*

モバイルルーターを契約期間縛りなしで使うことはできる?

投稿日:

「縛り」無しでモバイルルーターを使いたい!

モバイルルーターに限らず、スマホや光回線などの通信サービスでは、
「縛り」と言われる2年や3年の長期利用契約が当たり前となっています。

国内のモバイルルーターサービスの代表格と言えば
 ・WiMAX
 ・ワイモバイル
です。

WiMAXは基本的に2年契約で、プロバイダによっては3年契約が
基本となっていることもありますし、さらに長い4年契約で利用することもできます。

ワイモバイルでは、3年契約が基本となっています。

とは言え、2年3年縛られている間により魅力的な新しいサービスが登場しないとも
限りませんから、できれば「縛り無し」でモバイルルーターを使いたいところですよね。

縛り無しで使うだけなら何とでもなりますが、
利用期間無しの契約だと月額料金が割高になってしまいます。

契約期間の縛りは無いけど、長期利用契約した場合と変わらないぐらいの料金という、
そんなユーザーにだけ都合の良いモバイルルーターなんてあるんでしょうか?

あまり聞き馴染みは無いかもしれませんが、「民泊Wi-Fi」というサービスであれば
2年や3年の縛り無しでモバイルルーターを使うことができます。

民泊Wi-Fiってどんなサービス?

民泊Wi-Fiは元々、
外国人観光客など民泊利用者向けのモバイルルーターレンタルサービスです。

民泊利用者だけでなく、
民泊経営者が民泊物件のインターネット環境整備を目的として借りることもできます。

利用できる回線はサービスによって違いますが、ドコモやソフトバンクのLTE回線が
使えるものもあれば、WiMAX回線を使うものもあります。

3日間の通信量に制限が設けられていることはあるものの、
LTE回線でも基本的には通信量無制限の使い放題となっています。

通常のレンタルサービスのように事前に利用期間を決める必要が無く、料金も
1か月ごとの支払いですから普通のモバイルルーターと同じような感覚で使えますね。

元々は民泊利用者や経営者向けなんですが、一部のサービスでは
民泊とは関係無い一般の人でも利用することができるようになっています。

民泊Wi-Fiはレンタルサービスですから、
格安SIMのように最低利用期間といったものも設けられていません。

契約期間の縛りも最低利用期間もありませんから、
当然解約の際の違約金なんてものも無いですよ。

ただしサービスによっては、
解約時に3,000~5,000円の手数料が必要となる場合もあります。

民泊Wi-Fiって料金が高いんじゃないの?

WiMAXやワイモバイルでも縛り無しで利用することはできるんですが、
料金が割高になってしまいます。

通常のレンタルサービスでも、通信量無制限のものとなると、
WiMAXなどを縛り有りで利用する場合よりは割高となることが多いです。

となると、
契約期間無しで基本的に使い放題の民泊Wi-Fiも料金が高そうな感じがしますよね。

一般利用ができる民泊Wi-Fiの料金はそれぞれ
 ・famifi・・・3,980円
 ・民泊レンタルWi-Fi・・・4,500円(端末の保証料込み)
 ・SPACE Wi-Fi・・・3,480円
となっています。

WiMAXやワイモバイルで、縛り有りの無制限プランを利用する場合と同じぐらいか
それよりも安く使うことができるんですね。

民泊Wi-Fiのデメリット

民泊Wi-Fiは契約期間に縛りが無くて料金も安いんですが、
デメリットが無いかと言うとそんなことはありません。

WiMAXやワイモバイルのような端末を購入するサービスでは、
いくつかの機種から好きなものを選ぶことができます。

しかし民泊Wi-Fiでは、利用できるのは基本的に1機種のみで、
端末を選ぶことはできません。

最新機種でないことも多いですから、
通信速度が若干遅くなってしまうこともあるんですね。

長く使うのであれば民泊Wi-Fiは損?

半年や1年といった短い期間であれば民泊Wi-Fiはお得なんですが、
2年3年と長く使うことを考えるとかえって損となってしまうこともあります。

WiMAXではプロバイダによって、高額キャッシュバックや料金の大幅な割引が
受けられるキャンペーンが行われています。

例えばGMOとくとくBBというプロバイダであれば、最大42,000円のキャッシュバックを貰うことができます。

GMOとくとくBBの無制限プランの料金は4,263円ですから2年総額だと106,575円で、
そこからキャッシュバック42,000円を差し引くと64,575円となります。
(各種割引は考慮せず)

月額料金にすると2,500円ちょっとですから、
民泊Wi-Fiよりも月1,000円近くも安くつかえることになるんですね。

GMOとくとくBBでは月額料金の割引キャンペーンも行っており、
こちらを利用すると無制限プランが月額3,344円で利用できます。
(この場合キャッシュバックは貰えません)

月100円ちょっとですが、
民泊Wi-Fiで料金が一番安いSPACE Wi-Fiより安く使えます。

ですから長期間利用するのであれば、
縛りの無い民泊Wi-Fiより縛りの有る方がお得だったりするわけです。

民泊Wi-Fiは解約時に端末の返却が必須

何度も言うように民泊Wi-Fiはレンタルサービスですから、
端末は借りているだけなので解約時には返却しないといけません。

紛失などによって返却できない場合には、10,000円ほどの補償金が発生してしまうので、
違約金無しでもタダで解約することができなくなってしまいます。

また通常利用の範囲内に置ける故障は無償で交換してもらえることもありますが、
破損・紛失・盗難などで端末を交換してもらう場合にはやはり補償金が発生します。

保証オプションに加入すれば、破損や紛失などでも無償で交換してもらえますが、
当然オプション料金が掛かるので「安さ」が失われることになります。

WiMAXやワイモバイルでは、解約しても端末は手元に残ります。

SIMロック解除すれば格安SIMを挿して使うことができますし、フリマサイトや
オークションサイトに出品すれば多少のお金を得られる可能性もあります。

それほど気にしなくても良いですが、解約時に返却が必要な以上は、
民泊Wi-Fiでは端末の使い方に多少気を使わないといけないんですね。

民泊Wi-Fi以外にも縛り無しで使えるモバイルルーターがある

少し前までは、契約期間の縛り無しで安くモバイルルーターを使うには
民泊Wi-Fiぐらいしか選択肢がありませんでした。

しかし2018年に入ってから、
民泊Wi-Fi以外でも縛り無しで使えるモバイルルーターサービスが登場しています。

いくつかあるみたいなんですが、代表的なのは「STAR Wi-Fi」です。

STAR Wi-Fiは、WiMAXやワイモバイルのように端末を購入するのではなく、
民泊Wi-Fiと同じレンタルサービスとなっています。

ソフトバンク回線が無制限(3日間制限も無し)で使えて、月額料金は4,480円です。

月額4,480円でも安いんですが、
民泊Wi-FiやWiMAXが3,000円台で使えますから、少し高く感じてしまいますよね。

公式サイトにあるクーポンコードを利用して申し込むと、
800円割引の月額3,680円となります。

しかも2年間などの期間限定ではなく、ずーっと3,680円で使えますから、
STAR Wi-Fiを申し込むなら絶対クーポンコードを使った方が良いですよ。

STAR Wi-Fiは契約に掛かる費用が少し高い

ソフトバンク回線が無制限、契約期間無し、月額3,000円台で使えるわけですから、
お得なのは間違いありません。

しかし申し込む際には注意しなければいけないこともあります。

STAR Wi-Fiでは契約に掛かる費用が、民泊Wi-Fiなどよりも少し高くなっているんです。

WiMAXやワイモバイルの場合、端末代は無料となっていることも多いですから、
契約に掛かる費用と言うと事務手数料の3,000円ぐらいです。

民泊Wi-Fiも契約時に掛かる費用は事務手数料ぐらいで、
中には事務手数料すら不要で一切初期費用が掛からないこともあります。

ところがSTAR Wi-Fiでは、事務手数料2,980円に加えて
端末新規登録料4,980円が必要で、合計7,960円の初期費用が掛かってしまいます。

事務手数料は仕方ないとしても、「端末新規登録料」という謎の費用が発生することで
他のサービスより5,000円ほど余分に掛かることになります。

端末の弁償金も高額

STAR Wi-Fiは民泊Wi-Fiと同じでレンタルサービスですから、
端末は購入するのではなくレンタルすることになります。

なので解約時には端末を返却しないといけませんし、利用中に破損・紛失・盗難などで
端末が使えなくなった場合には弁償金が発生してしまいます。

民泊Wi-Fiだと破損や紛失などで発生する補償金は10,000円程度でしたが、
STAR Wi-Fiの場合は端末が弁償金は25,000円と高額です。

しかも電池パックやSIMカード、USBケーブルにも別途弁償金が設定されており、
1つでも返せない場合は弁償金を払わないといけません。

ちなみに電池パックとSIMカードの弁償金は各5,000円、
USBケーブルは1,000円です。

月額500円の「安心保障」オプションに加入すれば破損・紛失時などでも
弁償金が発生しないので、STAR Wi-Fiを利用する場合は加入した方が良いですね。

ただしオプションで保障されるのは端末のみで、SIMカードやUSBケーブルは対象外、
電池パックも6か月以上使用で対象外となります。

縛り無しじゃないけど、違約金無しで乗り換え可能なWiMAXプロバイダもある

2年や3年の長期利用契約で厄介なのが、
途中解約した場合の高額な違約金ですよね。

ワイモバイルは9,500円、
WiMAXは利用期間に応じて最大で19,000円の違約金が発生してしまいます。

実はWiMAXプロバイダの中には、
この高額な違約金が無料になるサービスをおこなっているところがあるんです。

それが「BroadWiMAX」で、他社からBroadWiMAXへの乗り換えだけでなく、BroadWiMAXから他社への乗り換えでも違約金がタダになります。

他社からの乗り換えで他社違約金が実質無料になるサービスは最近増えていますが、
他社への転出で違約金が無料になるのは珍しいです。

現状BroadWiMAXを使っている場合はもちろん、他社サービスを使っている場合でも
乗り換え先をBroadWiMAXにすれば、縛りを気にする必要が無くなりますよ。

無条件で違約金がタダになるわけじゃない

BroadWiMAXも商売ですから、無条件で違約金がタダになるわけではありません。

他社からBroadWiMAXへの乗り換えで違約金が不要になるのは、
BroadWiMAX以外のWiMAXプロバイダからの乗り換えに限られています。

GMOとくとくBBなどからBroadWiMAXに乗り換えると、GMOとくとくBBで発生する
違約金分がキャッシュバックとして貰えるので、違約金が実質無料となります。

しかしワイモバイルなどWiMAX以外のサービスからの乗り換えは対象外ですから、
キャッシュバックは貰えず、違約金を実質無料にすることはできません。

またBroadWiMAXからの転出で違約金が不要になるのは、
BroadWiMAX指定サービスへ乗り換える場合のみです。

ちなみに指定サービスは
 ・ソフトバンク光
 ・auひかり
 ・So-net光
 ・ビッグローブ光
 ・ブロードひかり
 ・Yahoo!BB
 ・Broad LTE
となっています。

他のWiMAXプロバイダを含めて、
この指定以外のサービスに乗り換える場合には当然違約金が必要ですよ。

-モバイルルーターの疑問

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.