*

モバイルルーターを固定回線代わりとするメリットは?

投稿日:

モバイルルーターは固定回線の代わりが務まる?

モバイルルーターと言うと、スマホと同じ持ち運び可能なモバイル回線で、
主に外出時に使うものというイメージが強いかもしれません。

しかし最近のモバイルルーターは、端末の高速化や回線のエリア拡大が進んでいます。

通信速度は、以前は220Mbpsや440Mbpsと光回線に遠く及びませんでしたが、
最新機種では最大700Mbps以上と光回線に迫る勢いです。

また対応エリアについても、まだまだ一部地域でしか使えないサービスもあるものの、
WiMAXはほぼ日本全国で使えるようになっています。

これだけ高速化・広エリア化が進むと、モバイルルーターを固定回線代わりとして
使いたいと考える人が居ても不思議ではありません。

でもモバイルルーターはあくまで携帯して使うことを目的にしたサービスですから、
本当に固定回線代わりとして使えるのか半信半疑なところもあると思います。

ところが、
モバイルルーターを実際に固定回線代わりとして使っている人も結構居るんです。

事業者側もそれを意識してか、携帯前提の端末ではなく、固定回線として使うことを
前提としたホームルータータイプの端末を発売していたりします。

モバイルルーターには光回線と同じように通信量無制限で使えるものもあるので、使い方次第では十分固定回線代わりは務まると思いますよ。

モバイルルーターを固定回線代わりにする最大のメリットは「料金の節約」

モバイルルーターを固定回線代わりとして使った場合の一番大きなメリットは、
「通信費が節約できる」ということです。

現状モバイルルーターを使っている人の多くは、モバイルルーターの他に
 ・光回線
 ・スマホ
も使っていると思います。

それぞれ少なくとも月5,000円前後の料金が掛かりますから、
通信費だけで毎月15,000円前後掛かってしまうことになります。

ところがモバイルルーターを固定回線代わりとして使えば、
スマホは電話機能が必要なので解約できませんが、光回線は不要になりますよね。

そうすると、毎月15,000円前後だった通信費を、
光回線が不要になることで毎月10,000円前後に抑えることができます。

単純に3つ使っていたサービスを2つに減らすことができるわけですから、
その分料金も安くなるってことですね。

光回線をモバイルルーターに置き換えても料金節約に

光回線とモバイルルーターを併用している場合だけでなく、固定回線を光回線から
モバイルルーターに乗り換えた場合でも料金の節約に繋がります。

光回線は事業者によって料金はまちまちですが、大体
 ・一戸建て・・・5,000円前後
 ・マンションなどの集合住宅・・・4,000円前後
ぐらいですよね。

日本におけるモバイルルーターサービスの代表格であるWiMAXの場合、
無制限プランが月額4,380円で利用することができます。

でもこれだと、一戸建ては確かにモバイルルーターの方が安いですが、
集合住宅だと光回線の方が安くなるので料金の節約にならないですよね。

実はWiMAXには、
回線事業者であるUQWiMAXの他に約20社のプロバイダが存在しています。

中には、キャンペーンで無制限プランの月額料金を通常よりも
大幅に安く提供しているところあるんです。

例えば「GMOとくとくBB」というプロバイダであれば、
通常よりも1,000円以上安い月額3,344円で無制限プランが使えるようになっています。

それ以外にも
 ・カシモWiMAX・・・3,380円
 ・So-net・・・3,380円
 ・BroadWiMAX・・・3,411円
など、無制限プランが月額3,500円以下で使えるところがいくつかあります。

集合住宅でも光回線を3,500円以下で使えることはほとんど無いですから、
住居形態に関わらずモバイルルーターの方が料金が安くなる可能性が高いんですね。

モバイルルーターとスマホのセット割もある

固定回線として光回線を使うメリットの1つとして、「スマホとのセット割」があります。

例えば、
 ・ドコモスマホとドコモ光
 ・auスマホとauひかり
 ・ソフトバンクスマホとソフトバンク光
などといったように、特定キャリアのスマホと特定の光回線を組み合わせることで、
スマホ代や光回線の料金が安くなります。

このスマホとのセット割って、光回線だけのサービスだと思っていませんか?

実はモバイルルーターにスマホとのセット割があるんです。

auスマホとWiMAXのモバイルルーターを一緒に使うことで、
「auスマートバリューmine」というセット割が適用されます。

光回線とのセット割に比べると割引幅が小さいですが、
元々の料金がモバイルルーターの方が安いですから、それでも十分お得なんですね。

ただし、このauスマートバリューmineぐらいしか
スマホとモバイルルーターのセット割が無いんです。

ソフトバンクスマホとソフトバンクのポケットWiFiとのセット割はあるんですが、
ソフトバンクのポケットWiFiには無制限プランがありません。

無制限プランがあるワイモバイルのポケットWiFiと、
ソフトバンクスマホやワイモバイルスマホとのセット割もありません。

光回線とスマホのセット割に比べると、
モバイルルーターとスマホのセット割は利用できるユーザーが限られてしまいますね。

モバイルルーターは工事不要で初期費用も安い

既に光回線を使っている場合だけでなく、これから新たに自宅に固定回線を
引く場合でもモバイルルーターの方がお金が掛かりません。

自宅に光回線を新たに導入するには、開通工事が必要となります。

最寄りの電柱から光ファイバーケーブルを自宅内に引き込み、
光回線終端装置(ONU)を設置してもらいます。

この光回線の開通工事に掛かる費用は、比較的安いフレッツ光でも
 ・一戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
ですし、他の事業者だと30,000~40,000円ぐらい掛かることもあるんです。

対してモバイルルーターを固定回線代わりとして使う場合には、
当然開通工事なんて必要ありませんから、工事費なんてものも発生しません。

工事費の代わりに端末代が必要ですが、端末代を無料にしているところも多いですし、
発生したとしても3,000~5,000円程度で光回線の工事費よりは安く済みますね。

光回線は解約時に撤去費用が掛かることも

思ったより通信速度が出ない、よりお得なサービスが始まったなど
色々な理由で今使っている光回線を解約する時が来るかもしれません。

光回線は、開通するのにも工事が必要で費用が掛かるんですが、
解約に伴う撤去にも工事や費用が必要となることがあります。

フレッツ光や光コラボレーションだと基本的に撤去費は不要ですが、a
uひかりやNURO光などフレッツ以外の回線を使うサービスでは撤去にも
費用が掛かってしまいます。

工事費と同様に決して安いものではなく、
サービスによっては撤去費として30,000円ぐらい必要になることもあるんです。

これから使うものにお金が掛かるのは仕方ないとしても、
使わなくなるものにお金を払うというのは何となくもったいない気がしますよね。

その点モバイルルーターは、開通工事が不要なら撤去工事も不要ですから、
更新月であれば一切費用を掛けずに解約することができますよ。

工事不要にはこんなメリットも

光回線の開通工事や撤去工事では、自宅の外だけでなく、
自宅の中に入ってきて作業を行います。

工事業者の人とは言え、
見ず知らずの人が家の中に入ることに抵抗を覚える人も居るかもしれません。
(もちろん工事以外のことは何もしませんが・・・)

工事業者は男性がほとんどですから、特に女性の一人暮らしだと知らない男性が
自分の部屋に入ってくるのはあまり気持ちの良いものではないですよね。

男性の一人暮らしでも、
家族や友人でもない人が部屋に入ってくるのはイヤという場合もあるでしょう。

モバイルルーターなら工事不要ですから、
見ず知らずの人を家に上げる必要が無いんですね。

また開通や撤去に工事が不要なのは、引っ越しの際にも大きなメリットとなります。

光回線は引っ越しの際、引っ越し先の開通と元住んでいた家の撤去と2つの工事が
必要で、当然それぞれに費用が掛かってしまいます。

またサービスによっては引っ越し先で使えないなんてこともありえますから、
時期によってはさらに違約金が加わることになります。

開通と撤去の工事費に違約金が加わると、
光回線だけで100,000円近くの引っ越し費用が掛かることになるんですね。

WiMAXのモバイルルーターならほぼ日本全国で使えるので、
引っ越し先で使えない心配はほとんどありません。

引っ越し前あるいは引っ越し後に住所変更の手続きをしておけば、
あとは端末を引っ越し先に持って行くだけで引き続き利用することができます。

一人暮らしだと今後昇給や結婚などで、結婚している場合でも子どもができたり、
公務員など転勤がある職業だと数年おきに引っ越しをする必要が出てきます。

このように今後引っ越しをする可能性がある場合には、
モバイルルーターを使うことで引っ越し費用の節約もできるんですね。

モバイルルーターを固定回線代わりとして使うデメリットは?

モバイルルーターを固定回線代わりとして使うのにはメリットばかりではなく、
当然デメリットもあります。

基地局から自宅まで有線で繋がる光回線に対して、
基地局と無線で繋がっているモバイルルーターでは通信が不安定になりがちです。

光回線では、利用者が増えることで通信速度が遅くなることはあっても、
通信障害でも発生しない限りは繋がりにくくなることはほとんど無いですよね。

ところモバイルルーターの場合、周辺の環境や建物との位置関係によって、
通信速度が落ちるだけでなく繋がりにくくなります。

またモバイルルーターが使う電波の周波数の関係で、
屋内ではどうしても電波が弱くなってしまうこともあります。

電波は周波数が高いほど直進性が強く、
障害物の影響を受けて減退しやすくなっています。

無制限プランのあるWiMAXやワイモバイルでは、比較的高い周波数の電波を
使っているため、屋内では電波が弱くなってしまいがちなんですね。

電波状況が悪くなれば通信速度も落ちてしまいますから、状況次第では
モバイルルーターが固定回線としての機能を十分に果たせないことも考えられます。

通信量無制限のモバイルルーターなのに制限がある

WiMAXやワイモバイルには通信量無制限の料金プランがあり、
これがモバイルルーターが固定回線代わりとなる根拠の1つとなっています。

しかしWiMAXやワイモバイルの無制限プランにも、実は制限があるんです。

WiMAXやワイモバイルの無制限プランでは、月間通信量は無制限ですが、
3日間の合計通信量は10GBに制限されています。

直近3日間の合計通信量が10GBを超えると、
通信速度が大幅に制限されてしまうんです。

3日間で10GBは結構な大容量ですが、
高画質動画を長時間見るとかオンライントレードなどで1日中ネット接続する
などといったヘビーユーザーだと簡単に超えてしまいます。

ヘビーユーザーでなくても複数人の家族で使う場合には、
こちらも簡単に超えてしまう恐れがあります。

ただしWiMAXやワイモバイルの3日間制限では、
制限時でも通信速度が1Mbps程度は出るようになっています。

1Mbps程度であれば、ネットサーフィンやSNSぐらいは普通に使えますし、
動画も画質を標準以下に落とせば見ることは可能です。

通信速度がガラケー並になってしまう制限に比べれば、
それほど気にする必要は無いとも言えます。

とは言え、使いたいときに高速通信が使えないことも出てきますから、
はやり3日間の通信量に制限があるというのは大きなデメリットですね。

モバイルルーターだとオンラインゲームができない?

主たる目的ではないとしても、オンラインゲームをプレイすることが
インターネットを使う目的の1つという場合もあると思います。

実はモバイルルーターは、オンラインゲームのプレイにはあまり向いていません。

オンラインゲームをプレイする上では、回線の通信速度よりも、
「Ping値(ms)」というものが重要になります。

Ping値はいわゆるレスポンスの速さを表す数値で、
プレイヤーが操作してからそれが画面内に反映されるまでのタイムラグのことです。

Ping値の数値が小さいほどレスポンスが速く、オンラインゲームをプレイには
最低100ms以下、できれば60ms以下が良いとされています。

光回線のPing値は大体20msぐらいで、NURO光のように
10ms以下というサービスもあり、オンラインゲームをプレイするには十分な数値です。

対してモバイルルーターのPing値は大体80~100msですから、
ギリギリオンラインゲームをプレイできる数値なんですね。

光回線を使うプレイヤーと対戦する場合は不利ですし、
協力プレイの場合には足を引っ張ってしまうこともあります。

もしオンラインゲームをプレイしようと思っているのであれば、
料金や使い勝手などは横に置いても、モバイルルーターより光回線を使うべきですね。

最短で、高速かつコスパのよいインターネット回線はなにか?

インターネット回線の種類は主に2つです。

1.光回線やケーブルテレビなどの固定回線
2.WIMAXやポケットWIFIなどのモバイルルーター

1は物理的にLAN配線がつながっています。
マンションや戸建てなどの住んでいる環境にもよりますが
安定して速度がでるのがメリットです。

一方開通まで最短1ヶ月最長3ヶ月とか、インターネットするまでの日数に時間がかかります。

その点、2のモバイルルーターはモバイルルーターという端末の電源をいれれば、すぐにインターネットを始められます。
理由はスマホのように無線(WIFI)でインターネットできるからです。

ただ、注意してほしいのは、WIMAXとWIMAX以外のモバイルルーターでは大きな違いがあるということ。

詳しくは下記の記事を参考にしてください。

参考:モバイルルーターで無制限はWIMAX以外?

上記の記事を見る時間がない方向けに、かんたんにいいますと

WIMAXは動画やネットをガンガン使う人向け。データ容量がほぼ無制限で使える(3日で10ギガの上限はあり)
ただし、環境によって電波が安定しない、速度が遅い場合がある。
例えば下記のWIMAXが人気があります。



WIMAX以外のモバイルルーターはスマホのようにデータ容量が月間20ギガ、30ギガなど上限ある。
電波のスマホと同じだから速度もサクサクです。
WIMAXよりも比較的安い(最安2000円台~)
例えば下記のモバイルルーターが人気があります。


>>月間30GB使えるWiFi【NEXTmoible】

もっとざっくりいうと、値段を気にせずガンガンつかうぜの人→WIMAX
コスパも速度もいいところどりしたい
→WIMAX以外のモバイルルーター(ネクストモバイル)

もう少し詳しく表現するとこのような表になります。

WIMAXとネクストモバイルどちらがいいのか?
個人的にはネクストモバイル一択です。
ソフトバンクの回線ですが、速度は夜間でも20mbps以上出ています。
格安SIMは遅いですが、この会社(ネクストモバイル)は一括してソフトバンクから
回線を借りているの安く、しかも高速でサービス提供できるのかなと推測しています。

ネクストモバイル以外も探したのですが、このコスパで20ギガ使えるかつ、高速なモバイルルーターはありませんでした。



価格も安くて速度も安定して早くて、データ容量も無制限なインターネット回線は残念ながらありません‥
自分のネット環境で何を重視したいか?データ容量なのか、安定した速度なのか、価格なのか、優先順位を決めて選ぶのがよいです。

以上ご参考になれば幸いです。

-モバイルルーターの疑問

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2019 All Rights Reserved.