*

モバイルルーターで料金が安い通信量無制限のオススメは?

投稿日:

通信量無制限で料金が安いモバイルルーターならWiMAXがオススメ

どうせモバイルルーターを使うなら、通信量が無制限で、
その上料金が安い方が良いに決まってますよね。

通信量無制限のモバイルルーターサービスを探すのは難しくありませんが、
料金については本当に安いのはどれなのか分かりにくいです。

モバイルルーターサービスの公式サイトでは安さを前面に押し出して宣伝していますが、
その料金で利用できるのって最初の2か月だけとかだったりします。

結果、安さに惹かれて申し込んだのに、
実際に使ってみるとそれほど安くなかったということにもなりかねません。

モバイルルーターもスマホと同じように2年契約3年契約が当たり前ですから、
すぐに解約すると高額な違約金が発生します。

なので料金がそれほど安くなかったとしても、
2年3年は我慢して使わざるをえなくなってしまうんですね。

そこで私は、
通信量無制限で料金の安いモバイルルーターとして「WiMAX」をオススメします。

WiMAXは無制限プランが3,000円台で利用できる

WiMAXには2つの料金プランがあり、それぞれの月額料金は
 ・標準プラン(月間7GB)・・・3,696円
 ・ギガ放題プラン(無制限)・・・4,380円
となっています。

料金が安い「標準プラン」は月間7GBまでしか使えませんから、
通信量無制限で使いたい場合は「ギガ放題プラン」を選ばないとダメですよ。

大手携帯キャリアのスマホだと、
月間1GBしか使えないプランでも月額5,000円近くします。

それに比べると、7GBで3,696円はもちろんのこと、
通信量無制限で4,380円というのは安いですね。

さらにWiMAXにはプロバイダが約20社あり、中には料金割引や
高額キャッシュバックのキャンペーンを行っているプロバイダもあります。

例えば、
 ・GMOとくとくBB・・・月額3,344円
 ・カシモWiMAX・・・月額3,380円
 ・So-net・・・月額3,380円
などのプロバイダはギガ放題プランが1,000円以上安くなっています。

またGMOとくとくBBでは40,000円以上のキャッシュバックが貰えますから、
それを料金から差し引くと、ギガ放題プランが2,000円台で使えることにもなります。
(2年契約の場合)
(キャッシュバックを貰う場合は月額4,263円)

WiMAXを2年以上継続して利用する場合は要注意

キャッシュバックが貰えるプロバイダでは、
2年契約や3年契約を更新すると料金が高くなるということはほとんどありません。

しかし先に紹介した3社を含めて、通常よりも大幅に月額料金が安くなっている
プロバイダでは利用期間が2年あるいは3年以上になると料金が高くなってしまいます。

先の3社で言うと、GMOとくとくBBとカシモWiMAXでギガ放題プランが
3,000円台で利用できるのは最初の2年間、So-netは3年間だけです。

以降はいずれも4,000円以上で、
通常料金とほとんど変わらないか少し安い程度になるんですね。

なのでプロバイダを変えずに長期利用するのは、
WiMAXにおいてはあまりお得ではありません。

WiMAXでは契約期間が満了するごとに、
プロバイダを乗り換えるあるいは一度解約して再契約する方が安く利用できますよ。
(再契約では料金が安くならないこともある)

WiMAXより安い通信量無制限のモバイルルーターもあるが・・・

月額料金だけを比較すると、
通信量無制限のモバイルルーターでWiMAXが最安というわけでもありません。

例えば、ドコモのLTE回線が無制限で使える「スマモバ」は、
最初の3年間は月額3,980円で4年目以降は月額3,480円となっています。

最初の3年間を比較すると先に紹介したWiMAXプロバイダの方が安いですが、
3年以上長期利用するのであればスマモバの方が安いです。

また格安SIMでも通信量無制限のプランのサービスがあり、
 ・DMMモバイル
 ・UQモバイル
 ・楽天モバイル
 ・ぷららモバイル
 ・U-mobile
 ・DTI SIM
などで利用できます。

料金もWiMAXより安く、
DMMモバイルや楽天モバイルだと月額600円以下で無制限プランが使えます。

ただ格安SIMで通信量無制限となると、
通信速度が低速に制限されている場合が少なくないんです。

DMMモバイルや楽天モバイルは最大200Kbpsですし、
UQモバイルは最大500Kbps、ぷららモバイルは少し速いですが
それでも最大3Mbpsしか出ません。

500Kbps以下だと、ネットサーフィンやSNSぐらいなら大丈夫ですが、
動画はまず見られません。

3Mbpsなら標準画質動画は見られますが、
高画質動画は読み込みに時間が掛かるので難しいですね。

U-mobileやDTI SIM、さらに先のスマモバではそういったことはありませんが、
総じて通信速度が遅いというユーザーの意見もあります。

常時5Mbpsも出れば良い方で、夜間など利用者の多い時間帯になると
1Mbps以下に下がってしまうことも珍しくないんだとか。

WiMAXで通信速度が1Mbps以下になるのは通信制限時ぐらいですから、
料金は少々高くてもWiMAXの方が使い勝手は上ですよ。

WiMAXは3日間の制限も緩い

WiMAXでは、料金プランに関係無く、
3日間で10GB以上通信すると通信速度が大幅に制限されてしまいます。

通信量無制限のサービスに3日間の通信制限があるということでよく批判されますが、
実はWiMAXの3日間制限はそれほど厳しくありません。

通常通信制限と言うと、
通信速度がガラケー並になってしまうというイメージが強いと思います。

実際WiMAXでも標準プランで月間通信量が7GBを超えると、
通信速度が最大128Kbpsのガラケー並に制限されます。

しかし3日間の制限では、ガラケー並に制限されることはなく、
通信速度は1Mbps程度は出るようになっています。

1Mbpsも出れば、ネットサーフィンやSNSは少し重いぐらいで普通に使えますし、
動画も標準画質なら何とか見ることができます。

さらにその制限が実施される期間も、以前は丸1日でしたが、
現在では翌日の18時頃から明けて2時頃までの約8時間だけです。

そもそも3日で10GBは、
1人で使う場合にはそう簡単に消費できる通信量ではありません。

制限を受けた場合でも、通信速度はそれなりに出ますし、
実施期間も短いので必要以上に制限を気にする必要は無いと思いますよ。

ちなみに先のスマモバにも3日間制限があるんですが、
こちらは3日間で3GB以上使うと通信速度が最大200Kbpsに制限されます。

このスマモバの3日間制限の内容を見れば、
いかにWiMAXの3日間制限が緩いかが分かってもらえるでしょう。

3日間制限の緩さならワイモバイルの方が上?

3日間制限の緩さで言えば、ワイモバイルの方が若干緩くなっています。

ワイモバイルでは、3日間の合計通信量が10GBを超えると
通信速度が1Mbps程度に制限されてしまいます。

ここまではWiMAXと全く同じ内容ですが、違いがあるのは制限の実施期間です。

WiMAXでは18時頃から翌2時頃の約8時間でしたが、
ワイモバイルでは18時から翌1時までの7時間でWiMAXより1時間短いんですね。

だからと言って、
ワイモバイルの方がWiMAXより使い勝手が良いということにはなりません。

ワイモバイルでも、通信量無制限のプランが月額4,380円で利用できます。

しかしワイモバイルにはWiMAXのように多数のプロバイダがあるわけでないので、
無制限プランを4,380円以下で使うことができません。

3日間制限はワイモバイルの方が僅かに緩いと言っても、
「安いモバイルルーター」という点においてはWiMAXに軍配が上がりますね。

WiMAXは対応エリアも広い

WiMAXは人口カバー率99%以上ですから、一部山間部や離島では使えませんが、
ほぼ日本全国で使えるようになっています。

しかし単純に対応エリアの広さだけを比較すると、
大手携帯キャリアのLTE回線が使える格安SIMには敵いません。

大手携帯キャリアのLTE回線は人口カバー率100%ですし、離島はもちろん、
富士山の山道や頂上でも繋がります。

とは言え、格安SIMは通信速度や安定性の部分で不安が大きいですし、
WiMAXが繋がらない地域の方が少ないので、
使い勝手の点ではやはりWiMAXではないでしょうか。

ワイモバイルはWiMAXより対応エリアが狭い

大手携帯キャリアのLTE回線が使えるということで言うと、
ワイモバイルはソフトバンクのLTE回線が使えます。

ワイモバイルもソフトバンクの格安SIMではありますが、系列企業なだけに、
通信速度や安定性の面ではWiMAXに引けを取りません。

その上対応エリアも広いとなれば、料金はともかく、
使い勝手という意味ではワイモバイルの方が有利なような気もしますよね。

ワイモバイルは、確かに通信速度や安定性に問題ありませんが、
対応エリアについてはWiMAXよりもかなり狭くなっているんです。

実はワイモバイルでソフトバンクのLTE回線が使えるのは、
通信量に制限のあるプランのみです。

ちなみに無制限プランでもソフトバンクのLTE回線は使えるんですが、
使うと月間通信量が7GBに制限されてしまいます。
(料金は無制限プランのまま)

ワイモバイルで無制限プランを利用する場合には、
「AXGP」という別の回線を使うことになります。

このAXGP、比較的新しい回線だけに基地局などの整備が進んでおらず、
現状では非常に対応エリアが狭いんですね。

ワイモバイルの公式サイトにあるエリアマップを見ると分かりますが、
関東はそれなりですが、関東以外ではほぼ都市部と幹線道路沿いでしか使えません。

山間部や離島どころか、都市部や幹線道路から離れた郊外や田舎と言われるような
地域ではほぼワイモバイルの無制限プランは利用できないわけです。

料金・制限・通信の質・対応エリアなどのバランスを考えると、
やはりWiMAXが一番安く無制限で使えるモバイルルーターではないでしょうか。

長期利用契約がイヤなら「民泊WiFi」という手段も

通信量無制限のモバイルルーターで一番安いのはWiMAXだと思いますが、
WiMAXは2年や3年といった長期利用契約でしか利用できません。

WiMAXも契約期間無しで利用することはできるんですが、
利用期間無しだと料金が月1,500円ほど高くなってしまいます。

いつでも乗り換えができるように契約期間無しで、
なおかつ料金も安く使いたいのであれば「民泊WiFi」という選択肢もあります。

民泊WiFiは、元々外国人観光客など民泊利用者向けのレンタルサービスでしたが、
最近は民泊利用者でなくても申し込むことができます。

2018年10月現在で、民泊利用者でなくても利用できる民泊WiFiとその料金は
 ・famifi・・・月額3,980円(最初の2か月は2,480円)
 ・民泊レンタルWi-Fi・・・月額4,500円
 ・SPACE Wi-Fi・・・月額3,480円
となっています。

利用できる回線は
 ・famifi・・・国内複数キャリア
 ・民泊レンタルWi-Fi・・・ソフトバンク
 ・SPACE Wi-Fi・・・WiMAX、ソフトバンク
です。

ただしfamifiもSPACE Wi-Fiも利用する端末を選ぶことはできず、
いずれも優先的にWiMAX端末を貸し出しているようです。

なので余程のことが無い限りは、
famifiやSPACE Wi-FiでLTE回線が使える端末を貸してもらえることは無いでしょう。

契約期間がありませんからいつ解約してもOKですが、
あくまでレンタルなので解約時には端末を返却しないといけません。

端末を返却しないあるいは利用中に紛失・破損した場合には、
10,000~30,000円程度の費用を請求される恐れがあります。

通常モバイルルーターのレンタルと言うと、
普通に契約する場合よりも割高になることが多いです。

しかし民泊WiFiであれば、普通にモバイルルーターを契約のと同じぐらいか
それより安く利用できる可能性もありますよ。

-モバイルルーターの疑問

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.