*

大東建託が勧めるインターネット回線を使った方が良い?

投稿日:

大東建託が勧めるインターネットを必ず契約しないといけない?

大東建託が管理する物件の中には、予め光回線が設置されていたり、
それが無料で使えたりする場合があります。

また予め設置されていない物件では、大東建託を通して光回線を申し込めたり、
光回線の代理店を紹介してもらえたりします。

「大東建託って入居者思いじゃん」と思う人も居るでしょうが、
正直私はこうしたサービスは使わないですね。

もちろん申し込み手続きなどの手間が省けますし、
何より無料で使えるのは魅力的ですし、大きなメリットだとは思います。

でも反面、それ以上にデメリットが大きいんですよね。

そこで、大東建託のインターネット回線にはどういったメリットやデメリットがあるのかを
具体的に見ていきましょう。

メリットはとにかく「手軽」

実際にインターネット回線を申し込んだことがある人は分かると思いますが、
インターネット回線の申し込みって結構面倒なんですよね。

まず利用するインターネット回線やプロバイダを選ぶところから始まります。

申し込み先が決まったら開通工事の日程調整をして、
などなどとにかく手間と時間が掛かります。

予め光回線が設置されている物件であれば、
比較検討から開通工事まで一切の手間が掛かりません。

光回線設置済みか否かを見分けるには「光コンセント」

大東建託の物件に限らず、
部屋に光回線が設置されているかどうかを見分けるのって実は簡単なんです。

光回線の開通工事が完了している場合には、
壁に「光コンセント」というものが設置されています。

光コンセント単体で設置されている場合もありますが、電気のコンセントや
電話のモジュラージャックなんかと一体になっていることが多いですね。

ただ注意しないといけないのは、光コンセントにケーブルを挿すだけで
インターネットが使えるようになるわけではないということです。

別途光回線事業者やプロバイダと契約しないと、インターネットは使えませんよ。

大東建託の物件では無料でインターネットが使える場合も

大東建託が管理する物件の中には、
「DK SELECT ネットサービス」というサービスが付いているものがあります。

これはインターネット回線備え付けの物件で、
しかも無料で使い放題というサービスなんです。

インターネット回線が既に備え付けられているわけですから、
申し込みや工事など面倒な手続きが必要ありません。

家賃と別に毎月インターネットの利用料金を請求されることもありませんし、
月〇GBなど通信量に制限が付いているわけでもないんです。

「DK SELECT ネットサービス」は文字通り無料で使い放題の
インターネットサービスなんですね。

DK SELECT ネットサービスのデメリット

インターネット回線が無料で使い放題なんですから、
何が何でもDK SELECT ネットサービスが付いている物件を利用したいですよね。

しかしこのDK SELECT ネットサービスにもデメリットが無いわけではありません。

このサービスは2016年7月開始で、それ以降に大東建託が新たに建てた
物件であればオプションとして利用できるようになっています。

2016年7月以降の新築物件ですから、築2年ぐらいってことですよね。

そもそもDK SELECT ネットサービスが利用できる物件自体がまだまだ少ないですし、
何より築年数が新しいだけに家賃が割高です。

またこのサービスは、通信速度が遅いというのがもっぱらの評判です。

大東建託の公式サイトを見ると、
DK SELECT ネットサービスは最大16部屋で1本の回線を共有するとなっています。

単純に通信速度が16分の1になるわけではありませんが、
他の入居者の利用状況によっては16分の1以下にまで落ち込む可能性もあるんです。

「無料なんだから、通信速度なんて多少遅くても問題無い」という人にとっては、
便利なサービスだと思います。

しかし「快適に使えないなら、無料でも要らない」という人にとっては、
使いにくいサービスかもしれませんね。

設置済みでなくても、申し込みが手軽

大東建託の物件には、光コンセントも無ければ、
DK SELECTネットサービスが使えないものもあります。

そういう場合には、「大東建託専用インターネットご案内センター」に
電話を掛けることで簡単に申し込むことができます。

大東建託の賃貸物件を契約すると、「大東建託専用インターネットご案内センター」に
関するパンフレットやチラシが貰えます。

そのパンフレットやチラシに書かれている電話番号に電話を掛けるだけで、
インターネットの申し込みができるんです。

仕事などの都合で、受付時間内に電話が掛けられないというのであれば、
Webに申し込みフォームもあるのでこちらを利用すると良いですよ。

こちらから電話やネットで申し込むということをしなければ、
大東建託と提携している販売代理店から勧誘の電話が掛かってきます。

もちろんこの掛かってきた電話でインターネット契約までできますし、
電話やネットでこちらから申し込むのと結果は同じです。

一番のデメリットは選択肢が狭いこと

大東建託を通してインターネット回線を申し込んだり、
光コンセントが設置されている場合のデメリットは「選択肢が狭い」ことです。

まず大東建託を通してインターネットの申し込みをする場合、
 ・U-NEXT光
 ・So-net光
など決まったサービスしか紹介されません。

現在は、フレッツ光やauひかりなど自前の回線を持つ事業者に
光コラボレーション事業者を合わせると、300以上の選択肢があります。

より料金が安く利用できるところもあれば、
少々料金が高くても自分の使い方に合った付加サービスが付くこともあります。

さすがに入居者1人1人のネット利用環境をリサーチして、
それに合ったサービスを大東建託が紹介してくれるなんてことはないと思います。

少しでも安くとか快適にインターネットを使いたいのであれば、
大東建託に任せるのではなく、自分で探す方が良いですよ。

光コンセントが使えるのはフレッツ光だけ!?

光コンセントが設置されていれば、開通工事が不要ですし、何より申し込んでから
実際使えるようになるまで長い間待たされることが無いというのがメリットです。

開通工事には20,000円前後の費用が掛かりますし、
申し込んでから開通工事まで1か月以上待たされることも珍しくありませんからね。

しかし光コンセントって全ての光回線で利用できるわけじゃなく、
フレッツ光と光コラボレーションでしか使えないんです。

要するに、電力会社系のコミュファ光やeo光、auひかりやNURO光など
独自回線のサービスを利用する場合には、別途開通工事が必要となるわけです。

なのでフレッツ光や光コラボレーション以外の光回線を使おうと思っている場合には、
光コンセントがかえって「邪魔」になってしまうかもしれませんね。

金銭的に損することも

光回線事業者やプロバイダの中には、
新規契約で高額なキャッシュバックが貰えるキャンペーンを行っているところもあります。

20,000円以上なんてことも珍しくありませんし、多少条件が付きますが、
50,000円以上貰える場合もあるんです。

初めての一人暮らしは何かと物入りですし、引っ越しにもお金が掛かるので、
インターネット回線を申し込むだけでキャッシュバックが貰えるのはありがたいですよね。

それから大手携帯キャリアのスマホや格安SIMとセットで使うことで、
毎月のスマホ代が割引される光回線サービスもあります。

大手携帯キャリアだと月に1,000円以上安くなることもあるので、
どうせインターネット回線を使うならスマホとのセット割があるところを選びたいです。

より高額なキャッシュバックのあるところ、自分が使っているスマホとのセット割が
あるところなどが選べないというのは、金銭的にかなり痛いですね。

自分で回線を選んだがために料金が高くなることも

大東建託を通してインターネット回線を申し込むのは、手軽な反面、
金銭的に損する恐れがあるのであまりオススメできません。

しかし大東建託を通さず、自分でインターネット回線を選んだがために
かえって料金が高くなってしまうこともあります。

初めての一人暮らしでは、一戸建てのシェアハウスを利用することは少ないでしょうから、
大抵アパートかマンションといった集合住宅になります。

ほとんど光回線サービスでは、一戸建てと集合住宅で利用料金が違い、
集合住宅の方が安くなっています。

一戸建ては1本の回線を独占するのに対して、
集合住宅では回線を何軒かで共有するので料金が安くなるんですね。

回線によって違いはあるものの、
一戸建てと集合住宅では月1,000~1,200円ぐらい料金が違います。

大東建託を通して申し込む回線は、他の入居者も利用しているので、
まず間違いなく集合住宅用の料金です。

ところが自分で回線を選んだ場合、集合住宅内で他に同じ回線を使っている人が
居ないと、一戸建て用の料金になってしまうんです。

実際集合住宅に住んでいる人でもこのことは知らないということもあるので、
引っ越しでインターネット回線を選ぶ際には覚えておいた方が良いですよ。

大東建託のインターネット申し込みで分からないこと

今回大東建託のインターネット回線申し込みについて色々と調べました。

そこで私自身が疑問に思ったことや、
ネットで多く質問されていることについて一問一答形式でまとめてみたいと思います。

大東建託が指定する回線しか選べない?

先にも書きましたが、大東建託を通してインターネット回線の申し込みをすると、
いくつか指定のサービスを紹介されます。

大東建託を窓口として申し込むのであれば、指定のサービスから選ぶしかありません。

しかしインターネット回線を申し込む際には、
必ずしも大東建託を窓口とする必要は無く、自分で直接申し込むことも可能です。

多少手間は掛かりますが、大東建託を窓口としないのであれば、
指定のサービス以外も選ぶことはできますよ。

インターネットを申し込む際は大東建託に許可を取らないといけない?

大東建託の物件では、インターネットの申し込みをするだけなら、
大東建託に許可を取る必要はありません。

また開通工事が必要な場合でも、
電話線やエアコンの配管穴を利用するのであれば、こちらも許可は要りません。

例外として、回線を引き込むのに壁に穴を開けざるをえない場合には、
大東建託に許可を取る必要があります。

まあ自宅とは言え賃貸物件ですし、物件に傷を付けるわけですから、
管理会社や持ち主に許可を取るのは当たり前のことですよね。

それから「国内最速」を売りにしている「NURO光」を利用する場合にも注意が必要です。

NURO光の開通工事は、フレッツ光や光コラボレーションなどとは違って、
少し特殊になっています。

ですからNURO光を利用しようと考えている場合は、
事前に大東建託など管理会社に相談しておきましょう。

基本的には事前に許可を取る必要はありませんが、壁に穴を開けないとしても、
借りている物件に手を加えることには違いないですよね。

なので、許可云々という大袈裟なことではなく、一般常識として
一言声を掛けておくぐらいのことはしておいた方が良いかもしれませんね。

大東建託を通して申し込むことで料金が安くなる?

大東建託を窓口としてインターネット回線を申し込んだところで、
料金が安くなるということは無いと思います。

何故なら大東建託は
 ・U-NEXT
 ・流通コミュニケーションズ
 ・ALL CONNECT
など光回線の販売代理店を紹介するだけだからです。

またこうした販売代理店も、
回線事業者やプロバイダに代わってサービスを販売しているだけです。

ですから大東建託にも紹介してもらえる販売代理店にも、
光回線サービスの料金を安くすることはできないと思われます。

さらに大東建託を通して申し込むことで、
本来ユーザーがキャッシュバックとして代理店から貰えるはずのお金が、
大東建託に紹介料として払われてしまう恐れもあります。

可能性としては低いとは思いますが、
大東建託を通すことで貰えるはずのお金が貰えなくなるということもあるかもしれません。

大東建託を通して申し込んだ場合、キャンセルはどうすれば良い?

大東建託を通してインターネット回線を申し込んでも、
実際に開通工事が完了するまでであれば、キャンセルすることは可能です。

申し込みの場合と同じで、
大東建託か販売代理店に電話してキャンセルする旨を伝えればOKです。

ただし開通工事が終了した段階で利用開始とみなされるので、
ここまで来るとキャンセルではなく解約となってしまいます。

工事は終了しているので工事費は払わないといけませんし、
場合によっては1か月分の料金や違約金も請求されることもあります。

そもそもキャンセルする必要が無いように、
申し込む前に軽くでも比較検討はしておきましょう。

思い切って光回線を諦めるという選択肢も

私の個人的な見解ですが、
一人暮らしなら思い切って光回線を諦めてみるというのも良いのではないでしょうか。

賃貸物件で一人暮らしをしている限りはずっとそこに居ることは少なく、
いずれ引っ越しをする可能性が高いですよね。

学生なら就職、社会人であれば昇進や結婚あるいは転職など
生活スタイルの変化で引っ越しをすることになります。

賃貸物件で光回線を引いていると、原状回復の原則から、
光回線の撤去を求められることがあります。

撤去まで求められなくても、
光回線を解約することになって違約金を請求されることもあります。

撤去は開通と同じぐらい費用が掛かりますし、違約金はそれほど高額ではありませんが、
それでも使わなくなるものにお金を払うってイヤですよね。

そこで光回線ではなく、
モバイルルーターを光回線代わりに使うというのはどうでしょうか。

光回線に比べると、通信速度や安定性の面では多少劣ります。

しかしモバイルルーターは開通工事不要ですから、
申し込む際に大東建託に一声掛ける必要すらありません。

また引っ越す際も撤去の必要がなく、住所変更の手続きをすれば、
そのまま引っ越し先でも使い続けることができます。

料金は4,300円ほどで、集合住宅の光回線料金と比べても大差ありません。

通信量無制限のサービスもありますし、
WiMAXならau、Softbank Airならソフトバンクのスマホとのセット割もあります。

なので一人暮らしなら、
モバイルルーターを光回線代わりとして使うのもアリだと思いますよ。

-賃貸住宅のネット環境

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.