこらじゅうにWiMAXのキャリアショップがあるわけじゃありません。

結局自分の知りたい情報を十分に得ることができず、
WiMAXのモバイルルーターの利用を諦めてしまったなんてこともあると思います。

WiMAXには約20社のプロバイダがあるんですが、
実はその中に大手家電量販店も名前を連ねています。

国民的アニメのキャラクターを起用したCMと「その場で現金値引き」の
キャッチフレーズでお馴染みの「ケーズデンキ」もWiMAXプロバイダの一員なんです。

ですから、WiMAXのキャリアショップに行かなくても、ケーズデンキのお店に行けば
WiMAXについて聞くことができますし、申し込みもすることができます。

ケーズデンキのWiMAXは他のプロバイダと何か違う?

ケーズデンキでは「KT-WiMAX」というブランド名でサービスを提供しています。

料金プランは、基本的に
 ・フラットツープラス(月間7GB)・・・3,696円
 ・フラットツープラスギガ放題(無制限)・・・4,380円
の2種類です。

ただし7GBプランでは2年か4年、
ギガ放題では2年か3年とそれぞれ契約期間を選べるようになっています。

7GBプランは契約期間に関係無くauスマホとのセット割が使えますが、
ギガ放題だと2年契約でないとセット割が使えません。

料金はいわゆる「定価」ですし、契約期間が選べたりauスマホとのセット割が
使えるのもケーズデンキ特有のサービスというわけではありません。

他のプロバイダとの違いを強いて言うと、
ケーズデンキのWiMAXは長く利用しても料金が変わらないということでしょうか。

他の家電量販店系のWiMAXでは、
最初の2年間が経過すると料金が高くなってしまうことがあるんです。

ケーズデンキのWiMAXでは、最初の2年間が経過しても料金が変わりませんから、
3年4年と長く使う場合には良いかもしれないですね。

家電量販店だけに取扱機種は豊富で、2016年発売の少し古い機種から
2018年11月発売の最新機種さらに2018年12月発売予定の機種も取り扱っています。

他のプロバイダだと取扱機種が選べないことも少なくありませんから、
機種が選べるというのは1つメリットと言って良いのではないでしょうか。

申し込みは店舗のみ、クレジットカード必須

ケーズデンキのWiMAXには公式サイトがあるんですが、
そちらから利用申し込みをすることはできません。

WiMAXのモバイルルーターを申し込めるのは、
あくまでケーズデンキの各店舗のみとなっています。

料金の支払方法は、口座振替には対応しておらずクレジットカードのみですから、
申し込みの際にはクレジットカードを忘れずに持って行きましょう。
(デビットカードはダメ)

申し込みは店舗で受け付けているんですが、
店舗でWiMAXを解約することはできないんですね。

ケーズデンキのWiMAXを解約するには、公式サイトで「解約申請書」を
ダウンロードして、コールセンターに郵送するかFAXで送信することになります。

キャリアショップなら申し込みも解約も店舗でできたりするんですが、
家電量販店系のプロバイダでは店舗で解約できない場合がほとんどです。

ケーズデンキのWiMAXキャンペーンはお得じゃない?

ケーズデンキのお店に行くと、
期間限定でWiMAXのキャンペーンを行っていることがあります。

キャンペーンによっては「最大50,000円還元」といった高額割引が期待できる文句が
使われており、ついつい飛び付いてしまいそうになります。

しかし正直なところ、ケーズデンキで行われているWiMAXのキャンペーンは、
あまりお得とは言えないと思います。

ケーズデンキでは、WiMAXの契約と同時に他の電化製品を購入しないと
キャンペーンの対象となりません。

さらに、その同時購入した電化製品の購入代金で50,000円などの割引が
受けられるようになっているんです。

要するに、WiMAXと電化製品をセットで購入したら、
その電化製品が安く買えるということです。

ケーズデンキのキャンペーンはほとんどこのパターンで、キャッシュバックが貰えたり、
WiMAXの料金が安くなったりといったことはほとんど無いんですね。

欲しい電化製品があるならお得なキャンペーンじゃないの?

欲しい電化製品があれば、WiMAXの申し込みとセットで購入することで
安くなるわけですから、それはそれでお得ですよね。

確かに欲しい電化製品が安く買えるだけならお得なキャンペーンなんですが、
実はそうじゃないんです。

特に50,000円などの高額割引が受けられるキャンペーンでは、
通常より高い料金でWiMAXを使うことになってしまいます。

2018年にケーズデンキのある店舗で実際に行われた50,000円還元キャンペーンでは、
WiMAXのギガ放題を月額5,927円で2年間使うことが条件となっていました。

2年間でWiMAXの料金を40,000円近く余分に払うことになるので、
実質的な割引額は10,000円程度ということになるわけです。

割引幅は小さくなるものの、安くなることには違いありません。

しかし50,000円割引されると思っていたものが、実際には10,000円程度の割引だった
となると、何となく損した気分になってしまいますね。

キャンペーンを利用すると最新機種が選べない

またこうした家電量販店のキャンペーンでは、
WiMAXの端末が指定されていることも多々あります。

実際に先のケーズデンキのキャンペーンでも、
 ・WX04
 ・WX03
 ・WX02
 ・W04
 ・L01
と選べる機種が限られています。

キャンペーン時点での最新機種であった「W05」やホームルータータイプの「L01s」を
選ぶと、キャンペーンが利用できなかったんですね。

スマホほど機種ごとの性能差は無いものの、やはり最新機種の方が高性能なのは
間違いないですから、どうせ使うなら新しい方が良いですよね。

ケーズデンキでのWiMAX申し込みはメリットがデメリットになることも

WiMAXのモバイルルーターは、プロバイダの公式サイトか
UQショップあるいはケーズデンキなど家電量販店の店舗で申し込めます。

店舗で申し込むメリットとして、「申し込んだらすぐに使える」ということと、
「店員さんから直接説明が受けられる」ということがあります。

最初にも書きましたが、WiMAXのモバイルルーターについて分からないことも
多いでしょうから、店員さんの説明が受けられるのは大きなメリットと言えます。

ただこの大きなメリットが、逆にデメリットとなってしまうこともあるんです。

キャンペーンが行われている時などは、
ケーズデンキなどの店舗にWiMAX担当の店員さんが配置されていることがあります。

しかし通常時は担当の人はおらず、
通常の販売担当の店員さんに対応してもらうことになります。

この通常の販売担当の店員さんに対応してもらう時に注意が必要なんです。

販売担当の店員さんは、あくまで「家電販売」が専門であり、
WiMAXの専門スタッフではありません。

そのためWiMAXに関してあまり詳しくない場合があり、
間違った説明や対応をされてしまうことがあるんです。

実際過去には家電量販店でのWiMAXの申し込みで
 ・店員のミスで利用できるはずのキャンペーンが利用できなかった
 ・店員に説明された料金と利用開始後に送られてきた明細の料金が全然違った
  (説明されたより高くなっていた)
などいったトラブルも起こっています。

家電量販店で店員さんの説明が聞けるのはメリットである反面、
こういったトラブルに巻き込まれるリスクを含むデメリットでもあるんですね。

ケーズデンキのお店に行ってもWiMAXの申し込みができないことも

先にも書いたように、キャンペーン時などはWiMAXの専門スタッフが在店して
いますが、通常は家電量販店にWiMAXの専門スタッフが居ないことも多いです。

場合によっては、通常の販売スタッフだと説明などの対応はできても、
申し込みの受付ができないこともあります。

ですからケーズデンキにWiMAXを申し込みに行ったは良いけど、
担当のスタッフが不在で申し込みができないということもありえるわけです。

実際、家電量販店で担当スタッフが居ないためにWiMAXの申し込みを断られた
という口コミがネットで見られました。

ケーズデンキに限らず家電量販店でWiMAXを申し込む場合には、
事前に電話で確認しておいた方が良いですよ。

家電量販店で説明を聞き、ネットで申し込む

ネットで申し込むタイプのWiMAXプロバイダには、高額キャッシュバックが貰えたり、
月額料金が割引されているところがあります。

キャッシュバックは、他の商品の購入や有料オプションへの加入が
条件になっていないので、額面と実際に貰える金額が違うということがありません。

月額料金の割引も、100円200円とケチなものではなく、
月1,000円以上安く使えるようになっているところもあるんですね。

ですから、ケーズデンキなど家電量販店よりも、こうしたネットで申し込むタイプの
プロバイダでWiMAXを申し込んだ方が金銭的にはお得です。

とは言えネットで申し込むタイプのプロバイダだと、料金プランの相談ができなかったり、
モバイルルーターの使い方を説明してもらえないなど不安もあります。

そこで、まずはケーズデンキなどの家電量販店に、
一通りWiMAXについて聞きたいことを聞きにいきましょう。

家電量販店では話を聞くだけで申し込みはせず、
家に帰ってからネットでWiMAXを申し込むという方法が良いのではないでしょうか。

こうすることで、家電量販店の「店員さんの話が聞ける」というメリットも、
ネットで申し込むタイプのプロバイダの金銭的メリットも両方良いとこ取りができます。

少し手間は掛かりますが、ネットでのWiMAX申し込みに不安があるなら、
この方法がオススメですよ。