*

モバイルルーターで通信量無制限のものは?

外出時にノートパソコンやタブレットでインターネットを使うため、スマホの通信量不足を
補うためなどにモバイルルーターの利用を検討している人も多いと思います。

どうせモバイルルーターを使うのであれば、通信量無制限のものを使いたいですよね。

スマホのように通信量が制限されていると、
インターネットを使いたいと思った時に使えないこともあります。

仕事でどうしても送らないといけないデータがあるのに、モバイルルーターが
通信量オーバーで送れないなんてことになったら目も当てられません。

モバイルルーターと言うと「通信量無制限で使えるもの」と思っている人も居るかも
しれませんが、実は無制限で使えるモバイルルーターってそんなに多くありません。

そこで通信量が無制限で使えるモバイルルーターをいくつか紹介しましょう。

通信量無制限のモバイルルーターの代名詞「WiMAX」

通信量無制限で使えるモバイルルーターと言ってまず思い浮かぶのは、
何と言っても「WiMAX」ですよね。

他にもいくつか紹介しますが、無制限の代名詞がこのWiMAXです。

通信量無制限プランが低料金な上に、
対応エリアも比較的広いので場所を選ばずに使えるというのも良いですよね。

料金は通信量無制限のギガ放題プランは、
基本料金やプロバイダ料など一切合切を含めて、月額4,380円です。

大手携帯キャリアのスマホの2GBプランよりも安い料金で通信量が無制限に
使えるわけですから、間違いなく安いしお得ですよね。

対応エリアは、大手携帯キャリアに比べると若干狭いですが、
人口カバー率は90%以上でほぼ日本全国で使うことができます。

WiMAXはプロバイダが選べる

WiMAXでは、光回線やADSLなどと同じように、プロバイダを選ぶことができます。

モバイルルーターサービスとしてはプロバイダを選べるというのは珍しく、
現状では恐らくWiMAXぐらいではないでしょうか。

BiglobeやSo-netなどの有名プロバイダはもちろん、GMOとくとくBBなどの
新興プロバイダ、さらにはヤマダ電機などの大手家電量販店も名を連ねています。

WiMAXプロバイダの中には、通常より料金が安かったり高額なキャッシュバックが
貰えるなど、独自のサービスを行っているところもあります。

例えばBiglobeやSo-net、GMOとくとくBBなどでは、2年間とか3年間の
期間限定ですが、ギガ放題プランが数百円安い3,000円台で利用できます。

またBiglobeやGMOとくとくBB、@niftyでは、
新規申込時に30,000円以上のキャッシュバックが貰えます。

ただしBiglobeやGMOとくとくBBでは、
キャッシュバックか安い月額料金のいずれかしか選べませんよ。

WiMAXはプロバイダ乗り換えや再契約で何度でもキャッシュバックが貰える!?

大手携帯キャリアには長期利用割引があるので、
長く使えば使うほど毎月の料金が安くなりますよね。

WiMAXでは逆に、契約期間が満了するごとにプロバイダを乗り換えた方がお得だったりするんです。

WiMAXには長期利用割引が無く、
それどころか契約を更新すると月額料金が高くなってしまうこともあります。

例えばBiglobeやSo-net、GMOとくとくBBなどでは、
新規申込のキャンペーン特典として月額料金が安くなっています。

そのキャンペーンの対象期間が2年もしくは3年となっており、契約を更新すると
同時に料金がキャンペーン価格から通常価格に戻ってしまうわけです。

そこで契約期間満了ごとにプロバイダを乗り換えれば、
ずっとキャンペーン価格でWiMAXが利用できるんですね。

キャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダを「はしご」すれば、
2年や3年ごとに数万円のキャッシュバックを貰うこともできますよ。

またBiglobeや@niftyでは再契約でもキャンペーン対象になるので、プロバイダを
乗り換えなくても、一旦解約して再契約すればまたキャッシュバックが貰えます。

GMOとくとくBBやSo-netのように、
再契約だとキャンペーン対象外になってしまうプロバイダもあります。
(GMOとくとくBBの月額料金割引は再契約でもOK)

WiMAXはauのLTE回線も使える

WiMAXでは、
通信モードを切り替えることでauのLTE回線も使えるようになっています。

WiMAXはほぼ日本全国で使えるとは言うものの、
山間部や離島など電波が届いていないところも少なくありません。

そんなWiMAXが繋がらない場所に居る時でも、
auのLTE回線に切り替えることでインターネットが使えます。

実はWiMAXの回線事業者であるUQWiMAXは、auと同じKDDIグループなので、
auのLTE回線を使うことが可能なんですね。

またWiMAXのモバイルルーターとauのスマホをセットで使うと、
「スマートバリューmine」というセット割が適用されます。

WiMAXはauのLTE回線は有料で制限あり(無制限ではない)

auの回線が使えるなら
「WiMAXを使わずにauの回線をメインで使えば良いじゃないか」と思いますよね。

しかしWiMAXでauのLTE回線を使うと、
別途1,005円のオプション料金が発生してしまいます。

料金の安さもWiMAXの魅力の1つですから、料金負担が増えてしまうとなると、
極力auのLTE回線は使わないということになってしまいます。

またauのLTE回線は通信量無制限というわけにはいかず、
月間7GBまでしか使えません。

しかも、通信量無制限のギガ放題プランを使っていても、
WiMAXとauのLTE回線の合計通信量が月間7GBまでになるんです

極端な話、WiMAXを7GB以上使っている状態でauのLTE回線に切り替えると、即通信制限が掛かってしまいます。

別途オプション料金が必要な上に通信量が7GBに制限されてしまうわけですから
、auのLTE回線が使えるというのはデメリットも少なくないんですね。

ただしプロバイダによっては、契約期間を3年や4年にすることで、
auのLTE回線利用のオプション料金が無料になる場合もあります。

WiMAXは通信量無制限なのに使い放題じゃない?

WiMAXには、料金プランに関係無く、「3日間10GB」という制限があります。

「WiMAXって通信量無制限じゃないの!?」と思うかもしれません。

確かにギガ放題プランであれば「月間通信量」は無制限なんですが、
3日間で10GB以上使うと通信速度が制限されてしまいます。

ただ10GBというのは、YouTubeなら
 ・標準画質・・・約47時間
 ・高画質(HD)・・・約16時間
の動画が見られるぐらいの通信量です。

4K画質にしたり、1日中動画を見ているということでもなければ、
普通に使っている限りはそうそう3日で10GBは使わないと思います。

WiMAXは3日間の制限は緩い?

WiMAXは完全に無制限だと思っている人が多いのですが、実は3日間の制限があります。
WiMAXはほぼ無制限という表現が正しいです。
3日間の通信量の上限が10GBというだけでも緩めなんですが、
実際の制限内容も緩めとなっています。

スマホなどで通信制限を受けると、通信速度がガラケー並にまで落ちてしまい、
動画どころかインターネットをまともに使うことができなくなります。

WiMAXでも標準プランで月間通信量をオーバーしたり、auのLTE回線と
WiMAXの合計通信量が7GBを超えた場合は、通信速度がガラケー並になります。

しかし3日間の制限はそこまで厳しくなく、
制限を受けた状態でも通信速度は1Mbpsぐらい出るようになっています。

1Mbpsも出れば、ネットサーフィンやSNSなら「少し重い」ぐらいですし、
動画も画質を標準以下にすれば見られないことはありません。

さらに制限期間も、以前は丸1日でしたが、
現在は18時頃から翌2時頃までの約8時間となっています。

WiMAXの3日間の制限では、夜の数時間インターネットが少し重くなるぐらいの
通信速度に落ちるだけなんですね。

ほぼ無制限のWiMAXは屋内や地下では繋がりにくくなることも

WiMAXは、
屋内や地下では大手携帯キャリアのスマホより繋がりにくくなってしまうこともあります。

これは利用する電波の問題で、
WiMAXで利用する電波は大手携帯キャリアに比べて周波数が高くなっています。

WiMAXでは主に2.5GHzの電波を使いますが、
大手携帯キャリアでは700~900MHzのより低い周波数の電波を使っています。

電波の特性として、周波数が高いほど通信速度は速くなるものの、
建物など障害物にぶつかると減退しやすくなります。

反対に周波数が低いほど、通信速度は上がらないものの、
建物など障害物を避けて進むことができるので減退せず遠くまで届きやすいんです。

なので比較的高い周波数の電波を使っているWiMAXは、壁などで減退してしまうため、
屋内や地下では繋がりにくくなってしまうことがあるんですね。

街中に中継アンテナを設置するなどWiMAX側も対策を行っているものの、
屋内や地下で大手携帯キャリアに比べて繋がりにくいという状況は変わっていません。

モバイルルーターの元祖の系譜を受け継ぐ「ワイモバイル」は無制限?

日本におけるモバイルルーターのパイオニア的存在なのが
「イーモバイル」の「ポケットWiFi」(モバイルルーターと同じ意味)です。

家電量販店やTVショッピングで、イーモバイルのポケットWiFiをセットにすると、
パソコンが100円で買えたのを覚えている人も多いんじゃないでしょうか。

そのイーモバイルの事実上の後継となっているのが「ワイモバイル」です。

ワイモバイルでは、月額4,380円で通信量が無制限で使えるようになっています。

ワイモバイルのモバイルルーターはWiMAXに比べてメリットが少ない

ワイモバイルもWiMAX同様に低料金で通信量が無制限で使えるんですが、
正直なところWiMAXに比べるとメリットが少なくなっています。

強いて言えば、ワイモバイルでも3日間で10GB以上使うと制限を受けますが、
その制限期間が短いということぐらいでしょうか。

WiMAXの3日間の制限では、18時頃から翌2時頃までの約8時間
通信速度が1Mbps程度になってしまいます。

ワイモバイルの3日間の制限期間は、18時頃から翌1時頃までの約7時間で、
WiMAXより1時間短くなっているんです。

制限時の通信速度は同じ1Mbps程度ですから、制限期間が短い分、
ワイモバイルの方が制限内容が緩いと言えるわけです。

それから、ソフトバンクのLTE回線が無料で使えるというのもメリットですね。

WiMAXでauのLTE回線を使おうと思ったら1,005円のオプション料金が必要なので、
ソフトバンク回線が無料で使えるのは結構大きいかもしれません。

ただソフトバンク回線の通信量が月7GBを超えると、
ワイモバイル回線ともども制限を受けてしまうというのはWiMAXと同じです。

ワイモバイルのモバイルルーターはTVチューナーを搭載した機種がある

大きなメリットと言えるかどうか分かりませんが、
ワイモバイルにはTVチューナーを搭載した機種があります。

モバイルルーター自体にTVチューナーが付いているので、
TV機能の付いていないスマホやタブレットでもTVを見ることができます。
(専用アプリが必要)

iPhoneや海外メーカーのAndroidスマホには基本的にTV機能が付いていないですし、
国内メーカーはスマホ市場から次々と撤退しています。

ですから今後は、ワイモバイルのモバイルルーターが無いとスマホやタブレットで
TVが見られない、なんてことになっていくかもしれませんね。

ただ昔に比べるとTVに対する需要が低くなっていますから、
「TVが見られる」というのはメリットとは言えないかもしれませんが・・・。

ワイモバイルのモバイルルーターはプロバイダは選べない

WiMAXではプロバイダを選ぶことができ、プロバイダによっては、
通常より安い料金で使えたり高額なキャッシュバックが貰えたりします。

対するワイモバイルでは、基本的にプロバイダを選ぶことはできません。

「Yahoo!WiFi」というWiMAXで言うところのプロバイダのようなものはありますが、
料金が安かったりキャッシュバックが貰えたりといったことはありません。

同じサービスでもお得に使える選択肢が無いというのは、
WiMAXと比較した場合には不利になりますね。

ワイモバイルのモバイルルーターは対応エリアが狭い

ワイモバイルの無制限プランでは、「AXGP」という回線を主に使います。

このAXGPという回線、通信量が無制限で使えるのは良いんですが、
今のところ非常に対応エリアが狭くなっています。

ワイモバイルの公式サイトにあるエリアマップを見ると、東京周辺こそ
それなりの広さがありますが、それ以外の地域では都市部でしか使うことができません。

山間部や離島はもちろん、
主要な幹線道路から離れて郊外ではほぼ繋がらないと言っても良いぐらいです。

WiMAXも大手携帯キャリアに比べると対応エリアが狭いんですが、
ワイモバイルはWiMAXに輪を掛けて狭くなっているんですね。

ただAXGPは、比較的最近使い始められた回線ですから、大手携帯キャリアの
LTE回線やWiMAX回線に比べて、基地局の整備などが進んでいません。

通信量無制限のサービスは需要が多いはずですから、
今後対応エリアが広がっていく可能性が高いのではないでしょうか。

意外と知られていない「スマモバ」のモバイルルーターは無制限?

知名度はWiMAXやワイモバイルに敵いませんが、
「スマモバ」もモバイルルーターで通信量が無制限に使えるサービスです。

あまり知られていないだけに、WiMAXやワイモバイルに比べて
使い勝手が良くないと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかしWiMAXやワイモバイルのように独自回線ではなく、
スマモバはドコモのLTE回線を使うんです。

WiMAXやワイモバイルでも、それぞれauやソフトバンクのLTE回線が使えますが、
月間7GBまでしか使えません。

ところがスマモバでは、ドコモのLTE回線を通信量無制限で使うことができます。

ドコモのLTE回線を使うわけですから、
対応エリアの広さと繋がりやすさはWiMAXやワイモバイルの比ではありません。

さらに無制限プランの料金が、端末代の分割払い込みで月額3,980円と
WiMAXやワイモバイルより安くなっています。
(端末代を払い終わると月額3,480円)

ドコモ回線が無制限で使えるってだけでもかなり大きなメリットですが、
現状では利用者が少なく、知名度も低くなっています。

スマモバはモバイルルーターだけでなく、スマホも通信量無制限

スマモバでは、モバイルルーターに加えて、スマホの格安SIMサービスも行っています。

ですからスマモバの格安SIMを使うことで、
スマホでもドコモ回線が通信量無制限で使えてしまいます。

WiMAXの回線事業者であるUQWiMAXは「UQモバイル」という
格安SIMサービスを行っていますし、ワイモバイルにもスマホサービスはあります。

しかしUQモバイルでは、
スマホの通信量無制限プランだと通信速度が最大500Kbpsに制限されてしまいます。

ワイモバイルの場合は、スマホに通信量無制限プランがありません。

格安SIMの料金もモバイルルーターと同じで月額3,480円、
iPhoneなど端末をセットで購入することもできます。

セットで購入する場合は料金に端末代がプラスされ、
例えばiPhone6sだと端末代込みで5,980円となっています。

スマモバはモバイルルーターは3日間の制限が厳しい

WiMAXやワイモバイルと同様に、スマモバには3日間の制限が設けられています。

実はこのスマモバの3日間の制限が、
WiMAXやワイモバイルに比べると厳しくなっています。

WiMAXやワイモバイルは3日間で10GBまで使えますが、
スマモバでは3GBまでしか使えません。

さらに制限時の通信速度も、WiMAXやワイモバイルだと1Mbpsぐらいは出ますが、
スマモバでは最大200Kbpsしか出ません。

最大200Mbpsは「ガラケーより少し速い」だけですから、動画はおろか、
ネットサーフィンやSNSでも少しキツイですね。

制限期間も丸1日で、スマモバの利用者が少なく知名度が低いのは、
この3日間の制限の厳しさに原因があるのかもしれません。

スマモバはモバイルルーターは普段から通信速度が遅いという評判も・・・

スマモバの人気が低い理由として、3日間制限の厳しさとともに挙げられるのが、
普段の通信速度の遅さです。

WiMAXの通信速度の実測値は、遅くても20~30Mbpsで、
速いところでは100Mbps以上出ています。

ところがスマモバは、明確な実測値については不明なんですが、ネットの口コミなどでは
制限が掛かっていない時でも1Mbpsぐらいしか出ないという意見も見られます。

公式サイトに、実測値はおろか端末の最大通信速度も表記されていないので、
本当に普段から1Mbpsぐらいしか出ないのかどうかは分かりません。

しかしネットの口コミを信じるのであれば、普段からWiMAXやワイモバイルの
制限時の通信速度ぐらいしか出ない可能性もあるということです。

WiMAX・ワイモバイル・スマモバ以外で無制限のモバイルルーターは?

スマホほどではありませんが、モバイルルーターにもSIMフリー端末があります。

またスマモバ以外にも、
通信量無制限のデータ通信専用プランを用意している格安SIMがいくつかあります。

ですから、SIMフリー端末に通信量無制限の格安SIMを挿すことで、
通信量無制限のモバイルルーターを「作る」こともできます。

ただ格安SIM事業者で、スマモバのようにモバイルルーターと格安SIMをセットで
販売しているところはそれほど多くありません。

SIMフリーのモバイルルーターを自分で調達するとなると、新品で20,000円ぐらい、
中古でも程度の良いものだと10,000円前後は掛かってしまいます。

ですからWiMAXやワイモバイルなどを利用する場合に比べて、
初期費用が高くなってしまう恐れが高いんですね。

また通信量が無制限で使える格安SIMというのもあまり多くありません。

あるにはあるんですが、先のUQモバイルのように、
通信速度が数百Kbpsと低速に制限されている場合がほとんどです。

ですから、SIMフリー端末と格安SIMの組み合わせで、
WiMAXやワイモバイルより使い勝手の良いものを作るのは難しいと私は思います。

外国人観光客じゃなくても使える「民泊WiFi」のモバイルルーター

レンタルモバイルルーターと言うと、仕事や旅行で海外へ行くときに
利用するものというイメージが強いのではないでしょうか。

しかも料金が高く、月額にして10,000円近く掛かるので、
普段使いのモバイルルーターとしてレンタルは選択肢になかなか入ってきません。

ところが、外国人観光客の増加に伴って、国内で安く利用できる
「民泊WiFi」と呼ばれるレンタルモバイルルーターが出てきています。

「民泊WiFi」は月額4,000円ほどで通信量に制限は無く、無制限です。
故障や紛失・盗難に備えたサポートオプションまで備えられていたりします。

基本的に外国人観光客向けのサービスですから、最低利用期間も無く、
いつ解約しても違約金は発生しません。
(解約手数料が掛かる場合はある)

利用する回線はWiMAXやソフトバンクなどの回線なので、
使い勝手も良いです。

通常のレンタルモバイルルーターと違って料金が安いですから、
普段使いのモバイルルーターとしても十分使えると思いますよ。

ただし「民泊WiFi」の中には、
民泊利用者でないと申し込めないものもあるので注意しましょう。

無制限じゃないけど使い勝手の良い「ネクストモバイル」のモバイルルーター



無制限ではありませんが、
使い勝手の良いモバイルルーターサービスも紹介しておきます。

「ネクストモバイル」というサービスで、料金は
 ・20GB・・・月額2,760円(3年目以降3,695円)
 ・30GB・・・月額3,490円(3年目以降3,695円)
 ・50GB・・・月額4,880円(3年目以降5,815円)
となっています。

ネクストモバイルはソフトバンクのLTE回線を利用するので、
WiMAXやワイモバイルよりも広いエリアで使うことができます。

さらに3日間の制限もありませんから
休みの日に1日中動画を見ても通信量を心配する必要がありません。
ただ一応「今後通信制限する場合もあるかも」と釘を打っている表現ですが、
今の所制限されていません。

https://next-mobile.jp/faq/ (よくある質問より抜粋)

どの通信会社も予防線を貼るために利用規約に必ず同様の内容が書いてあります。
なのであまり気にする必要はないでしょう。

スマモバと同じくまだまだ利用者は少ないですが、
ネットの口コミを見ても普段から通信速度が遅いなんてことはないみたいです。

通信量無制限までは要らないけど、
月間5GBや7GBだと全然足りないという場合にはおすすめのモバイルルーターですよ。

>>「部屋の中でも途切れる心配なし」のモバイルルーター

大手携帯キャリアに無制限のモバイルルーターサービスは無い?

大手携帯キャリアのLTE回線を使ったモバイルルーターサービスはありますが、
肝心のドコモやau、ソフトバンクにはモバイルルーターサービスは無いんでしょうか?

ドコモは独自のモバイルルーターサービスを行っており、純正の端末も販売しています。

ただ料金プランが基本的にスマホと同じであり、通信量が無制限じゃないのはもちろん、
WiMAXやワイモバイルなどに比べると料金がかなり割高です。

auでは独自のモバイルルーターサービスを行っておらず、
WiMAXの代理店のような形になっています。

ですからauでモバイルルーターサービスを申し込むと、
WiMAXを利用することになります。

もちろん無制限プランを利用することもできますが、料金は通常の月額4,380円で、
2年契約を更新すると月額4,880円に値上がりしてしまいます。

以前は契約更新で料金が高くなるのが当たり前でしたが、
現在では契約更新後も料金はそのままとなっているプロバイダがほとんどです。

またキャッシュバックなどの特典もありませんし、
正直auでWiMAXを申し込むメリットはほとんど無いと思います。

ソフトバンクでは、端末はワイモバイルと同じものを使います。

ただしauと違って、ソフトバンクのモバイルルーターサービスでは無制限プランが
使えず、月間7GBまでとなっています。

7GBプランの料金もワイモバイルに比べると若干高くなっており、
やはりソフトバンクでモバイルルーターを使うならワイモバイルで使った方がお得です。

このように大手携帯キャリアにもモバイルルーターサービスがあるにはあるんですが、
いずれも料金的にお得とは言えないですね。
無制限でもありませんし、ネクストモバイルのように1ギガあたりの単価が安くなく
かなり割高です。

無制限のモバイルルーターの候補としてはスマホと同じ電波が使えて繋がりやすさ
ピカイチのネクストモバイルがまず第一候補です。
20ギガで2000円台というのはネクストモバイル以外にはないでしょう。

第二候補として少し高くなりますがWIMAXですね。
WIMAXはほぼ無制限のモバイルルーターですが、電波環境に注意が必要な場合があります。

ところでデータ量どのくらいつかっている?

本当に無制限が必要なのか?
というのも一応考えておきましょう。

もちろん、動画もネットも家でも外でもガンガン使うぜ!という人はWIMAXでいいのですが以外にそんな使っていないのでは?という調査結果もでているようです↓

https://research.nttcoms.com/database/data/001865/

これはスマホの月間でつかった通信量のグラフですが、70%が1G程度でした。
流石にそれはないよ~という方でも、50G、100G使いますかね?という話です。

もちろん家の固定回線もモバイルルーターでまかなう場合はそれぐらいいくかもしれません。

それでも、そもそもそんなネット見ている時間がたっぷりあるわけでもないし
という方も多いのではないでしょうか。

そういう人は先程のネクストモバイルの20G、30Gプランでまったく問題ないです。
普通に使っているスマホの電波とおなじモバイルルーターなので、エリアの問題やWIMAXのような、たまに屋内で電波が悪くなる、ということは発生しないからです

電車の中で動画を見る場合も、下記のデータにあるように、スマホで普通の画質なら20Gで十分なわけです。

1日2.8時間もみることは少ないですし、余ったデータ量は普通にネットサーフィンしているぐらいであれば大して減りませんので。

>>月額2,760円のモバイルルーター<<

Copyright© モバイルルーター(無制限)でおすすめはWIMAX以外? , 2018 All Rights Reserved.